Taima University

「甲状腺?ノープログレム!」バセドウ病からみる医療大麻

「甲状腺?ノープログレム!」バセドウ病からみる医療大麻

 

知ってた!?

現在、日本で増加傾向にある病気・・・

喉に見られるバセドウ(又はグレーブス)病は、甲状腺の活動過剰(甲状腺機能亢進症)につながる自己免疫障害です。

 

バセドウ病は、のど仏の下にある甲状腺に関係する病気の一つ。甲状腺の病気の患者さんは、およそ5百万人、これは糖尿病に匹敵する数字です。その中でバセドウ病は、近年増えていて、甲状腺の病気の中で、2割を占めます。

 

 

 

バセドウ病とは?

dravet
甲状腺は内分泌系の重要な器官である。 喉頭のすぐ下にある首の前にあります。 この腺は、体の代謝を制御するホルモンサイロキシン(T4)およびトリヨードチロニン(T3)を放出する。 気分、体重、精神的および身体的エネルギーレベルを調節するには、代謝を制御することが重要です。

体が甲状腺ホルモンを多すぎるとすると、甲状腺機能亢進症と呼ばれます。 (甲状腺機能低下症が甲状腺機能低下症につながる。)

 

 

 

原因

kin
自己抗体産生の原因は不明である。

バセドウ病は突発的に現れる自己免疫疾患であるため、ウイルス感染または細菌感染がヒトTSH受容体と交差反応する抗体を誘発すると考えられている(抗原性模倣薬として知られている現象で、I型糖尿病のいくつかの症例でも見られる現象)可能性のある原因の1つは、エルシニア・エンテロコリチカ菌(ペスト菌の病原体ではない)。

細菌とヒト甲状腺刺激ホルモン受容体との間の構造的類似性についての間接的証拠があるが、直接的な原因の証拠は限られている。エルシニアは遺伝的に罹患しやすい(感受性の高い)個体において他の理由から生じる甲状腺自己免疫の発達の原因になるが、この疾患の主要な原因ではないようである。

エルシニア・エンテロコリチカ感染は自己免疫性甲状腺疾患の原因ではなく、むしろ関連する状態であることも示されている。 両者とも遺伝的感受性を共有している。 最近では、エルシニア・エンテロコリチカの役割が論じられている。

甲状腺機能亢進症の眼症状のいくつかは、交感神経系活動に対する受容体の感受性の高まりに起因すると考えられており、一部の組織ではα-アドレナリン作動性受容体の増加を媒介する可能性がある。

一部の人々は、TSH受容体自己抗体を発生させる遺伝的素因を有する可能性がある。 HLADR(特にDR3)は重要な役割を果たすようである。

 

 

 

症状

eye

1996年のアンケート調査の回答者は、グレーブス症状(バセドウ病)の発症2年前から甲状腺機能亢進期にかけての記憶、注意力、計画、および全体的な生産性の著しい低下を報告した。さらに、低グレードの甲状腺機能亢進症に対する中枢神経系の過敏症は、他のグレーブス病症状が出現する前に不安障害を引き起こす可能性がある。パニック障害は、グレーブスの甲状腺機能亢進症より4〜5年先行することが報告されているが、この頻度は知られていない。

・男性の乳房拡大
・集中するのが困難
・不安
・突き出た眼球(眼球外傷)/目の炎症および引き裂き
・疲労
・頻繁な排便
・甲状腺の肥大(可能)
・熱耐容性
・食欲増加
・発汗の増加
・不眠症
・女性の月経不順
・筋力低下
・緊張感
・急速または不規則な心拍(動悸または不整脈)
・落ち着きと睡眠の困難
・息切れの激しい運動
・振え
・体重減少(まれに、体重増加)

他の甲状腺機能亢進状態には見られない本当にバセドウ病かどうか「診断」する2つの兆候は、眼球外眼筋(片眼または両眼が突き出る)および下肢に塊状の赤い肌を引き起こす1-4%の発生率を有するまれな皮膚疾患である前脛骨性粘液腫(pretibial myxedema)があります。

バセドウ病はまた、びまん性甲状腺(甲状腺の拡大)であり、びまん性のタイプ(腺全体に広がっている)である。 この現象は、甲状腺機能亢進症の他の原因でも起こるが、グレーブス病は甲状腺腫の最も一般的な原因である。 大きな甲状腺腫は肉眼で見ることができますが、小さな甲状腺腫(穏やかな腺の拡大)は肉体検査でしか検出できません。 時折、甲状腺腫は臨床的に検出可能ではありませんが、CTまたは甲状腺の超音波検査でのみ見られることがあります。

 

 

 

これまでの治療法

doctor
バセドウ病(グレーブス病)症状の発症はよく潜在的であります。患者がバセドウ病で正しく診断されるまでに、症状の強度は徐々に長くなり、数ヶ月または数年かかることがある。

伝統的な治療法:(1)甲状腺抗甲状腺薬(2)過活動甲状腺を死滅させる放射性ヨウ素、細胞(3)甲状腺の外科的除去

標準的な療法は、しばしば、関節痛および他の痛みを伴う副作用をもたらす。

 

 

 

バセドウ病と医療大麻

rxcanna

医療大麻研究は、食欲を刺激するために医学大麻がいかに有効であるかを示している。 グレーブス病への医療大麻は、痛みを和らげるのに役立ちます。

研究によると、バセドウ病治療の医療大麻は疼痛レベルを大幅に低下させることが示されている。追加利益として、大麻は患者のアヘンベース(オピオイド)の鎮痛剤依存を減らすことができる。依存症が軽減されると、患者は中毒または過剰摂取の危険性がより低くなります。

さらに、アヘン剤や他のバセドウ病治療薬には重大な副作用がありますが、大麻の重大な副作用はありません。このため、大麻やグレーブス病の治療は、この状態に苦しむ人々のための良い選択肢かもしれません。

okdor

医療マリファナが甲状腺ホルモンのレベルに及ぼす影響を正確に判断するためにはより多くの研究が必要ですが、多くの研究は大麻が自己免疫状態の患者に有益であることを示しています。 Th17表現型は、バセドウ病の特徴であり、THCの精神活性効果をCBDによって打ち消しながら、Th17表現型が減少する可能性があります。この研究は、カンナビジオール(CBD)が抗炎症性サイトカインIL-10を増加させたことも示している。

大麻の成分カンナビノイドは、ケモカインおよびサイトカイン産生を低下調節し、時には調節性T細胞も低下調節する。 炎症誘発性サイトカインが減少し、T細胞が規則的に増加すると、自己免疫要素を抑制するのに役立ちます。

マリファナは、グレーブス病の症状の一部の症状を治療するために使用されます(病状その物という意味ではない)。 患者は肯定的な診断のために内分泌学者に診察する必要があります。

 

医療用マリファナで治療できる症状

・眼圧を下げる
・不安を軽減する
・不眠症を和らげる
・過敏性を減らす
・食欲と体重増加を促す
・落ち着き/緊張を和らげる
・心拍数を遅くするか緩和する

推奨事項:昼間はサティバ、午後と夕方はインディカ系統。 または、1日を通して50%サティバ:50%のインディカ、そしてCBDを気化又はオイル等で口から摂取する事をお勧めします。大麻の成分カンナビノイドが含まれた塗り薬/クリームを塗るのも効果的でしょう。

cannaoilbenefit

 

 

あなたが医療大麻が効けばいいなと思う症状って何?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

カンナビノイドって何?THCやCBD色んな大麻成分の知識を身に付けたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top