Taima University

「タイの医療大麻」がアジアを合法化へと導く・・・!?

「タイの医療大麻」がアジアを合法化へと導く・・・!?

 

医療大麻を合法化するアジア最初の国は・・・

「タイ!?」

注目が高まる、アジアの大麻/マリファナ事情!!

 

公衆衛生省の下で働く政府製薬組織(GPO)は、現在、軍政からの承認を得て、医薬品を研究し医療目的で販売することを望んでいます。

タイは、1980年代に世界でも上位に入る大麻輸出国でした。 この植物は、伝統的に苦痛、吐き気、出産の痛みを和らげるのに使われていましたし、農家で’働く人達がリラックス用のお楽しみのために育てられていました。 米軍兵士もベトナム戦争中に国を訪問し、休養や回復に大麻を使用しました。

 

 

 

タイ大麻の現状

タイ独自の研究では、これらの治療に大麻を使用できることが確認されました。

 

(1)化学療法における癌患者の悪心および食欲不振

(2)小児のてんかん

(3)多発性硬化症

 

現時点では、使用目的にかかわらず大麻の違法な地位は続行しています。大麻の所持でも、刑務所に15年閉じ込められてしまう可能性があります。

しかし、軍事政権下の閣僚の内閣は、人間の被験者に対する大麻の医学的性質の検査を可能にする法律を改正することを承認しました。 この法案を議論している国会議会は、2019年4月に合法化を承認する予定です。

 

 

 

今後の見通し

今年の初め、ナショナルファーマーズ評議会(NFC)は、マリファナ栽培のための場所を麻薬管理局(ONCB)と指定することについての会合を確認しました。

バンコクポスト紙によると、当初当事者達はサコンナコン州の軍事複合施設に、容易に監視でき、規制できる栽培所となる5,000レイ(1,977エーカー/約8㎢)の土地を探しました。 タイのイザン地域の北東に位置するこの地域は、その恵まれた気候と肥沃な土地のために選ばれたと報告されています。

法律が可決されると、タイは米国とカナダが主導する129億ドルの市場に参入するアジア初の国となる。

この国を選ぶ優位性は、一貫した熱帯気候に理由があります。それは人工照明と温度制御のコストを削減することができます。 そして輝かしい大麻栽培の歴史も重要な点です。

GPOのエグゼクティブ・マネージング・ディレクター、ノッポン・チェンクリン博士は言います、

「20年前、世界で最も優れたカナビスの系統はタイからのものでした。今日までカナダはこの種を開発しています。我々はもはや私達の大麻が世界で最高だと主張することはできません。そのため、彼らと張り合う事のできる大麻株を開発する必要があるのです。」

 

 

 

あなたの意見は?ブログをシェアして友達の意見も聞いちゃおう!下記のコメントかソーシャルネットワークでも話を聞かせてくださいね!

 

マリファナの歴史?大麻エディボー料理に、医療大麻って何だ!?

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top