Taima University

「大麻&自閉症」自閉症の子供80%にCBDが効果アリ!!?

「大麻&自閉症」自閉症の子供80%にCBDが効果アリ!!?

 

【大麻と自閉症】

以前から、話題となっているトピックですが、

イスラエルの研究者は、医療大麻が自閉症の児童にとって効果的治療法であるという証拠を見つけました。

この神経学雑誌の研究によると、研究者は、大麻植物に見いだされる非中毒性カンナビノイドである高濃度のCBDで自閉症児を治療したと発表しています。

自閉症を持つ子供の80%の状態が医療大麻を使用した研究によって改善しました。 代わりに、小児によっては従来行われている自閉症の薬物療法による改善を示さない者もいました。

 

 

 

研究結果

oil4
この研究は、高CBD大麻オイル(CBD 20%およびTHC 1%)で60人の子供を治療しているエルサレムのShaare Zedek Hospital、Adi Aran博士の小児神経学重役の先導によって行われました。この子供達は少なくとも7ヶ月間「高CBD大麻油」で治療されました。

治療期間の後、両親は子供の状態を特徴づけるための「行動変化、不安レベル、コミュニケーション能力」についての質問がある評価アンケートに答えたました。

両親からの報告は以下の通りです。

・両親の80%が問題行動の減少を指摘し、62%が有意な改善を報告した。
・子どもの半分がコミュニケーションを改善しました。
・40%が不安レベルの大きな減少を報告した。 (注:研究参加者の3分の1は不安なく研究を開始した。)

 

 

 

医療大麻&自閉症のパイオニア

dr.aran

イスラエル医学大麻研究の先駆者であるように、アランは自閉症者のためのカンナビノイド療法のパイオニアです。アランは当初、自閉症児120人をテストするためのプロジェクトを2017年に開始しました。これは世界的に初めての研究であり、イスラエル政府の資金提供と大麻研究への進歩的なアプローチによって可能になりました。

アランは、「研究」という言葉が出てくると、イスラエル全土から多くの家族らからの研究への参加希望を望む声がたくさんあがり、受付リストがいっぱいになったと語りました。

自閉症スペクトラム障害は、自然発生的な神経発達であり、通常は乳児期または小児期に現れ、生涯続く。 より重度の症例では、強迫的で反復的な行動や社会的スキルやコミュニケーションの障害を含める、衰弱症状があります。 何人かの子供は全く話せません。 自閉症を持つ人は世界中の約1%と言われています。

自閉症の原因は理解されておらず、治す方法もなく、有病率も上昇しています。 CDC (Centers for Disease Control and Prevention)は、2004年には子供で自閉症の有病率の推定値166人の子供のうち1人から2018年4月には、59人の子供のうち1と更新しました。医師は往来通りに有害な副作用を伴う抗精神病薬で症状を治療しています。 しかし、一部の子供はこれらの薬に反応しません。

アランは  自閉症児の約20%が罹る病「てんかん」の同じような大麻研究の後、小規模な自閉症研究を開始しました。 研究者は癲癇研究中に、特定の大麻化合物が自閉症の症状を助ける可能性があることを発見しました。 一般人口の2%未満がてんかんを有するが、自閉症者の33%もてんかんに罹患しています。

シアトルのスウェーデン病院の神経科学者であるThomas Deuel博士は、てんかんと自閉症には確かに繋がりがあると言います。 科学者はこれらが関連する背景にある理由をまだ明確には理解していないが、自閉症児の脳発達の違いが、てんかん発作の原因となる回路を作り出す可能性が高いと考えています。

この結びつきにより、多くの両親は自閉症児の大麻治療を求めるようになった。 親は確かに自閉症児に対するCBDオイルの有効性に関する事例証拠を持ってはいるのですが、データが不足しているために、主流の医学ではまだその確実性を疑われているままなのです。しかし、大麻で対応しらされたほとんどの状態では、事例証拠と個人的な経験は、実際に研究査察済みの科学的研究をはるかに上回っています。

 

 

CBD研究次のステップとは?

oil-gold
ハーバード大学とボストン小児病院は、大麻と自閉症研究のベースラインレビューを発表し、この研究が将来性を示していますが、大麻の小児患者の改善能力についてはまだ決定的なものはありません。ハーバードのレビューは、ほとんどの研究が動物性であり、ヒト被験体に換えた影響をまだ示していないからです。実際、このレビューでは、従来のすべての治療が失敗した後の最後の手段として、大麻治療を使用すべきであるという警告文で結論づけられました。実際、精神活性といった有害な副作用の可能性があるため、大麻の子供への影響を研究するために、小児科のコミュニティには広範な抵抗があるのも事実です。

2015年以降、いくつかの小規模研究が実施されており、有望な結果が得られています。将来の研究に寄与する最大の影響の1つは、英国の医薬品開発会社GWファーマシューティカルズが製造したCBD油ベースの万能薬であるEpidiolexの米国食品医薬品庁(FDA)による2種類の小児癲癇の治療法です。科学者たちは、GW Pharmaceuticalsがこの薬の効果について提示した驚くべき証拠に注目しました。

現在、Epidiolexに関する研究を行った同じ科学者のニューヨーク大学(NYU)神経学者Orrin Devinsky博士は、中等度〜重度の自閉症を有する5歳〜18歳の小児に対するCBD効果に関する2つの研究を現在行っている。 このような研究を現在行っている唯一の他の医師はアランです。

自閉症とてんかんが両立しているので、CBDは両方の症状の治療に有望です。

おそらく、医師がエピドレックスの効果を見始め、アランやデビンスキーの自閉症研究のような研究を再検討するようになると、さらに多くの医療大麻の使用を探求し始めるでしょう。

 

 

 

てんかんと自閉症に救世主登場!?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

マリファナ、医療大麻を真剣に学ぶ【新感覚】今までと違う視点から見てみよう!

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top