【大麻栽培】屋内vs屋外 大事な3つの違い

outdoor growing plant marijuana

大麻の「屋内栽培」と「屋外栽培」どう違う?

それぞれの特徴や長所と短所って何・・・!?

大麻は昔から屋外で栽培されており、最古の存在する農作物の一つであります。屋内での大麻栽培の歴史は一世紀未満で、それは大麻の禁止から来たものです。大麻禁止の法律から栽培家達を守る為に、大麻の屋内栽培が始まったのです。現在の素晴らしいカンナビス製品の進歩は、ほとんど屋内栽培の時代に作られました。

技術が進んでいるように、この業界も飛躍的に植物の知識を広げることができました。屋外栽培を成功させるのに、南オレゴン州とカリフォルニア州北部のような場所が最適だったのです。

この違いは、大麻栽培をしたい人に限らず、ディスペンサリーのカウンターで屋外(アウトドア)と屋内(インドア)の大麻製品を比較する消費者にとっても大事なのです。

大麻の産物結果に環境がどのように影響をおよぼすのか、屋内か屋外を選ぶ際に栽培者がどのような配慮をしなければばらないのか?

 

 

 

管理された気候 vs 自然気候

indoor

屋内栽培では制約が少なく自由に場所を選べる。屋内栽培は自分の環境を完全に管理でき、管理がわりと簡単です。温度、光、CO2の生産、と湿度を管理することで屋外の風雲リスクにさらされる事なく植物を最適で安定に成長できるため、一般的により高いTHC%の花がなります

一方、電球は太陽特有の同じ光スペクトルを作ることができないので、屋内栽培は収穫率が低い、あまり健よかな植物ができないなどと限界がある。

屋外栽培は大麻の生産に適した良好な太陽の露出、暑い日、暖かい夜、低い湿気の気候が必要で、屋外栽培は特に難しい。屋内では複製ができないような、自然ならではの屋外環境を持っています。

例えば、外で栽培された大麻植物は、生息地を共有する自然の捕食者が大麻をダニから守るので農薬や殺虫剤をあまり使わくていいという利点があります。ハチ、アリ、てんとう虫等は植物からダニの集団を減らす「自然のヘルパー」なのです。

 

 

 

屋内の栽培費用 vs 屋外の栽培費用

Japanese yen isolated on white background

どちらも共に先行投資が必要ですが、その違いは長期にわたると明らかになります。

地元の屋外気候が大麻栽培に適さない場合、屋内で適した栽培環境をつくることができるが、屋内栽培は気候管理システムに費用がかかるに加えて、少ない収量に対していつも継続的に刈り込み、囲いをつける、水配給、栄養配給、収穫作業を常に行うので人件費がかかる。

屋内のコストは年間の収穫を通して繁殖プロジェクトで取り戻せるでしょう。そして、強力な品質は販売時に高いポイントとなるでしょう。

大きな産出がある屋外栽培では、収穫までに4人の従業員フルタイムで作業することができます。

エネルギーコストの上昇と市場での大麻需要増加で、屋外の栽培はよりリーズナブルな価格で品質商品を市場に出すことができるかもしれません。

 

 

 

屋内大麻品質 vs 屋外大麻品質

weedquality

屋内の商品はトップのレベルだと認識されています。あなたの環境を管理できるようにして繁殖を促進することで美しい風味の大麻ができる。屋内の植物は雨風等の自然からのダメージを受けなくていいので、自然より高CO2レベルでバッズが育ち、屋外では手に入りずらいTHCレベルをつくり出します。

屋外の花はもちろん自然によるので気まぐれです。見た目は完璧じゃないかもしれないが味、効果、香りはまだ残っているでしょう。自然の太陽の元で育ったオーガニックカンナビス(有機大麻)を好んでいる人も多いです。

多くの屋外の大麻農家は、部分的な州法および連邦法の間の問題で、彼らの製品を育成するためにリスクを考慮する必要がある。

例えば、収穫がとても速くて結果的に硬化してないうち市場に出すこともしばしば、積極的な取り扱いが必要とされるのだが、法律が変更すれば処理に自分の時間をかけて屋外で育てることができるので、品質の向上が表示されるはずです。

最近、この2つ間のバランスを持つ、商業用のグリーンハウスという栽培方法が出てきました。グリーンハウスとは温室栽培で、いわゆるビニールハウスでの栽培に当たります。この栽培のスタイルは、新興産業にみるとってもわくわくする高品質の結果を生んでいます。

 

 

大麻についてもっと学びたい?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 屋外の物は無数の虫の死骸や糞などがバッズに入り込んでいる可能性を考えてしまう
    土を使わない室内水耕がベストな気がします

    • 確かに、屋外で育つからには虫は無視できる問題ではありませんね。(←真剣ですw)
      室内での水耕栽培も近々ブログに載せてみようと思います!
      ナイスアドバイス有難うございます。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top