大麻ユニバーシティ・オンライン学習コース・カンナビスコミュニティ

【スポーツ薬物検査と大麻】大麻okなスポーツ競技!?

 

「大麻はスポーツマンシップにのっとる!?」

スポーツと薬物検査

~大麻がOKなスポーツ!?~

 

CBD、デルタ8THC、その他カンナビノイドとスポーツの薬物検査における位置づけとは・・・?

 

大麻の規制が日々変化を続ける中、現在、米国では15の州が成人向け使用を、36の州が医療用使用を認めており、47の国が何らかの形で大麻を認めています。考え方の変化に伴い、スポーツにおける規制も変化しています。

 

 

 

スポーツおよび連邦政府の職場での薬物検査における大麻の規制

CBD製品が許されるか否かを判断するためには、その文言の詳細と薬物検査の適用・判定方法を精査する必要があります。スポーツの薬物検査、職場や軍の薬物検査では、THCの代謝物に焦点が当てられてきましたが、最近ではカンナビミメティクスにも焦点が当てられています。歴史的には、CBDや、CBD製品に少量含まれる天然の植物性カンナビノイドは検査対象に含まれていませんでした。職場での薬物検査とスポーツでの薬物検査の違いは、主に以下の通りです。

職場での検査では、まず一般的なイムノアッセイによるスクリーニングを行い、その後、質量分析による確認検査で特定の薬物が存在することを確認します。免疫測定法ではCBDを検出することはできませんが、デルタ8やデルタ10のようなTHCの異なる変異体と交差反応して、それらを検出することができます。

どのような大麻製品が受け入れられるか、あるいは受け入れられないかを検討する上で重要な要素は以下の通りです。

・禁止リストの文言は、カンナビノイド全般を禁止しているのか、それともCBDやその他の天然のフィトカンナビノイドは例外としているのか?

・大麻は、重い制裁を伴うパフォーマンス向上物質として扱われるのか、それとも軽い制裁と治療を伴う乱用薬物として扱われるのか?

・THC代謝物やその他のカンナビメティクスがどの程度の閾値であれば陽性と判断されるのか?

・最終的に薬物検査の適用ではどうなるのか?

これらの質問に対する答えは、以下に詳述するように、最近では大きく変わってきています。

 

 

 

国防総省(DOD)と連邦政府の職場での薬物検査

連邦政府の職場での薬物検査とDODの目的には、Substance Abuse and Mental Health Services Administration(SAMSHA)のTHC閾値が使用されています。これは2010年から変更されておらず、初期のイムノアッセイベースの検査では50ng/ml、質量分析では15ng/mlの閾値が適用されています。

合成カンナビノイドについては、初回検査では10ng/ml、確認検査では1ng/mlとなっています。薬物検査で陽性となった場合、解雇される可能性もある深刻な問題である。DODは現在、いかなる形でもヘンプとCBD製品の使用を禁止しています。

 

 

 

世界アンチドーピング機構(WADA)

1999年に設立されたWADAは、スポーツ薬物検査のゴールドスタンダードとして知られています。WADAの禁止リストは、オリンピックスポーツに適用され、他の多くのスポーツでも模範とされています。1998年の長野オリンピックで、カナダのスノーボード選手、ロス・レバリアティが初めてTHCの陽性反応を示したことから、1998年にオリンピック競技でTHCが禁止されました。レバリアティ選手はメダルを失いましたが、統括団体である国際スキー連盟(FIS)がまだルールを変更していなかったため、メダルは返還されました。

オリンピック競技におけるTHCの使用が初めて禁止されたとき、そのレベルは15ng/ml(10億分の15)でした。2013年には、副流煙による薬物検査の陽性率を下げるために、このレベルが150ng/mlに引き上げられました(合成カンナビノイドには0.5ng/mlの閾値が適用されます)。この変更は、仲裁に必要な法的リソースの負担を軽減するのにも役立ちました。THCの有害な分析結果は、2006年から2012年までの年間平均485件から、2013年から2019年までは129件に減少しました。

2018年、WADAはCBDを禁止リストから除外しましたが、だからといってオリンピックでのCBD製品の使用にゴーサインが出るわけではありません。残念ながら、このリストの文言には、CBD製品に含まれている可能性のある他の天然カンナビノイドも技術的に含まれています。他のカンナビノイドは薬物検査の対象ではありませんが、WADA、USADA、UKADの教育が示すように、禁止されていると解釈される可能性があります。このことから、オリンピックの領域では、他のカンナビノイドを含まないCBDアイソレートか、CBDの医薬品であるエピディオレックスのみが適切であると考えられています。願わくば、WADA禁止リストの文言が将来的にさらに洗練され、CBD製品に含まれる他の天然カンナビノイドを受け入れる余地を作り、テストの真の範囲を示すことができればと思います。

