Taima University

【大麻栽培】大麻はどうやって成長するの?~種から収穫まで~

【大麻栽培】大麻はどうやって成長するの?~種から収穫まで~

 

大麻植物はすべての植物と同様に、種から成長して成熟する一連の段階を経て、収穫されます。

成長周期によって異なる注意が必要となるため、各成長の段階でを理解することが重要です。

段階ごとに必要とされる、光、栄養素、水の量が異なります。 成長サイクルの各段階を理解する事で、 いつ植物を刈り込んで仕上げるかを決めるのにも役立ちます。植物の性別や全体的な健康状態を判断するのも、成長段階によります。

大麻(マリファナ)のライフサイクルは、種子から収穫までの5つの主要な段階に分けられます。

・発芽
・苗
・発育
・開花
・収穫

 

 

 

「大麻の成長周期:種~収穫までの流れ」

 

種子発芽(5〜10日間)

光周期:18時間の明かり

大麻/マリファナ植物栽培の最初の段階は種子から始まります。この時点で、あなたの大麻植物は休眠状態になっていて、水によって生き返るのを辛抱強く待っています。種子の色と質感によって品質を観察することができます。 種子は固くて乾燥していて、淡褐色から暗褐色であるべきです。 未発達の種子は、一般的に色が濃い緑色または白色で、おそらく発芽することはありません。

種子から大麻を成長されるための発芽段階は5~10日間かかるでしょう。

あなたの種が開き芽が出てきたら、成長する培地に置かれる準備ができています。苗の茎が上向きに、根は下向きに成長するでしょう。植物が種子の保護容器から広がるにつれて、2本の丸い子葉が茎から成長します。これらの最初の葉は、植物が健康で安定するのに必要な日光を取り入れる役割を果たしています。

根が発達するにつれて、大麻を象徴するおなじみの「葉」が成長するのを見始めるでしょう、その時点であなたの大麻植物は苗と見なすことができます。

 

 

 

苗段階(2〜3週間)

光周期:18時間の明かり

あなたの植物が苗になると、より多くのあの伝統的な大麻葉が出来ていくのに気付くでしょう。芽として、種子は最初に1つだけうね状の葉身を持つ葉を作ります。成長していくと、葉はより多くの葉身(1、3、5、7など)を発達させるでしょう。 成熟した大麻植物は、葉1枚につき5〜7枚の葉身を持つでしょうが、いくつかの植物はそれ以上の葉身を持つかもしれません。

大麻植物は、新しい葉の上に全ての数の葉身をフルで備えるまでは、苗と見なされます。健康的な苗は鮮やかな緑色をしています。 苗の段階で、植物に水をかけすぎないように注意してください。根は非常に小さいため、繁殖に水を必要としません。

この段階では、植物は病気やカビに弱いです。 その環境を清潔に保ち、過剰な水分に気を付けましょう。

 

 

 

栄養成長段階(3〜16週間)

光周期:18時間の明かり

大麻の発育/栄養成長段階は、植物の成長が本当に始まるところです。この時点で、あなたの植物は大きな鉢に移植しました、そして根と葉は急速に成長しています。 これはまたあなたの植物をトッピング/トレーニングテクニックを使用する時期でもあります。

節間の間隔は、大麻の種類を表すでしょう。 インディカ植物は短くて密集している傾向がありますが、サティバ植物はひょろ長く枝葉がより開いています。

植物が成長するにつれて、水の量を増やすよう確認してください。植物がが若い頃は、茎の近くに水を必要とするでしょう、しかし成長するにつれて、根も外側に成長するでしょう。そのため、根が伸び、水分をより効率的に吸収できるように、茎から離れたところで水をあげ始めましょう。

栄養成長植物は、栄養分を含んだ健康的な土壌が大切です。 この段階でより高レベルの窒素を供給してください。

 

 

 

開花期(8〜11週間)

光周期:12時間の明かり

開花期は、大麻植物成長の最終段階です。 開花は、夏の日が短くなるにつれて、または屋内の光周期が短くなるにつれて、植物が一日に12時間未満の光を受けるときに自然に起こります。 樹脂たっぷりの芽が成長し、あなたの努力の結晶が結果になって表れるのはこの段階です。

もし雄を捨てるために、あなたの植物の性別を決定する必要があるならば、植物は開花期に数週間でその性別を見せ始めます。開花しているメスに花粉を出さないように、オスを分離することが大変重要です。

あなたの植物がその栄養成長期から開花期になったら、考慮すべき多くの変化があります:

・植物のホルモンを混乱させる可能性があるので、あなたの植物は開花期に入って3週間以降は刈り込み(剪定)されるべきではない

・植物は成長するにつれて芽が支えられるように格子状にされるべき

・開花に必要な栄養素を供給することを検討する

・芽が完全に成熟したら、収穫の時期です

 

 

 

収穫期

開花期が完了し、花が完全に成熟したら、収穫の時期です。

花が古くなるにつれて、毛状突起(トライコーム)はTHCおよび他のカンナビノイドを生産し続け、最終的にはTHCが分解し始める前にピーク濃度に達します。なので、この毛状突起(トライコーム)ができるだけ多くのカンナビノイドを生産したときに収穫が行われるべきなのです。

大麻植物には、収穫の準備ができたときの目で見えるなヒントがいくつかあります。

THCが毛状突起内に蓄積するにつれて、それらは曇った白い色に変わります。理想的には、大部分の毛状突起が白濁し、それらの約10%が茶色がかった琥珀色に見えるときが収穫時期です。

THCが低下し始めると、毛状突起は白濁から褐色に変わります。いくつかの毛状突起がこの色に変わっても問題ありません、それが植物が収穫の準備ができていることを示しています。未熟な毛状突起は、カンナビノイドの濃度が低いため、透明に見えるでしょう。

生産者が大麻の準備が整ったと判断したら、収穫のプロセスを開始できます。このマリファナ大麻は開花後に死ぬので、植物全体を伐採するか、枝を切り取ることができます。 葉は非常に低い濃度のTHCなので、それらは捨てられるか、切り取られて別の用途に使われます。

 

 

 

乾燥と硬化

一般的に行われるプロセスですが、場合によっては例外もあります。

葉が切り取られたら、花の塊が付いた茎を吊るして乾かします。 市販の医療/嗜好大麻は、通常、栽培環境の湿度を45〜55%にコントロールして乾燥されます。乾燥はバクテリアや真菌が増殖するのを防ぐために重要です。そして、水分を除去することによってマリファナの寿命を維持し、長くします。

乾燥後、花房は茎から取り除かれ、30日間以上硬化されます。硬化の過程は、乾燥マリファナを取り出し、それを暗い場所に置き、密閉された気密容器中で熟成させます。 それはマリファナをより喫煙しやすくし、風味を改善し、燃え方の質、そして荒々しさを軽減すると考えられています。

栽培者の中には、硬化の必要性を感じない人もいます、この段階はあなたの任意選択です。マリファナを乾燥させて硬化させたら、喫煙、気化、または食用にすることができます。

 

 

 

ブログをシェアして、この情報を広めよう!下記のコメントかソーシャルネットワークでも話を聞かせてくださいね!

 

 

 

トライコーム、カンナビノイドって何!?基本の医療大麻知識が全部学べる

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top