「僧侶が大麻のアドバイス!?」医療大麻国タイの【大麻オイル】

「僧侶が大麻のアドバイス!?」医療大麻国タイの【大麻オイル】

 

【アジア代表】医療大麻国家タイランド。

医療大麻を合法したタイ、その後の動きとは・・・

素晴らしい抗がん剤を僧侶に相談し作ったDaychaに注目!!

 

Daycha Siripatraは、現在癌患者に正式に使用されている大麻油の処方について、精神を読む僧侶に相談したと述べています。

スパンブリー–タイ政府は、ガンやその他の病気に苦しむ何千人もの患者を、最近まで違法なココナッツオイルで煮たマリファナで治療しています。 Daychaはまた、大麻油を自分で作る方法を一般の人々に教えています。これは、キッチンストーブでスープを調理するのと同じくらい簡単です。

農業の専門家であるDaychaは、現在人気のあるDaychaオイルを製造、処方し、一般的または深刻な病気のために一般に配布するために政府の認可を受けています。ライセンスを取得するのは簡単ではありませんでした。

2019年、タイは医療大麻を合法化しましたが、娯楽目的または無許可の使用は合法化しませんでした。 ほぼ2年前、Daychaはほぼ投獄されました。警察、軍隊、麻薬対策当局は、2019年4月に彼の仮設研究所を襲撃し、約200のマリファナの植物と抽出物を押収し、彼を投獄すると脅迫しました。

支持者、患者、地元メディア、医療専門家などが怒りを表明した。 8,000人以上の癌患者を助けているように見える利他主義者のケージを避けるために、妥協案が用意されました。 麻薬管理委員会のオフィスは彼のマリファナの植物と抽出物を返しました。保健省はすぐに彼に彼の仕事を続けるための珍しい免許を与えました。

今日、大麻を含む16の承認された医薬品の中で、政府のタイ伝統代替医療局(DTAM)は、DTAMオイルブランドにDaycha氏の「製法」を使用しています。

「患者が多すぎたので、無料で[処方]を与えました。 「私たちから、約20,000人の患者が現在Daychaオイルを無料で受け取っています」と彼は言いました。 「政府から、10万人以上」の人々が数十の病院や診療所を通じてDTAMオイルを無料で受け取っています。

彼の興味は10年前、化学療法を行っても数人の親戚が癌で亡くなった後、癌にかかることを心配したときに始まりました。 彼はオンラインで治療法を検索し、カナダの大麻活動家リック・シンプソンによって公表された処方を違法に実験しました。 シンプソンは、マリファナから油を抽出するための溶媒であるナフサを提案しました。

オイルをテストするために、Daychaは2人の末期ガン患者の治療を密かに始めました。 「他の多くの大麻油とは異なり、リックシンプソンオイルはマリファナの主要な精神活性化学物質であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を多く含んでいます」とWebMD.comは報告しました。しかし、その結果はタイ人にとっては刺激的すぎるように見えました。「2人の患者は酔っていて何もできませんでした」とDaychaはインタビューで笑いました。 「私たちのマリファナのグレードは、カナダに比べて強すぎます。患者は続けることを拒否した。」

彼は地元のアドバイスを求めた。アジア人は何百年もの間、伝統医学で大麻を使用してきました。 「それで私は僧侶に行きました。なぜ私が僧侶に行ったのか驚いていますか?以前は僧侶だったからです。」72歳のDaychaは、13歳のときに「約4か月間」僧侶でした。この僧侶になる伝統は、ほとんどのタイ人男性が人生のある時期に行うものです。彼は悟りを開いた僧侶が人々の心を読むことができると信じていました。

「私は頭の中で質問をすることによって僧侶をテストしました。 それから私は、「質問が何であるかを知っていて、正しく答えることができれば、あなたはおそらく精神力を持っているでしょう」と言いました。」Daychaの考えを理解しているように見えた僧侶であるPhraLad Yomは、大麻油は希釈(薄める)すれば癌患者に良いと彼に言いました。「彼は言った、「コールドプレスココナッツオイルで希釈します。 それはとても良いでしょう。 一緒に混ぜます。 非常に希釈されています。」 「それで私はそれを何パーセントも希釈しました。 僧侶は、「3パーセントが最高です」と言いました。

僧侶は、医学的効果には深い睡眠が必要であるため、患者は就寝前にそれを摂取することを提案しました。 Daychaの大麻油には、さまざまなレベルのTHCやその他のカンナビノールが含まれています。「[大麻の]割合は固定されていません。 3が欲しいのですが、1から5まで変動する可能性があります。「私たちはあなたの睡眠の質を気にしています。 1滴飲んでも良くない場合は、良くなるまで2滴、3滴飲んでください。」 リックシンプソンのレシピとは異なり、希釈オイルを使用すると、患者は深い睡眠をするために何滴消費するかを簡単に調整できます。

リックシンプソンオイルは「濃縮されすぎています。 1滴では不十分な場合は、2滴では多すぎます。 「多すぎると、酔ってしまいます。仕方ない。低すぎると十分ではありません。」とDaycha氏は述べています。

