Taima University

【薬物検査】大麻のTHCは体内にどれくらい残るの?

【薬物検査】大麻のTHCは体内にどれくらい残るの?

 

夢にまで見た福利厚生がしっかりした憧れの職場

うわっ、でも・・・薬物検査(ドラッグテスト)があるなんて!?

そんなときの為に、大麻愛好家は今から知っておこう!!

 

 

マリファナ大麻のTHCが体内に留まる時間は、喫煙頻度や代謝率などの多くの要素によって決まります。

マリファナ使用の問題は、他のレクリエーションドラッグと比較して、マリファナは体内にはるかに長く滞在することです。

大麻の有効成分であるTHCは脂溶性であり、体の脂肪細胞に残ります。その結果、特にあなたが定期的にマリファナを使用している場合、THCが体から排除されるまでに長い時間がかかります。

 

 

 

マリファナ薬検査はどのように機能するの?

yakubutukensa

薬物検査は、あなたのシステムのTHCまたはTHC代謝物のレベルを測定することによって、マリファナ大麻使用の有無を探します。THCが人のシステムに存在するかどうかをテストするには、いくつかの方法があります。

尿検査は、今日最も一般的な薬物検査方法です。 尿サンプルは通常、現場で採取され、次に検査するために検査室に送られます。THCはまた、毛髪、血液及び唾液中に検出することができます。

髪の毛テストは、尿よりも長い期間さかのぼって検出することができるので、過去90日間に摂取された薬物を検出することができます。一方、血液や唾液検査は、過去数時間のマリファナ使用だけを示します。

 

 

 

尿検査:THCは尿にどれくらい滞在するの?

Urinalysis_Marijuana_

尿検査は、マリファナの使用を見出す最も一般的な方法です。 米国では、雇用主はしばしば尿検査を受けるように求めます。

そこで!あなたが吸うのを止めた後、尿にはどのくらいの期間マリファナが現れるのか?残念ながら、今の唯一の答えは、「場合によります。」

 

 

THC vs THC-COOH

THCは、マリファナの有効成分で、ハイの原因となる化学物質です。 しかしながら、尿検査はTHC-COOHと呼ばれる異なる化学物質を検出します。

THC-COOHはTHCの代謝産物です。それは、肝臓がTHCを分解し、体内にずっと長く留まるときに生成されます。企業が使用するドラッグテストのTHC-COOHの最も一般的な上限は50ng / mLです。

 

 

検出期間の長さ

THCの代謝率は人によって異なるため、マリファナが陽性と判定される期間は誰も実際にはハッキリと言えません。THCがどの程度速く代謝されるかに関わる要因には、運動、食習慣、体脂肪率などがあります。

使用頻度とマリファナ消費の量で、あなたの体にTHCが留まる時間の長さを変えることもできます。研究は、個人がどのくらいの期間、尿中のマリファナが陽性と判定されるかの平均を示しています。

 

how-thc-system-chartjpjp

・時々の使用者

米国薬物検査所(NDCI)の結果によると、時折喫煙するか、初めて喫煙した人は、1-3日間後は陽性と診断される可能性が高い。

しかし、4日目の終わりまでに、安全値の50ng / mLよりも低い値にあるでしょう。

 

・頻繁な使用者

マリファナを最後に使用してから7〜10日間は陽性であることが多いと考えられます。 NDCIによると、頻繁な使用者は10日後には安全値の50ng / mL以下までさがり、尿検査に合格するだろうと考えられています。

しかし、大麻の喫煙者が10日後にTHC代謝産物を含まないという保証はありません。 いくつかの使用者は最後に使用してから最大1ヶ月間陽性を確認することが可能であることが研究によって示されています。

1つの極端なケースでは、大麻を大量に10年間使用したと報告した人は、最後に使用してから67日まで陽性を示したとあります。

 

 

 

尿検査:合格する方法

マリファナを身体のシステムから洗い流すことによって薬物検査に合格することができると歌っている多くの製品があります。多くの場合、尿洗浄剤および解毒剤として販売されているこれらの製品は、活性炭やレシチンなどの様々なハーブ成分または無毒な化学物質を含んでいます。 残念ながら、多くの人がこれら製品の使用を考えていますが、一貫して動作することは証明されていません。

尿試験に合格するための他の戦略には、尿中に不純物を追加して偽造する、または清浄な尿に置換るという方法もあります。尿試料に追加することができる一般的な有害物質には、亜硝酸塩、グルタルアルデヒド、酸化剤(漂白剤および過酸化水素など)、酢およびレモン汁があります。

ですが、薬物検査をだますこれらの試みは非常に危険であり、望んでいた効果を達成することができないことも多いです。ほとんどの薬物検査会社は、偽造された検体を特定する予防措置を持っています。

