Taima University

【大麻】カンナビス、マリファナ、ガンジャ、ウィード 名前はどこから来た?

【大麻】カンナビス、マリファナ、ガンジャ、ウィード 名前はどこから来た?

 

昔から、多くの人々の生活の中で特別な役割を果たすこのスペシャルハーブ【大麻】は、

大麻、マリファナ、カンナビス、ガンジャ、ウィードと多くの名前で呼ばれています。

多くの大麻の名前がありますが、これらの名前はどこから来たのでしょうか?

 

きっと人々は、人間の歴史の大部分にわたって存在していたこの大麻植物に愛を表現するべく、違った愛着のある呼び方をいつの時代も日々探しているのでしょう。

実際に、カンナビスを除くこれらの名前のほとんどが現代的な呼び方であります。その科学的名称であるカンナビスは、何年もの間、様々な理由で呼び方が変わり、色んな名前を持つようになりました。

 

 

 

マリファナ 

western-weed

19世紀を通じて、カナビスはアメリカで最も一般的に使われた言葉でした。 当時の米国科学雑誌はこの植物を「カンナビス」と呼んでいました。大麻は、広範囲の症状を治療するために使用したお薬です。

言葉自体は実際にメキシコのスペイン語から取られます。 しかし、それはあなたが現在喫煙している「マリファナ」植物の名前ではなく、メキシコ人が他の理由で使った別のハーブ混合物の名前でした。 しかし、メキシコの革命が起こり、多くのメキシコ人達がアメリカに訪れた際に、多くの人が大麻植物を積んで来ていました。 その結果、アメリカ政府が大麻禁止を始め、その禁止は100年続きました。 彼らは1913年に大麻犯罪化の最初の法案を可決した。

激怒した人々は、その植物を「マリファナ」と呼び、それが西洋で大麻植物の名前となった。 ほとんどのアメリカ人はこの植物をマリファナとして知るようになり、その「マリファナ」という言葉はヨーロッパのような世界の他の地域でも流行しました。

 

 

 

カンナビス

greek-bath

これはおそらくこの植物に与えられた最初の名前です。 この用語は最初に、紀元前440年に古代ギリシャ語で「kánnabis」とどこかで造られています。

この言葉は、ギリシャの歴史家であるHerodotusが書いた作品 “The Histories”の中にある、「大麻スチーム風呂」について書いた大麻のレクリエーション使用法に関してこの言葉が使用されています

紀元前440年以来、カンナビス植物はいつもレクリエーション的にまたは薬学的に使用されてきました。「カンナビス」という言葉は、オックスフォード辞典の中で1500年代半ばのどこかに英語で最初に造語され、その後、一般的な大麻植物の学名になりました。

 

 

 

ガンジャ

gangesriver

よくある誤解ですが、ガンジャはラスタファリアン語やジャマイカからの言葉ではありません! この言葉は実際には※サンクスリット語(Sanksrit)であり、共通の系統であるカンナビスサティバのインド語として由来しています。 ※古代インドの文学語(梵語)

またある人は、インド人が川岸に生息する美しいハーブのガンジャから名前をとってガンジス川に「ガンジス」と名付けたと信じています

しかし、サンスクリット語の言葉「ガンジャ」とは、カンナビスサティバの非常に強力なものを指しています。

 

 

 

ポット/ウィード

Landscape

「ポット」は70年代以前に使われた言葉であり、正確な起源の点はもっと議論の余地があります。 ほとんどの人は、この言葉は料理道具の鍋と関係があると考えていますが、実際は、「ポット」という言葉はスペインのポティガヤに関係していました。 Potiguaya(ポティガヤ)とは、マリファナの芽/バッズが浸されたワインの一種です。 ほとんどの人がその事知りませんが、単語の最も真の起源である可能性の高いです。

「ウィード」は大麻植物の最新の言葉で、おそらく80年代後半か90年代初頭に現れました。「ウィード(Weed)」とは英語であのどこにでも生えている雑草を意味します。雑草は野生で過酷な条件下で生育するので、基本的にほとんどの場所で成長するもの。 大麻も、世界中で成長し、その存在の大部分が文化の一部となっていることを考えると、この植物に与える適切な名前に思えます。

親世代の「ポット」ではなく、若い世代は「ウィード」と呼び、また大麻の歴史に新しい言葉を作り出していくのです。

 

 

 

あなたが使っている大麻の呼び方はどれ!?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

ガンジャやマリファナ、大麻の基本的な知識を身に付けたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top