大麻ユニバーシティ・オンライン学習コース・カンナビスコミュニティ

【ヨーロッパでも大麻解禁】マルタが大麻合法化!!?

 

大麻解禁の風がヨーロッパにも上陸

「マルタで大麻解禁!!?」

世界で広がる大麻解禁からもう逃げられない!?

マルタは、ヨーロッパで初めて大麻を合法化する国になりそうです。議員たちは火曜日に改革法案を可決し、大統領が署名して法制化することを約束する見込みだ。

この法案では、18歳以上の成人が個人使用のために7グラムまでの大麻の所持と4株までの栽培を許可することになる。自家栽培の大麻は50グラムまでなら自宅で保管できる

商業的な市場そのものは存在しないが、非営利の協同組合は大麻を栽培し、会員に配布することができるようになる。成人が7グラム以上28グラム未満を所持した場合、50ユーロから100ユーロ(55ドルから115ドル程度)の罰金となり、懲役や前科の心配はない。18歳未満で大麻を所持していた場合は逮捕されず司法委員会に送られ、「ケアプラン」を作成することになる。しかし、子供の前で大麻を消費すると、340ドルから565ドルの罰金が科せられます。

この法案の提案者であるオーウェン・ボニチ議員はガーディアン紙に、「大麻使用者に対する強硬なアプローチは不釣り合いで不当であり、模範的な生活を送っている人々に多くの苦しみを与えていたことが、今では理解の波となっている」と語っている。

“政府の平等・研究・革新担当大臣を務めるボニチ氏は、「マルタが(ヨーロッパで)初めて規制当局と包括的に法令に言葉を入れる国になることをとても嬉しく思っています」と語った。マルタと言えば2011年に離婚を合法化し、EUで唯一、中絶を全面的に禁止している国である。

ジョージ・ヴェラ大統領は週末までに法案に署名する予定だと、ボニシ氏はガーディアン紙に語った。

この法案で認可される大麻クラブは、500人もの会員を持つことができ、各会員に1日7グラム、1カ月に最大50グラムを配布することが制限されるという。また、会員一人当たり毎月20粒までの大麻の種を配布することができる

この法案自体は、その目的が “大麻の限定的かつ責任ある個人的な使用における個人の自由と、その他の社会的要件とのバランスを可能にすること “であるとしている。この動きは、大麻の栽培、販売、消費を地域的、全国的に非犯罪化し、場合によっては合法化する方向に世界的にシフトしている中で生まれたものである。

議員たちの間では、大麻製品にTHCの制限を設けるかどうかが議論されたが、「闇市のための新しい市場を作ることになる」という理由で、最終的にこの考えには反対した、とボニシは言う。「私たちがすべきことは、日々、人々を教育し、情報を提供することです」。

マルタの野党国民党は、合法化案について一連の苦情を提出した後、議会の請願委員会に公聴会を開かせようとしたが、委員会の議長は先週その要求を拒否した。野党の党首は、労働党政権の法案は、人気のある政策を進めることで票を補強しようとするものだと主張している。

欧州連合(EU)の最小加盟国であるマルタは、大麻草の栽培を合法化する法案を承認したもののまだ実施されていないルクセンブルクや、新政府が認可店舗での大麻消費の合法化を公約したドイツをわずかに追い越すことになる。

ドイツの新連立政権の各党首は先月末、政権を取ったら大麻を合法化し、より広範な薬物政策の害悪軽減策を推進することで正式に合意したと発表した。

隣国のルクセンブルクでは、司法・国土安全保障担当大臣が10月に合法化案を発表した。まだ議会での投票が必要だが、通過する見込みである。今のところ、同国では家庭内における合法化に焦点が当てられている。議会は2022年初頭に同案を採決する見通しで、与党は改革に友好的だ。

一方、イタリアの有権者は今春、大麻のほかシロシビンタケの個人所持や家庭栽培を合法化するための国民投票に踏み切る可能性がある。

米国では、いくつかの合法化法案が競って議会を通過している。9月に改革法案が下院司法委員会を通過した。もうひとつは、上院多数党院内総務のチャック・シューマー(民主党)らによって最終調整中だ。そして、共和党の議員も先月、合法化法案を提出した。

メキシコでのマリファナ販売を合法化し規制する法案の草案が上院議員の間で回覧されており、トップ議員たちは近く採決する意向だと述べている。

カナダとウルグアイはすでに娯楽用大麻を合法化している。

2013年、世界で初めて大麻の生産と販売を合法化したのはウルグアイでした。その後、カナダやモロッコなどの国々が独自の合法的な大麻市場を作り上げている。ヨーロッパでは、オランダが初めて大麻の栽培は違法としながらも、店舗での販売、購入、使用を許可しました。欧州の一部の国や米国の18州、ワシントンDCでは、大麻の販売や消費を非犯罪化する法律や、米国の一部の州では、連邦法では違法とされている大麻を合法化する法律が制定されている。

 

 

 

次に合法になる国はどこだ!?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

 

基本の医療大麻知識やべイプ・濃縮物まで学べる!?カンナビノイドやテルペンまで全てマスター!

「プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

→http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

Exit mobile version