Taima University

「あなたのベープペンは安全か?」購入前の確認事項とは!?

「あなたのベープペンは安全か?」購入前の確認事項とは!?

 

近日、ベープやヴェイプペンをそこら中で頻繁に見かける事が増えてきたと思います。

とても便利で、コンパクトで、様々なスタイルと無限なアップグレードが可能なベープペンはとても魅力的であります。

 

また色んな機能や利便性など様々なオプションを持つことは非常に重要ですが、ベープペンを使用する際には、特にそのヴェイポライザー種類の材料や安全性を医療用嗜好用に関わらず、常に注意する必要があります。

以下では、最も一般的なvapeペンの構成、その利点、それらの材料構造について説明します。

 

 

 

コイルとコイルレスの歴史と人気の理由
coiledveless

コイルレス(コイル無し)のアートマイザーはコイル有りのベープよりも好まれますが、どちらにも長所と短所があります。その違いを認識することが重要です。

 

・コイル有りアトマイザー

ベープペンが始まったとき、ほとんどのアートマイザーには綿のウィック(芯)がセラミックカップの中に入っていました。ウィックが無くなると、焦げた味になってしまいます。その後、セラミックの棒が綿の芯に代わって使用された事で、アートマイザーの寿命は長くなり、味も改善しました。

SOURCEvapesは、2015年に初めてのフルクォーツ(石英)カップに革命的な二重コイルアトマイザーを含む最初の石英アトマイザーを発売しました。その後、このバリエーションが複製され、セラミックロッドとカップ人気に大きく移行しました。 この石英棒と石英カップの組み合わせは、側面にワックスを付着させないことにより、セラミック対応品と比較して効率上がったのだそうです。

セラミックカップのvapeペンアトマイザーを持っていれば、濃縮物がセラミックカップの側面にくっつくでしょう。 しかし、ほとんどの石英アトマイザーでは、ワックスは加熱を続け、ボウル内で再循環するので無駄がありません。

coiled-atomizer

 

・コイル無しアトマイザー【Vapeの未来】

2016年以降、コイル無しアトマイザーが最も人気があり、革新的なアトマイザスタイルとなりました。 上記にも出ていたSOURCEvapesは、2014年に最初のコイルレスセラミックドーナツアトマイザーを発売しました。現在は、Lynx Zeroなどのブランドも人気を誇っています!

コイル無しアトマイザーは、コイル有りアトマイザーよりも滑らかなヒットと、ピュアな味と純粋な効率を提供します。コイル有りのアトマイザーはワックスなどの濃縮物を早く消費してしまいますが、コイル無しはコイル有りに比べて消費が遅い。しかし、特にセラミック材料のアトマイザーでは、たくさんのワックスがセラミックの壁の側面に付着する可能性があります。 コイル有りアトマイザーとは異なり、コイルが無いため、ワックスは加熱されると底に留まり、すべての材料がなくなるまで気化し続けます。

coilless-atomizer

 

 

 

材料組成は味と安全に影響する

2つの主要なアトマイザータイプ(コイルとコイルなし)に精通した、さまざまなタイプ、使用される材料、安全上の配慮を行います。

test

 

コイル有りアトマイザー

アトマイザーが同じに見えても、コイル内の金属の組成は大きく変わる事があります。 コイルの大部分は、製造業者によって、カンタル、ニクロム、チタン合金、グレード2チタン(2種)およびグレード1チタン(1種)から作られています。 いくつかは未知の合金であり、会社自体もそれが何から出来ているかを認識していないところまであります。 謎の合金を使ったペンの使用や購入を避けるためには、常にテスト結果を探すか業者に訪ねましょう。 アトマイザーに有害な物質が含まれている可能性があります。

カンタルとニクロムは、eCigsで長い間使用されており、いくつかのvapeペン会社ではまだ使用されています。これらは、よくわからない謎の金属よりも安全だと考えられています。

チタン合金は、最も一般的なコイルタイプのベープペンです。 もし、チタンのグレードが表示されていなく「チタン」と明記されたコイル有りワックスペンを見つけたら、それは通常チタン合金です。 それらはカンタルまたはニクロムよりも実質的に優れていると言ていますが、チタン合金の問題点は、多くの試験が行われておらず、長期間にわたる健康への影響がどのように新しいかによって知られていないことです。

グレード1とグレード2のチタンコイルは、コイル有りアトマイザーに最も純粋な味と安全を提供してくれます。

重要事項:純粋なチタン二重コイルのアトマイザー(グレード1またはグレード2チタン製)は低抵抗であるためサブオームバッテリーが必要です。

あなたが購入するベープペンメーカーが、アトマイザーに使用されている金属に関するテスト結果を持っていることを確認しましょう。 テスト結果がなければ、コイル構成を常に信頼できるとは限りません。自分の身体に入るものです、自分できちんと調べで自分で納得のいくものを選びましょう。

sv1

 

コイル無しアトマイザー

コイル無しアトマイザには、クオーツ(石英)プレート、セラミックドーナツ、グレート2チタンなどがあります。

・石英コイル無しアトマイザーは、純粋な石英のカップで、3つのうちで最もスムーズな味を提供します。 その構成は非常にシンプルで、コイル無しアトマイザの最も健康的なオプションの1つです。

・セラミックコイル無しアトマイザーは、組成がかなりシンプルですが、品質にはいくつかのバリエーションがあります。 セラミックは品質にも優れており人気の真っただ中にいますがあまりスムーズなヒットではありません。 しかし、これらは健康であり、医療用グレードのセラミックを使用しています。

・チタンコイル無しアトマイザーは、強いヒットが欲しい人のためのものです。 それらは最も一般的に使用されていますが、多くの種類の金属が使われている可能性があります。 チタン合金とグレード2チタンの2種類があります。 その品目が2級チタンとして特に記載されていない場合は、おそらく合金です。 合金が安全であることを確認するには、検証可能な安全性テストがあれば、購入している会社に問い合わせてください。

lynxzero

 

 

 

これだけは覚えておこう!「最初から常に素材を確認」

checklist

どんな種類のヴェープを手に入れるか決めたら、使用する金属や器械の構成を確認しましょう。 医療目的で使う大麻に気を付けているなら、吸う器械にも配慮すべきなのです。安全のためにあなたが消費しようとしているものを知り、あなたの欲しいタイプや機能のものを手に入れることが最善です。

ちなみに私は、できるだけ体にクリーンでなるべく医療品質の自然材料ベープを利用したいのでコイル無し、ウィックなしのセラミック、石英、ガラスなどが個人的には好きです。

 

 

あなたが使いたいベープは何ですか? ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

濃縮物とハシシについてもっと詳しく知りたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top