例えば、研究室では微量の不純物を試験し、尿サンプルが正常であることを確認するために様々なパラメータ(例えばpHレベル)を測定しています。

 

 

・尿を薄める

過剰量の液体を飲むことによって尿を薄めることは、実際に薬物検査に合格するのに役立つかもしれない1つの戦略です。実際、尿検査前に大量の水を飲むと、尿検体のTHC-COOHレベルが低下し、検査結果が陰性になることがいくつかの研究で分かっています。

この戦略を使うには、薬物検査を受ける1〜2時間前に、できるだけ多くの水を飲むことをお勧めします。 コーヒーやクランベリージュースなどの利尿剤もまた、尿の産生を刺激するのに役立ちます。

しかし、この方法は絶対に安全とは限りません。なぜなら、薬物検査会社は、尿サンプルを薄めたと検出することが多いからです。

あまりにも薄められた尿は、試験室で偽造されている可能性があると特定され、拒否される可能性があります。 それでも、これは状況に応じて再テストのためにある程度の時間を得ることができる。

 

 

 

血液検査:THCは血中にどのくらい留まりますか?

thcbloodtest

尿検査とは異なり、血液検査は体内の活動THCの量を測定するのに使用されます。 喫煙後、THCはすぐに血流に入り、最初の数分で100ng / mLを超えるピークレベルに達します。 しかし、THCレベルは最初の1時間後すぐに1桁に低下します。

この急速なTHCの血中濃度低下は、運転手のマリファナテストに最適であると考えられています。 コロラド州では、運転手が血中に5ng / mL以上のTHCを持つことは許されていません。マリファナを1回使用した後、THCレベルは3〜12時間で1ng / mL以下に低下します。

重度の大麻使用者は体内の他の部分への化合物の吸収が遅いため、血中にTHCが長く留まるようです。 重度の大麻使用者は、最後に使用してから7日間以内は、血液中のTHCが陽性と検出される可能性があることが研究によって示されています。

 

 

 

唾液検査:THCはどれくらい唾液に留まりますか?

salivatest

唾液検査では、口腔液中のTHC濃度を測定します。 血液検査と同様に、過去数時間以内にマリファナが使用されたかどうかを確認するために唾液検査が行われています。 唾液検査は、運転手のマリファナテストに最も一般的に使用されます。

あなたが喫煙すると口の内面はTHCを吸収し、あなたの唾液にTHCが残ります。唾液検査は、血液検査よりもはるかに簡単で痛みもありません。 しかし、これらは比較的新しいものであり、血液検査よりも一般的ではありません。

THCは、マリファナを使用してから24〜34時間まで唾液中に検出されることが研究によって示されています。 ある研究では、検出期間は平均12時間であると解っている。 典型的な唾液検査の上限THCレベルは1〜2ng / mLです。

 

 

 

毛髪検査:THCは髪にどれくらい滞在しますか?

hairtest

毛髪薬検査は、人の髪の毛のTHCおよびTHC代謝物を検出することができる。 ヘアーテストは、他の薬物検査と比較して、最も長い検出期間を提供し、約90日間過去までさかのぼることができます。

THCおよびTHC代謝産物は、血流から移動して、毛髪の球根または軸に結合し、毛が成長するにつれて毛髪に残ることがあります。また、THCは間接喫煙によっても毛髪に組み込まれることが研究によって示されている。

THC-COOHはマリファナの煙に含まれていないため、髪検査は通常、THCの代わりにTHC-COOHのレベルを測定します。 ヘアテストは、通常、1μg/ mLの上限でTHC-COOHを探します。

定期的なマリファナ使用者は、時間の経過と共に髪にTHC-COOHが蓄積するため、髪のテストで陽性と判定される可能性が高くなります。

 

 

 

間接喫煙(副流煙)は検査で陽性を引き起こしますか?

secondhand

研究によれば、マリファナの喫煙の副流煙等の間接的なマリファナ喫煙でも、実際にTHCの陽性を検査することが可能であることが研究によって示されています。間接喫煙でマリファナを吸った人々の髪、口腔液、血液および尿中には、マリファナの形跡が見つかっています。

ある研究では、換気されていない小さな部屋でマリファナを吸っている人の横で座っていた人が、尿検査で50ng / mLの上限を超えて陽性が示されたとされています。

しかしこれらは、極端な場合にのみ起こりえますが、間接喫煙でも人が薬物検査で陽性と判定するのに十分な影響があると言うことが解っています。近い将来に薬物検査を受ける予定があるならば、最も安全なのはマリファナへの間接喫煙をも避けることです。

備えあれば憂いなし。

 

 

 

検査が近い!?ブログをシェアして友達にも教えてあげよう!下記のコメントかソーシャルネットワークでも話を聞かせてくださいね!

 

 

マリファナの歴史?大麻エディボー料理に、医療大麻って何だ!?基本のカンナビスが全部学べる

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top