「1本$50!?」JAY-Z(ジェイ・ジー)が大麻ブランドを発売

「1本$50!?」JAY-Z(ジェイ・ジー)が大麻ブランドを発売

 

ヒップホップ界のキングJay-Z(ジェイ・ジー)の大麻ブランドである「モノグラム」が50ドルの手巻きジョイントを発売。

 

ジェイ・Zが現在大麻業界のプレーヤーになっている事はもはや合理的な自然現象であります、それに対して誰も疑いも驚きもないでしょう。Shawn“ Jay-Z” Carterのハイエンド大麻ブランドである「Monogram(モノグラム)」は、プリロール、大麻バッズ(大麻の花)、1.5gのハンドロールジョイントを備え、12/10/2020に最初の製品をカリフォルニアにて発売されました。

同社の主力製品は、「高度な訓練を受けた職人」によって巻かれた1.5グラムのジョイントである「OGハンドロール」であり、モノグラムが1年にわたって開発した技術を使用していると同社は言います。 ジョイントは小ロットの花で作られ、プレミアム葉巻のように燃えるでしょう。 そしてそれは一本50ドルと、ほぼ2倍の値段で小売りされます。

モノグラムの大麻株(No. 88、No.96、No.70、No.01)は、ベテラン栽培者のDeAndre“ De” Watsonによって開発されたもので、「軽い」、「中程度」、「重い」の3つの強さがあります。

ジェイ・Zのモノグラムとカリフォルニアの大麻会社カリバを先月買収する契約を発表した特別目的の買収会社であるサブバーシブ・キャピタル・アクイジション・コーポレーションの創設者兼会長であるマイケル・アウアーバッハは、ジェイ・Zはブランドの単なるフロントマンではないと述べています 「彼は本物の幹部であり、年に一度私たちについて何かいいことを言う補助的な大使ではありません」とアウアーバッハは言います。 「彼は、Aces of SpadesやD’Usséで行ったように、私たちのブランドの家を構築している私たちの槍の先端です。」

2019年、ジェイZはチーフブランドストラテジストとしてカリバに入社し、モノグラムを開発しました。 2020年11月、 アウアーバッハのSPACは、ジェイZとカリバの合弁事業であるカリバとモノグラム、およびマリー・ナチュラルlやカルロス・サンタナのミラヨなどのミュージシャン大麻ブランドを所有するLeftCoastVenturesを買収する契約を発表しました。 アウアーバッハの会社の新しい名前は「TheParentCo.(ザ・ペアレンツ・コー)」です。 昨年夏にカナダのマイクロキャップ証券取引所NEOで公開されたとき、5億7500万ドルを調達しました。

ジェイが思いついた「ザ・ペアレンツ・コー」という名前は冗談のように聞こえるかもしれませんが、アウアーバッハはその深刻さを語っています。 「私たちは大麻で最初の100年の会社を設立することを考えています、そして彼はそれを同じように見ていました」とアウアーバッハは言います。 「この業界で最初の100年の会社はどのように見えますか? 世界的に業界を支配する世代の会社をどのように作るのか? そして、「The Parent Co.」は、私たちがやろうとしていることを表すメタ名(いわゆる「超越した」、「高次の」や「変化」という意味)です。」

ジェイ・Zのモノグラムの50%を取得するための全株式取引はまだ完了していませんが、彼は親会社の500万株と、さらに100万株を受け取る権利を受け取ることになっています。 Parent Co.はまた、Jay’s Roc Nationと独占契約を結び、大麻ブランドのパートナーになりました。 この契約は、取引終了後にロックネイションに2500万ドルの株式を支払い、毎年750万ドルを支払うことで、親会社にロックネイションのアーティストとアスリートの名簿へのアクセスと権利を与えます。

アウアーバッハは、リアーナを含むロックネイションの「アーティストとアスリートのパイプライン」が、将来のブランドの開発において重要な役割を果たすと述べています ブランドとビジネス戦略の開発に加えて、ジェイは会社の社会正義プログラムも主導します。 ベンチャーファンドには1,000万ドルがシードされており、同社はブラックやその他のマイノリティ所有の大麻事業に投資するために、毎年純利益の2%を提供する予定です。

確かに、これはジェイ・Zの最新のビジネスベンチャーにすぎません。 2019年に、彼は最初のヒ億万長者になったヒップホップアーティストです。ブルックリンのベッドフォードスタイベサントにあるマーシー住宅プロジェクトで育ったジェイ・Zは、彼の音楽カタログのおかげで財産を築きました。彼は14のNo. 1アルバムと22のグラミー賞を獲得しました。また、アルマンドブリニャックシャンパンとその一部を所有しています。 D’Ussécognacは言うまでもなく、彼の音楽ストリーミングプラットフォームであるTidal、Roc Nation、そしてUberやRobinhoodなどの企業のかなりの株式を保有しています。

ウォーレンバフェットはかつてジェイZについて次のように述べています。「成長する若い人にとって、彼は学ぶべき人です。」 アウアーバッハはジェイZを簡潔に説明しています。「彼は実践的な創造的な天才です。」

The Parent Co.にとって、モノグラムはジェイ-Zの頭から出た最初のブランドであり、今後さらに増える予定です。有名人が作ったブランドの世界では、モノグラムをめぐる戦略は、ディアジオが10億ドルで購入したジョージクルーニーのテキーラ会社であるカサミゴスを増やし、マーサスチュワートCBDを減らすことだとアウアーバッハは言います。 「私の好みは、有名人が自分の名前のブランドではなく、ブランドに関連付けることです。 「カサクルーニー」と呼ばれたら、私はそれを飲まないでしょう。人々はそれをガラクタだと思い、またそれが何かの仕掛けだと思う​​でしょう」とアウアーバッハは言います。 「多くの人は、Ace of Spades(エースオブスペード)がジェイ-Zのシャンパン会社であることを知りませんが、最も急成長しているシャンパン会社です。」

ジェイ・Zがそれについてどう考えているかについて、声明の中で、彼はモノグラムがクラフト大麻を祝うためにここにいると言いました。 「大麻は何千年も前から存在していますが、それでも熟練した職人技の遺産が見過ごされがちな業界です」とジェイZは言いました。 「私はモノグラムを作成して、大麻にふさわしい敬意を払うために、優れた煙を作るための多大な労力、時間、注意を示しました・・・まだ始まったばかりですが。」

 

 

 

1本$50の手巻きジョイント、日本価格からしたらそんなに悪くない値段なのではないでしょうか。

あなたは試す or 試さない!?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

基本の大麻濃縮物の知識や基本の医療大麻が学べる!?カンナビノイドやテルペンまで全てマスター!

「プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top