実際には、スポーツや職場での薬物検査ではTHC代謝物と合成カンナビノイドが対象となり、他の天然カンナビノイドは今のところ含まれていませんが、動機があればいつでも簡単に変更できます。2006年から2019年までのWADA認定ラボの統計では、カンナビノイドの有害分析所見が4,314件、THC代謝物が4,302件、合成カンナビノイドのJWH018とJWH073が12件報告されています。WADAは、他のマイナーな天然カンナビノイドを検査対象に加えることは、パフォーマンスを向上させると認識されるか、潜在的に有害であるか、スポーツの精神に反しているか(3つのリスト条件)でない限り、考えにくいでしょう。WADAは、米国国立薬物乱用研究所(NIDA)を代表してマリリン・A・ヒュースティス教授とともに、2011年に「スポーツにおける大麻」という広範なアンチドーピングの視点をまとめました3。

2021年、WADAは、THC陽性者を大幅に制裁を軽減した乱用物質として扱う方針を打ち出しました。2021年のWADA禁止リストの文言は下記です。

 

「S8 – カンナビノイド(Cannabinoids)」

競技会での禁止事項

このクラスの禁止物質はすべて指定物質です。

本項の使用禁止物質:テトラヒドロカンナビノール(THC)

すべての天然および合成カンナビノイドは禁止されています(例)

– 大麻(ハシシュ、マリファナ)および大麻製品に含まれるもの

– 天然および合成のテトラヒドロカンナビノール(THC)

– THCの効果を模倣した合成カンナビノイド

例外 – カンナビジオール”(Cannabidiol-CBD)”

禁止リストにおけるカンナビノイドとCBDの扱いは、スポーツの世界でもかなり異なっており、特に使われている言葉が異なります。現在、スポーツ全体で見られる規制には次のようなものがあります。

 

 

NCAA

NCAAは、カンナビノイド全般を禁止しており、CBD製品の使用も推奨していません。しかし、陽性とみなされるTHCのレベルについては重要な変更が加えられており、2017年には閾値が5ng/mlから15ng/mlに引き上げられ、2019年には現在の35ng/mlに再び引き上げられました。これはすべて、”受動的な吸入 “による陽性を避けるためです2020年から2021年のNCAA禁止物質リストの文言は以下の通りです。”カンナビノイド-マリファナ、合成カンナビノイド(スパイス;K2;JWH-018;JWH-073)、テトラヒドロカンナビノール(THC)”

 

 

MLB

2019年まで、MLBではTHCをパフォーマンス向上物質として、尿中の閾値を50ng/mlに設定して管理していました。2019年12月、MLBはカナビノイドとカナビミメティクスを乱用薬物として再分類するとともに、オピオイドの新たな検査を発表しました。同団体は、THCの閾値をWADAが使用している150ng/mlのレベルに引き上げました。現在、MLBの共同薬物防止・治療プログラムの文言は次のようになっています。”1.天然カンナビノイド(例:THC、ハシッシュ、マリファナ)、2.合成THCおよびカンナビメティクス(例:K2、スパイス)

 

 

NFL

2020年初頭、NFLはTHCと大麻の取り扱い方法に変更を加えました。リーグはこれまでTHCを乱用薬物として扱っていましたが、今後は陽性であっても選手を出場停止にしないことになりました。閾値は35ng/mlから150ng/mlに引き上げられました。

合成カンナビノイドの閾値は2.5ng/mlとなっています。CBD製品は特に言及も除外もされていません。NFL 2020 Policy and Program on Substances of Abuse」では、”Delta 9-THC-carboxylic acid (marijuana)≧150 ng/mL[≧35-149 ng/mL in Stage Two for clinical purposes only]、Synthetic Cannabinoids≧2.5 ng/mL “となっています。検査は現在、トレーニングキャンプ開始時の2週間の間に年1回の検査に限定されています。

 

 

NHL

NHLの禁止物質リストは、通常、WADA禁止リストのかなりの部分を反映していますが、リーグはTHCを禁止物質として扱ったことはありません。THCに関しては、NHL/NHLPA Program for Substance Abuse and Behavioral Healthに基づいて管理されており、危険なほど高いレベル」のみが問題とされています。

 

 

NBA

NBAは、少なくとも2019年までは、現在のスポーツ界で最も低いTHCの閾値である15ng/mlを採用していますパンデミックで短縮された2020年から2021年のシーズンではTHCの検査が停止されましたが、これは他のリーグと同様に大きな変化があることを示しているのかもしれません。THCは、”Marijuana and its By-products, Synthetic Cannabinoids”(マリファナとその副産物、合成カンナビノイド)と題された現在のポリシーで、乱用薬物として扱われています。

