Taima University

「ペット/犬にCBDオイル!?」あなたの知らない10の事

「ペット/犬にCBDオイル!?」あなたの知らない10の事

 

愛する犬、ペット、動物にCBDオイル!?

代替治療や相補的治療を専門とする獣医師達は、CBDオイルが犬へ与える利益・効果についていくつもの興味深い報告をしています・・・

 

 

医療としての犬用CBDオイル

スタフォードシャーテリアの老犬には6cmもの乳房腫瘍と転移がありましたが、CBDを与え続けたのち3ヶ月後には腫瘍が消え、それ以降も再発する事はありませんでした。

ジャック・ラッセル・テリアは、重度の心雑音と痛みを伴う関節炎を患っていましたが、1ヶ月後には長い散歩にも出かけれるようになる程、更に心雑音も大分改善されました。

この2つの例は、オーストラリアの専門獣医師エドワード・バッシングワイトウィード氏によって、CBDオイルが専門的獣医学の重要な部分となる事を表したものです。 Bassingthwaite氏は言います、「なぜ心雑音が改善されたのかは説明できません。 通常の治療では、心雑音は改善する事がないからです。」

 

 

 

犬のためのCBDオイル:あなたが知らない10の事

CBDは世界中でたくさんの人を助けています、同様にあなたの犬も同じように命を救ったり、健康増進の利益を得ることができます。

これについて知ってあまり知られていない10の事柄を見てみましょう。様々な健康問題を持つ犬を助けることを約束します。

 

1. CBDは発作およびてんかんを治療することができる

犬の5%が発作に苦しんでいると推定されています。 発作を伴うほとんどの犬は、フェノバルビタールや臭化カリウムなどの薬剤を服用されています。 それらの薬は発作を抑制するのに役立つかもしれませんが、あなたの犬の肝臓や他の器官に非常に有害である可能性があります。 そして、薬はすべての場合に機能しません。

CBDは、薬物耐性癲癇において良好に作用することが示されている。 ある研究では、薬剤に耐性のあるてんかん患者8人のうち7人が、CBDを服用してから4〜5カ月以内に明確な改善を見た。

そして、治療抵抗性てんかんを有する小児の調査では、CBDを服用している子供の84%が発作の頻度が減少していることが分かった。

 

 

2. CBDはがんと戦う

麻および大麻に見られるCBDおよび他の物質は、抗腫瘍効果を有することが判明している。 CBDは、癌細胞の増殖を阻止する、および腫瘍細胞の死を増加することさえ示されている。

・CBDは、免疫系のキラー細胞が癌細胞死を引き起こすのを助けます。
・CBDは、エネルギーを生産する能力を遮断することによって癌細胞を殺します。
・CBDの抗腫瘍特性は遅く、神経膠腫細胞の成長を阻害する。
・CBDは、従来のがん治療の有効性を高めるのに役立ちます。

 

 

3. CBDオイルは犬の不安を軽減する

あなたの犬が、分離不安症や騒音恐怖症に苦しんでいますか? CBDの、ストレスと不安に対するその効果について幅広く研究されてきました。次のことが判明しています。

・人前で話す事による不安の軽減
・健康な人々と不安障害を持つ人々のどちらの不安も軽減する
・パニック障害や外傷後ストレス障害に効果的

 

 

4. CBDは痛みを和らげる

CBDのカンナビノイドは、慢性的な痛みの治療のための新しいクラスの薬物として科学者が検討している痛みのためにとてもうまく機能します。 研究はCBDが次の点で非常に有効であることを示しています。

・疼痛の減少(神経障害および神経関連疼痛を含む)
・炎症が酸化ストレス(変性および早期老化を引き起こす)に対する影響を減少させる
・急性膵炎における炎症の減少
・炎症の軽減
・腸の炎症を軽減する(過敏性腸疾患に関連する)

 

 

5. CBDは炎症性腸疾患に役立ちます

動物研究は、CBDが大腸炎(IBD)を予防し、炎症性腸疾患における正常な腸運動を回復できることを示している。

CBDはまた、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus Aureus(MRSA))を含む抗生物質特性を有する

 

 

 

 

6. CBDは慢性炎症および自己免疫疾患を軽減する

CBDは、アレルギー、過敏症および自己免疫を引き起こし得る炎症性サイトカインの産生および放出を減少させることが示されている。 また、自己免疫疾患の主要な原因であるTh17優性というものを抑制することもできます。

