Taima University

「日本は…いつ?」中国が合法麻(ヘンプ)最強国になる!?

「日本は…いつ?」中国が合法麻(ヘンプ)最強国になる!?

アメリカのレクリエーション大麻合法化、医療大麻運動、そして研究、そんな大きな話題が目につく中、

今、静かに計画が進んでいる、合法麻栽培最強の国を狙う国があります!!!

 

急速に拡大しているカンナビス産業を考えるとき、大部分の人は米国、カナダ、イスラエルの発展に興味を持っています。 これらの世界の超大国は、すでに医学とレクリエーションの両方の大麻に毎年何十億ドルもの収入をもたらしています。

しかし、その陰で、静かに計画が進行中のもう一つの大麻勢力、それが・・・

 

「中国」

china

 

 

南中国朝刊の最近の報道によると、ロシアの国境近くの黒竜江省と南部の雲南省を含む少数の中国の州が、現在、世界の合法的麻栽培のほぼ半分を占めている。

大麻に関する中国政府の厳しい法(5キロ以上で逮捕されれば死刑を得る可能性がある)を考えると、このニュースは驚くべきことです。 しかし、当局は数十年にわたって工業用麻を栽培してきたこれらの地域の農家には長年に渡り目を向けていませんでした。

作物は非常に貴重で、1ヘクタールあたり約10,000元(約1,500米ドル)を徴収します。これは他の伝統的作物よりはるかに多いものです。 麻はまた成長が容易で、多くの気候で繁栄し、農薬はほとんど必要ありません。 植物は調理から投薬まで、すべてを作るのに使用されます。 政府当局者は最終的に、植物の生存能力のために最も一般的である州で麻の生産を規制し始めました。

大麻を栽培しようとしている農民の数が急増したのは、1970年代後半にベトナムとの戦争が始まった中国の研究開発によるものです。 当時、政府は、潜在的な医療上の利点と同様に、麻が通気性のある軍服用の抗菌性布地としての可能性に関心を持っていました。

この大規模な研究の後、中国は現在、世界で600以上の大麻関連特許の半数以上を保有しています。

hempchina

また、人民解放軍は、最近、北京に本部を置くヘンプ・インベストメント・グループと協力して、外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬を開発しました。 この薬は現在、最終的な臨床段階にあり、すぐにいわゆる「グリーンラッシュ」で中国の隆起を押し上げる可能性がある。

ヘンプ・インベストメント・グループのタン・シン社長は、大麻は「5年間で1000億元の中国産業に成長する」と考えている。

同社はすでに米国に事務所を構えており、間もなくカナダ、日本、イスラエル、欧州の各地域に拡大する予定です。 一部のアナリストは、中国が大麻製品に関する幅広い知的財産権を活用する用意があると考えている一方、西欧は研究開発と合法化活動を続けていると考えている。

「西洋医学の大麻が受け入れられているため、中国の特許の優位性は、医薬品科学が西洋の能力を上回る中国で急速に進化していることを示唆している」とInvestorInntelのLuc Duchesne博士は述べた。 ますます増加傾向にある[中国伝統医学]、西洋化された中国の伝統的な薬があなたのすぐそばまで来ています!

 

 

大麻/麻についてもっと学びたい?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top