 

 

UFCCBD製品に関しては、UFCが最も進んだ表現をしています。総合格闘技の巨人は、2021年1月にカンナビノイドに関するポリシーを調整しましたTHCは現在、乱用薬物として扱われ、150ng/mlのWADA閾値が適用されています。また、UFCは、他のすべての「植物性」カンナビノイドを特別に許可するという重要な文言変更を行い、承認された第三者認証プロバイダーによって認証されたものであれば、CBD製品を受け入れる余地を作りました。UFCの禁止リストには、「カンナビノイド:天然または合成のデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)またはカンナビミメティクス(例:「スパイス」、JWH-018、JWH-073、HU-210)」と記載されています。

 

 

 

CBDとTHC陽性反応
CBD製品に関する最大の疑問の一つは、ユーザーがTHCの陽性反応を示す可能性があるかどうかです。答えはイエスですが、製品に相当量のTHCが含まれていない限り、その可能性は低いでしょう。2001年に行われた職場での薬物検査に関する研究では、ヘンプオイルに含まれるTHCをどの程度摂取すれば陽性にならないかが調べられました。

この研究では、様々な用量のオイルマトリックスに含まれるTHCを10日間にわたって被験者に投与し、尿中のTHC代謝物の量を分析しました。THCの最大投与量が0.6mg/日の場合、質量分析法によるTHCの最高濃度は5.2ng/mlで、免疫測定法によるスクリーニングの閾値である50ng/mlに達した被験者は1人だけでした。0.45mg/日のTHC摂取では、50ng/mlのスクリーニング閾値を超えた被験者や、質量分析で5ng/mlを超えたヘンプオイル被験者はいなかった。0.5mg/日以下のTHCを摂取している人は、ここで評価したどの薬物検査システムでも陽性になる可能性は低いだろう。

 

 

 

スポーツにおけるカンナビノイドの将来性CBDはスポーツ界で人気が高まっています。これは、CBDがアスリートに様々なメリットをもたらす可能性があるからで、特に痛みの管理や回復力の向上に効果があると考えられています。スポーツにおけるCBDの人気は、まさにその先駆けとなるかもしれません。しかし、スポーツにおけるカンナビノイドについては、別の問題があります。

デルタ8THCは、THCに代わる精神活性物質として注目されており、スポーツ界でも注目されています。Delta-8 THCは、従兄弟のTHCと比較して、約2/3の精神活性効果があると言われています。Delta-8は、本当に麻から抽出されたものであればおそらく合法ですが、合成されたものであれば合法ではありません。また、大麻由来であっても、刺激の強い化学溶剤を使用している場合は、健康への影響が懸念されます。デルタ8は、最近話題になっています。DEAは、この物質がクラスIの規制物質であることを明確にし、リストには “テトラヒドロカンナビノール-THC、Delta-8 THC、Delta-9 THC、dronabinolなど “が含まれるようになった。

THCに代わるもう一つの精神活性物質であるデルタ-10THCはダークホース的存在ですが、これも増加傾向にあります。ヘンプやCBDに由来する可能性があるデルタ8とは異なり、デルタ10は純粋な合成化合物であるため、栄養補助食品やヘンプ製品としての資格はありません。しかし、それでもまだ販売されていません。このまま人気が出れば、スポーツや職場の薬物検査でもデルタ10が狙われるようになるだろう。

CBDはいまだに謎に包まれており、規制されていない環境で運営されているため、健全な懐疑論が残るのも不思議ではありません。品質管理(QC)の問題として、製品に記載されている内容が含まれていない、THCの含有量が多すぎる、農薬や合成カンナビノイドが混入しているなどの問題が指摘されています。これらはすべて、アスリートや他の消費者がCBD製品を使用する際に認識し、考慮する必要がある深刻な問題です。

しかし、CBDには明るい話題もたくさんあります。合法的なサプリメント成分として定義する明確なガイドラインがないにもかかわらず、CBDは最近、ウコンを抜いて天然物の成分としてNo.1の売り上げを記録しました。CBDは、ウコンを抜いて天然素材の中でNo.1の売り上げを記録しており、その圧倒的な人気により、CBD製品は社会やスポーツの中で確固たる地位を築いています。このエキサイティングなカテゴリーが成長を続ける中で、規制にはさらなる変化が予想されます。

 

 

 

あなたはこの規則に対してどう思いますか!?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

 

基本の医療大麻知識やべイプ・濃縮物まで学べる!?カンナビノイドやテルペンまで全てマスター!

「プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

 

Exit mobile version