Taima University

【最新】フランスが世界初CBDコーヒーショップをオープン!

【最新】フランスが世界初CBDコーヒーショップをオープン!

 

フランスでは、THCが0.2%未満の大麻製品を販売することが認められています。

欧州連合(EU)諸国の中で、フランスは大麻に対して厳しい法律を持っています。しかし、およそ6,700万人の人々が使用しており、ヨーロッパで大麻消費の割合が最も高い国の一つです。

その需要を再確認したのか、一部のフランス企業は法律を破らないように、みんなの大麻欲求を満足させる方法を見つけました!!

 

フランス全域では、カンナビスや麻製品を販売している「コーヒーショップ」が誕生しています。

THCを含んだ製品は一切扱って無く、これらのコーヒーショップはCBD製品を専門に販売しています。

 

 

 

最新のCBDのコーヒーショップがオープンするパリ
cofyshop1

パリの第11区(11th arrondissement of Paris)には、CBD製品を販売しているショップ「Cofy Shop」の外に、CBDを買い求めに来た買い物客が並んでいます。

棚の上には、ティンクチャー/チンキー、シロップ、ジュース、食べ物、塗り薬、さらにはハーブに至るまで揃っており、THCはごくわずか(ほぼ含まれていない)。 テトラヒドロカンナビノール(THC)は、カンナビノイドであり、一般的にハイと呼ばれる幸福感覚を生成する。

CofyShopでは、THCを0.2%以上含むものは扱っておらず、 麻や大麻から作られたCBD製品の多様な品揃えを扱っています。

sellindcbdherb

理論的には、THCは0.2%未満とされていても、人によって、得に初心者のお客様は、うっすらハイを感じる人もいるようです。少なくともリラックスできる効果や感覚はあると言います。

カンナビジオール(CBD)は、大麻中の主な治療化合物の1つです。 CBDの医薬用途には、リラックス効果や、不安を取り除いてくれる効果が含まれています。

世界中の研究者は、CBDがどのように神経疾患を治療し、発作を減らし、癌と戦い、炎症を軽減できるかを研究しています。 研究者たちの発見は、多くの病気に対する治療薬としてのCBDの有効性に関する事例的証拠を裏付け続けている。

フランス全域でのCBD製品の利用可能になったのは、大麻の法律が緩和された為です。 CBDの合法性に対する認識の高まりは、コーヒーショップの出現にも表れているようです。

 

 

 

フランスの厚生労働大臣は、CBD製品が法的であると発表

france-weed
2017年5月、新たに選出されたエマニュエル・メクロン大統領はAgnèsBuzynを連帯と健康の大臣に任命した。 その年の11月に、Buzynは大麻と大麻由来のCBD製品の合法性に関する声明を発表した。

Buzynは医療用大麻の使用を支持し、それへのアクセスを拡大する方法についての議論を再開しました。 フランスは2013年に大麻を医療用途に合法化することを合法化しましたが、この法律の制限により、大部分の患者にとって大麻を始めるきっかけとはなりませんでした。

しかし、11月にBuzynは2つの条件の下でCBDの公共消費は合法であると発表した。

・第1に、製品はTHCの0.2%の限度に従わなければならない

・第二に、生産者と小売業者は、製品に関する健康上の主張や報告を届ける必要がある

tastyhempoil

フランス当局はまた、これらの店舗の活動を注意深く監視しており、違法な製品が棚に残らないようにしています。

CBD製品は、フランス全土で人気が高まっております。一部の人々からの批判の声などはありますが、ほとんどの場合、市民はCBD製品は「弱い大麻」バージョンであると考えているようです。

大麻/CBDサポーターは、高品質の治療用製品にアクセスできる事をとても喜んでいます。

フランスのCBDコーヒーショップは、近隣のスイスから全てのCBD製品を輸入しています。 お店では、平均して「1g=約15ドル」でCBDを販売しています

 

 

 

日本にはいつ来る?未来の「CBDカフェ」!!!ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

カンナビジオール(CBD)はなぜトリートメントに効果があるのか?「全ての疑問、ここで解決!」

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top