大麻油は、癌、パーキンソン病、アルツハイマー病、またはその他の非感染性疾患(NCD)を治療しないとDaycha氏は述べています。「これらの種類の非感染性疾患を治療するには、体を使わなければなりません。あなたが深い眠りについているとき、あなたの体はこの仕事をすることができます」一晩90分以上と。

「マリファナオイルはあなたにとても良い睡眠を与えることができます。このマシンでテストできます」と彼は言い、リストバンドのFitbit(フィットビット)のスリープトラッカーを示しました。 「マリファナなしで深い眠りができるなら、それは大丈夫です。あなたの深い睡眠は、あなたの体があらゆる種類の非感染性疾患を治すための鍵です。」

彼は健康を改善するために毎晩大麻油を使用しています。 Daychaは、バンコクの北西62マイル(100 km)にあるスパンブリーにあるカオクワン財団を率いています。彼は現在、2日間のワークショップで約80ドルで大麻油作りを一般の人々に教えています。

彼のレシピは簡単です:

メスのマリファナのつぼみと花を細かく刻みますが、粉末までにはしません。ココナッツオイルと混ぜます。それを沸騰させます。 「1時間以内。温度は摂氏130℃(華氏266℉)を超えないようにし、摂氏110度℃(華氏230℉)以上に保つ必要があります。 120度℃(華氏248℉)が最適です。 「タイの法律ではレクリエーションが許可されていないため、大麻やマリファナをレクリエーションではなく医療に使用して、健康を維持するようにトレーニングしています。」

最近のワークショップで、Daychaのスライドショーには、マリファナの葉、つぼみ、花、キーフに含まれるTHCと他のカンナビノールの割合を比較したグラフが含まれていました。 1つのスライドは、ヒンドゥー教のシヴァ神が伝統的な垂直チラムパイプでハシシを幸福に吸っている絵を示しています。 バンコクでの最近の公開展示会で、保健省当局者は、不眠症、ストレス、癌、その他の病気に苦しんでいると述べたタイ人に無料でDTAMオイルを配布しました。 「患者は、特に癌や神経因性疼痛の患者において、生活の質が改善される傾向がありました」と、チャオプラヤアバイブベジャー病院の経験的証拠センターの責任者であるパカクロンクワンカオ博士は述べています。 次は海外旅行者です。

医療用マリファナを合法化した最初の東南アジアの国になった後、タイはハーブと雑草を混ぜる伝統的なレシピを使用して、ヘルススパで大麻で外国人観光客をすぐに治療したいと考えています。 近隣諸国は、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、カンボジア、そして程度は少ないがラオスで施行されている厳しい反大麻法ではるかに遅れています。 これらすべての国の当局者は、熱狂的なタイと比較して、マリファナの医学的可能性について比較的臆病です。

「現在、他のタイのハーブと一緒に開発が進んでいる大麻関連の医療製品とサービスは、タイの健康とウェルネスツーリズムセクターをさらに促進し、タイをヘルスツーリズムの主要な世界的目的地の1つにする可能性があります」と政府広報部12月15日に発表されました。 マリファナに対するタイのますますリベラルなアプローチには、娯楽目的での使用を違法に保ちながら、医療部門および関連事業に投資することが含まれます。 市場を支配する外国人や多国籍企業への恐れにより、バンコクは大麻研究所、大学のコース、採掘および生産施設、プランテーション、小売およびライセンス要件に加えて、国内および国際的な法律および協定の開発を加速することを余儀なくされました。

マリファナの輸入は制限されています。しかし、認可された医療および研究当局は、収量を改善および多様化するために海外から種子を購入することを許可されています。 「タイスティック」やその他の地元のマリファナは、その急な陶酔感で世界的に有名です。しかし、一部の患者は、精神的に邪魔されることなく、植物の医学的利益のみを望んでいます。

外国人投資家もまもなく恩恵を受ける予定です。しかし、バンコクを拠点とする弁護士であるWirot Poonsuwanによれば、タイ人は過半数の株主であり続ける必要があります。 「外国人は、現地法に基づいて設立された会社の3分の1を超えない株式を保有している限り、関与することが許可されます」とWirotはタイの民間医療大麻生産に関する12月のレポートに書いています。

「海外旅行者は最もリラックスしたカテゴリーであり、彼らの病気を治療するために大麻薬を持ち帰るために輸出入許可を申請する資格が常にあります」と彼は言いました。 許可がどれほど迅速に付与されるかは不明でした。 保健省と関連施設は、2019年に医療使用を合法化した後、大麻の自由化を優先するという以前の計画ではなく、Covid-19に焦点を合わせています。 その結果、何千人ものタイ人患者が一般的で深刻な病気のためにマリファナで治療されるのを待っていますが、地元で栽培され加工された医療用大麻は十分ではありません。 これらのニーズを満たすために、伝統的な民間治療師は、大麻が軽減すると信じている病気のために大麻を栽培、生産、処方、販売する許可を与えられています。

 

 

 

医療大麻国アジア代表タイ!!あなたはDaychaの活動に賛成しますか反対しますか?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

基本の大麻濃縮物の知識や基本の医療大麻が学べる!?カンナビノイドやテルペンまで全てマスター!

「プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top