Taima University

【大麻の繁殖・交配】家で簡単に!マリファナブリーディング

【大麻の繁殖・交配】家で簡単に!マリファナブリーディング

 

大麻/マリファナの繁殖(ブリーディング)をする大麻繁殖家の人の事を

「カンナビス・ブリーダー」と言います。

 

もしも、あなたが大麻株を繁殖させることに興味を持っているけれど、科学的専門用語ばかりで混乱しているのなら、これはあなたのためのブログです。

ここでは初心者でも簡単に解る大麻の繁殖(ブリーディング)についての実践的なアドバイスととカンナビス遺伝子について知る事ができます。

 

 

 

貴重な大麻遺伝子を保存する繁殖方法】

大麻の繁殖と種の系統の継続は、専門家による独占的な分野ではありません。高度な栽培技術を習得し、必要不可欠なテクニックを習得した自家栽培者は、簡単に栽培者から繁殖者に移行できます。

伝説となっている大麻株のほとんどは自家栽培者によって作成されました、偶然から出来たものやアクシデントから等様々です。大麻の繁殖は、 小規模の繁殖スペースがあれば実行可能です。 植物学の専門家である必要ありません。 昔ながらの基本的な大麻栽培経験だけで十分でしょう。

 

・クローニング

大麻植物から挿し木を切り取ることは、健康な株を保存するための素晴らしい方法です。 時折、高価な品種がクローンのみの形で利用・販売可能であります、栽培者はこの株の遺伝子を保存するために挿し木(株分け)を続けなくてはなりません。

クローニングは譲渡可能なスキルであり、大麻栽培者よりも繁殖者にとってはさらに重要な技術です。 繁殖の前提条件として、クローン作成を常に高い成功率で達成する必要があります。

 

 

・セルフィング/自殖

セルフィング/自殖とは自家受精による生殖のことで、母植物が自分で受粉される事です。F1種子は、メスのマリファナクローンだけで作れます。 これらの種子は母親(マザー)の遺伝子だけを持っています。これを成功するためには、栽培者は自身での受粉を誘発するためにメスの性に転換させなければなりません。

ほとんどの家庭用ブリーダーは、開花中のメスに故意に少数の種子を生産するようにストレスをかけます。ブリーダーは、ストレスを誘発するためにメスの植物に特殊な化学物質を使用します。その結果、植物はオスの花を作り、花粉を作ります。

この花粉が同じ植物または同じ母親からのクローンのメスの花に使われるとき、結果として生じる種子は「自家受粉」またはS1となります。 S1の種が元の親と戻し交配されると、それらはS2、S3などと呼ばれます。カンナビス・ブリーダーはよく系統の遺伝子を保存し、種子を女性化しフェミナイズドシードを作るためにこれを行います。

 

 

 

「家庭用ブリーダーや小規模繁殖家におススメ」

 

1.同じバッチからの繁殖

もしあなたがオスを利用したいのなら、同じバッチ(姉妹・兄弟)から大麻を交配することができます。同じバッチからの繁殖からは簡単でシンプルなハイブリッドを生み出します。

これは古い大麻農家の方法で、主に屋外で行われます。 ただし、元の有機種子が純正であれば、屋内でも同じバッチから繁殖できる可能性があります。もしそうなら、結果として得られる子孫は多かれ少なかれ安定しているだけでなく、あなたは次回に使う種のお金を節約できるでしょう。

さらなる繁殖実験の前に、最初に花粉を集めて種を作る練習をすることは良いことです。信頼できるバッチからの繁殖は必ずよりよい大麻繁殖結果に繋がります。

 

 

2.ポリハイブリッド

ポリハイブリッドは、完全に異なるハイブリッドを互いに混合することから派生する。つまり、2つの市販されている無関係な大麻品種同士の交配です。

例えば、マスタークシュダーバンポイズンはF1(A)と呼ばれる子を生産します。 AK-47ホワイトウィドウは、F1(B)と呼ばれる子孫を生み出しました。 F1(A)とF1(B)に子供が出来ると、その子がポリハイブリッドになります。

結果は間違いなく色々でしょうが、ポリハイブリッドはかなり活気があり、よりフェノタイプ(表現型)が勝つのがしばし発見されています。

 

 

3.純正のF1ハイブリッド

F1は「第一世代ハイブリッド」の略です。 全く異なる遺伝子型を持つ2つの系統、例えばダーバンポイズンマスタークッシュが繁殖すると、子孫はF1ハイブリッドになるでしょう。純正のF1ハイブリッドは、交配血統安定化または在来種系統のみに由来することができます。

しかしながら、そのファンタスティックに強力で生産的で活発に成長しているF1ハイブリッドを作りだすのはは長期的なプロセスです。プロのブリーダーは、長年の生涯を繁殖プロジェクトに投資し、何千、何百という栽培品種から品種を選択します。雑種繁殖は複雑になる可能性があり、初めての家庭用ブリーダーにとって、難しく大変になるかもしれません。

このF1ハイブリッドが同じバッチからの別のF1ハイブリッド(姉妹または兄弟)と一緒に交配されるとき、それはF2ハイブリッドを作り出します。 このプロセスが繰り返されると、F3が作成され、次にF4が作成されます。 F5の後、植物は近交系と見なすことができます。

残念ながら、これらの種子は以前のF1世代よりもはるかに安定性が低く、作業するのがさらに困難とされています。多くの場合、ラインを安定させることが出来る前にはF5(第5世代)、さらにはF6(第6世代)それ以上まで、何世代もの交配が必要な場合があります。

 

 

4.バッククロッシング/戻し交配

バッククロッシング(戻し交配)とは交雑で作った雑種または雑種の子孫に対して、元の親と交配することを指す。

例えば、オスのチョコロープとメスのジャックヘラーはF1ハイブリッドを作ります。 このF1ハイブリッドが元のメスのJack Hererと交配されるとき、結果として生じる株はBX1となり、このBX1が元のメスのJack Hererと再び戻し交配すると、BX2として作られます。

元のメス系統の遺伝子は、植物を母親(マザー)として植物を栄養段階に保つことによって保持することができます。切片をクローンとして保持するか、または組織培養を使用します。

バッククロッシングはおそらく小規模の家庭用ブリーディングに最も適した選択肢です。また、あなたがクローンのみの品種があり、一握りのF1種を生産させようと雌雄同体になるよう植物にストレスを与える事を懸念される場合は、バッククロッシングを考える必要があります。

あなたはまずオスの劣性、または子孫に追加する価値のある望ましい特性を持つオスを特定する必要があります。時々、子孫に必要な安定性を得るために3ー4度の戻し交配が必要となるでしょう。

 

 

 

あなたは繁殖家になってみたい!?ブログをシェアして友達の意見も聞いちゃおう!大麻レビューは口コミにて!下記のコメントかソーシャルネットワークでも話を聞かせてくださいね!

 

 

テルペンって何?大麻歴史、エディボー料理に、医療大麻!?基本のカンナビスが全部学べる

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top