CBDはまた、炎症性マクロファージの産生を阻害し、慢性炎症を減少させる。

CBDはまた強力な抗酸化物質であり、ビタミンCおよびEよりも強力であることが示されている。

 

 

7. CBDは、神経系を保護し、神経変性疾患を助けます

退行性脊髄症やその他の背骨や神経の問題に苦しんでいる犬にとって、CBDは多くの効果を示しています。 脳細胞を毒性から保護することにより、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、アルツハイマー病およびパーキンソン病の患者犬を助けることが示されている。

高齢の犬にとって、CBDは、フリーラジカルおよび毒素によって引き起こされる細胞死から脳を保護することが示されている。

 

 

8. CBDは食欲を高め、吐き気を助けます

あなたの犬が食欲がない場合は、CBDがヘルプになるかもしれません。 National Cancer Instituteは、CBDが食欲を増し、癌を抑制することに加えて、この特別な利益をもたらすことを報告しています。

動物実験では、CBDが嘔吐や吐き気を助けることが示されています。

 

 

9. CBDは心臓血管の健康を促進する

獣医師Bassingthwaighte氏が発見した例と同様に、CBDは心臓の健康に役立つ事がわかっています。 研究によると、CBDは損傷した血管や不規則な心拍数によるダメージを減らし、血管の損傷を防ぎ、動脈を拡張し、ストレスや不安に伴う心拍数や血圧を下げることができます。

 

 

10. CBDは精神活性ではない

CBD(カンナビジオール)は、麻および大麻に見出される化合物である。 THC(テトラヒドロカンナビノール)も大麻に含まれており、マリファナが精神活性な理由はこの化合物にあります。 ほとんどの市場に出回っているCBDオイルはTHCのない純で有益なCBDです。 そして、彼らは一般的に大麻/マリファナではなく、麻から来ます。 一言で言えば、あなたの犬がCBDオイルを摂取して「精神活性が高く(ハイ)」になることはありません。犬達は中毒性の心配なしにリラックス効果を得られるでしょう。

 

 

 

犬用のCBDオイルは法的に安全ですか?

CBDの健康上の利点を示す非常に多くの研究がある中で、最も有望な結果は、CBDが高用量で長時間にわたって服用されても安全であるという事です。 CBDは、多くの処方薬を代謝するために使用される肝臓酵素の活性を減少させる可能性があるので、もしあなたの犬が投薬中であれば、CBDを使用する前に専門的な獣医に確認しましょう。

犬や他のペットのためのほとんどのCBDオイルは、麻の油に由来しているので、それはTHCの痕跡が全くないか、または非常に極わずかです。 このため、日本を含めた多くの国と、アメリカすべての50の州で人間と動物用の製品に麻ベースのCBDを使用することが承認されています。

要するに、CBDオイルは、あなたの犬のための健康サプリメント、もっと言えば人生が変わるくらいの製品になる可能性があります。 ますます多くのペット飼い主と専門獣医は、CBDのその多様で顕著な健康上の利益に加え、副作用が軽度であり、このオイルへの耐性がつかない所にも魅力を感じています。

 

 

 

犬のために良質CBDオイルを選ぶ

すべてのCBDオイルが同じ品質ではありません。良く効く高品質のCBDオイルが欲しいなら、探してみましょう。

 

・製品が有機(オーガニック)であることを確認する:有機栽培でない場合、CBDオイルには農薬、殺菌剤または溶剤が含まれている可能性があります。

・安すぎるものを買わない:品質と純度が高いほど、値段は高くなります。

・無添加で高cbd:あなたの選んだCBDオイルに添加物がなく、CBD量が多いことを確認してください。

・分析結果を入手する:販売会社に製品のCBD量のラボ分析結果を依頼し確認しましょう。多くのCBD製品には、少量又は微量のCBDしか含まれていない事もあります。製造元は分析証明書を提出する必要があります。また、製品にTHCがほとんどまたは全くないことを確認ておくのも重要です。

・チンキ剤(ティンクチャー)のCBDを購入:色んなタイプ形状のCBDを購入できますが、最良の形態はチンキです。この方法だと、あなたの犬に一滴一滴少しずつ犬への用量を調節できるため、丁度良い最適な量を得る事ができます。

CBDを始める試すときは、ゆっくりと少しずつあなたの犬に与えて下さい。犬へCBDなんて嘘だ!と言う人もいるでしょうが、試してみないとわかりません。自分で良いと思う物を選択していきましょう、研究は完了しており、結果は非常に有望です。

 

 

 

CBDやTHCって何?カンナビノイドについて詳しくなりたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top