Taima University

【世界・大麻事情】他の国ではどう吸うの?マリファナ豆知識!

【世界・大麻事情】他の国ではどう吸うの?マリファナ豆知識!

 

世界中どこに行っても、大麻(マリファナ)を楽しむ人がいます。

しかし、それは彼らが私達と同じように大麻を楽しんでいるとは限りません。

他の国での有名で一般的なマリファナ喫煙方法、大麻事情についてミニ世界旅行に出かけよう!

 

 

1.イギリス

uk

カナビスは1928年以来英国では違法であったため、大麻の禁止については米国より9年も前から始まっていました。 しかし、それでもイギリスでの大麻使用をやめる大きなきっかけにはなっていません。

大麻は英国では伝統的にハシッシュのとタバコを混ぜた形で喫煙されてきました。しかし、べーポライザーがより一般的になり、多くの使用者がハッシュから大麻の花に取って代わり、これまでのようにハッシュ(ハッシュタバコ)は普及していません。

カンナビスは他の国の大麻に比べてイギリスではかなり高価です。 たぶんその事が人々が大麻とタバコを混ぜる習慣に至った理由の1つです。しかし、英国の多くの大麻使用者は、煙草を混ぜる事で適切に均等にジョイントが燃え、ジョイントが消えてしまうのを防いでくれるのが理由と答えるでしょう。

 

 

 

2.ロシア

russia

次は、ロシアです。 大麻、特にハッシュの使用は、ロシアの中央アジア地域で長い間普及してきた。 マリファナは1934年に禁止されたが、1960年代まで政府は大きな注目を集める事はなかった。 当時、「青少年の薬物使用」の報道が増えたことで、問題の認識が生じました。

ロシアの残りの地域では、1970年代まで大麻はあまり人気がありませんでした。 大麻の傾向は、共産主義が崩壊した1990年代に加速しました。 ブラックハシッシュは、多くの地方の大麻の花よりもまだまだ広く利用されています。

ロシア人は、他の国と比べて、ジョイントを巻く事はまれで、ほとんどありません。代わりに、安価でフィルターの無い太くて短い煙草「パピロス(papiroses)」の中身を空にして、大麻を詰めます。パピロスを大麻で詰めたものをコシヤク(kosyak)と言います。

色んなブランドのパピロスタバコがあるが、一番有名なのは「ベロモール(Belomor)」です。しかし、大麻を持っている時にはベロモールを買わない方がいいという意見もあります。ベロモールは非常に安いブランドなので、通常、低賃金の若者や労働者が好みます。そのため、警察に目を付けられてしまう可能性があるというのです。

ロシアには「パラボス(paravoz)」と呼ばれる、大麻ジョイント「コシヤク(kosyak)」を吸う儀式があります。この儀式「paravoz」は「蒸気機関」を意味します(米国では非常によく似た方法が「ショットガン」として知られています)。一人の人が、息を吐くことによってジョイントのもう一方の端から煙を吹き飛ばし、 第二の人物が、そのジョイントから出た煙を反対側から吸う。

ロシア人はまた、私達が「グラビティボング(重力ボング)」と呼んでいる物を使用しています。彼らは、「burbulyator」と呼びます、これはこの物を使用した後の音だと言います。

ロシア南部では、「ミルク」と呼ばれる人気の飲み物があります。それは乳脂肪とバターと大麻を煮て作られています。 緑がかった「ミルク」は強い精神作用を発揮します。

 

 

 

3.コンゴ民主共和国

congo

コンゴは1917年以来大麻の法律を変更していない。 世界中の他の国々の雑草と同じように、依然として違法です。 しかし、大麻は長い間文化の一部でした。

コンゴには大麻の生産がかなりあり、全国的に大麻が栽培されています。 役人が賄賂を受けとっているため、その多くは見落とされている。 しかし、大麻を含むあらゆる薬物の売買は、死によって処罰されます。

AKAやピグミーとも呼ばれるコンゴの先住民コミュニティで長い事マリファナを栽培して使用していた事を覚えていると、ナショナルジオグラフィックでは報告している。

マリファナの植物は野生に成長します。 AKAやピグミーは植物や種子が少なくなると、彼らはジャングルに探しに行きます。 センシシードによれば、大麻喫煙は、大規模な摘発を促すのに十分危険で、容認できないものとしては見られていないと言います。

人類学者によると、約68%のAkaの男性が大麻を吸っているという。 AKAは大麻をジョイント吸っているが、この薬草を薬用にも使っている。 誰かが病気になると、伝統的なセラピストはマリファナを使用します。 種を粉砕し、水と混ぜ合わせた物で腹痛を治す

大麻は、食欲不振を改善するために、キャッサバと呼ばれる澱粉質のジャガイモの様な物に加えられていました。葉を煮出したマリファナ茶は、咳、寄生虫、インフルエンザ、発熱などに使用されます。 2015年の調査によると、Akaの大麻使用は実際に寄生虫の悩みを減少させます。

 

 

 

4.インド

india

インドは、大麻について話す時、まず一番に思い付く場所でしょう。大麻植物カンナビスは少なくとも4000年間インドで使用されています。 だからインド人はそのような堅実な大麻の文化を持っています。

マリファナ用語で、「チャラス(Charas)」は手巻きの大麻樹脂です。 「ガンジャ」とは、マリファナの花を意味します。大麻の種子や花が注入されてたミルクシェイクを「バング」と言います。 カンナビスは1985年に違法と宣告されたが、インドの深い大麻文化によって、法律は広く無視されている。

1534年に植物学者や医師のガルシア・ダ・オルタ(Garcia da Orta)は、仕事と食欲を改善し、労働を可能にするためにバングを使用したと指摘した。 「私はそれがとても多数の人々によって一般的に使用されていると信じており、大麻についての謎はない」と彼は書いている。

1894年、英国インディアンヘンプ委員会は、インドでの大麻の広範な研究を成し遂げました。 その報告書は次のように結論付けている。 「適度な使用は事実上悪影響をもたらさない。 […]この調査では、大麻の影響が観察にどれほど影響を与えていないかを知ることが最も目立っている。」

バングは “thandai”と “bhang lassi”が混ざったミルクシェイクで、神秘的な祭典の重要な部分です。 ヒンドゥー教の禁欲主義者はハーブを使って神性を求める。 物質的な生活を忘れて森に住んでいるヒンドゥー教徒のグループSadhusは、大麻が霊的な自由をもたらすことができると信じています。

バングはまだインドの多くの都市の通り屋台で買うことができます。 インドでは一般的に、粘土で作られた真っ直ぐな円錐形のパイプである 「チラム」で喫煙されています。 チラムで喫煙すると、冷たい石がパイプに挿入されることがよくあります。 これは、残骸が吸入されないようにスクリーンと同じ機能を果します。

 

 

 

どの国の吸い方が好き?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

医療・嗜好大麻の知識を一から学べる!?基本のカンナビス成分やマリファナの歴史がオンラインで学べる!

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top