Taima University

【難病と医療大麻】優しく和らげ治療する!「多発性硬化症(MS)」

【難病と医療大麻】優しく和らげ治療する!「多発性硬化症(MS)」

 

「多発硬化症(MS)」治すのが難しいこの病と症状

色々試したけど効かなかった人達へ・・・

医療大麻がその答えとなるかもしれません!?

 

 

 

ザック(Zach)の場合

医療大麻は多発硬化症を患う人達へ安堵感と救済を提供しています。医療大麻患者のザック(Zach)と呼ばれる男、 彼は2010年以来医療大麻が合法であるアリゾナ州フェニックスに住んでいます。

ザックは手と足のうずき、バランスの問題、頭と脊柱の上の痛みを患っています。 彼はまた、口が空なのにルートビールの味がしたり、突然アンモニアの臭いがしたり、そこにはないはずの列車の音を聞いたりするような症状「ファントム感覚」を持っています。

彼は言います、「この診断をうけた後に、たくさんの人に医療用大麻を勧められましたが、私にとっては大変な決断でした。私は昔ながらの古い人間で、これまでの人生で酔っぱらったこともない酒も飲まない人だったので、大麻使用に対しても守りが固くなっていました。」

しかし、ザックの多発硬化症は進行しており、毎日症状が現れました。 「その症状は私の全身に影響し、自由に動き回る事さえ難しく、更に右目を失望していました。だから、もうここまで来たなら、もう何でもいいから効果があるものを全て試したいと私は思いました。

 

 

 

医療大麻が扱う症状

ほとんどの医者は、まず従来の薬を試してみるまで、医療大麻を使用するよう推奨可能性は低いですが、あなたが大麻合法の場所に住んでいる場合、医者から追加の治療薬としてそれを推奨される事があるかもしれません。

更なる詳しい研究は必要ですが、いくつかの研究は多発性硬化症の症状を治療できることを既に示しています。

 

神経の痛みおよび睡眠障害:大麻ベースの抽出物(1:1のTHC:CBDを含む口腔粘膜スプレー)の2005年の「ゴールドスタンダード」試験によれば、大麻ベースの薬物療法は疼痛を治療するプラセボの2倍の効果があり、睡眠に3倍の効果があります。

炎症関連の問題:身体の免疫細胞が中枢神経系を攻撃するため、神経組織の炎症が一般的です。大麻の十分に確立された抗炎症効果は、多発性硬化症患者を助けることができる。

筋痙攣:医療用大麻は、痙攣を和らげ、腕と脚をより自由に動かせるようにします。2014年の系統的レビューは、大麻ベースの医薬品が筋痙攣の治療に非常に有効であるという高品質の証拠を提供した。

腹部の苦しみ:頻繁にトイレに行きたくなる衝動の原因となるけいれんを和らげることができます。多くの科学者はカンナビノイドが消化管の反応を制御し、胃腸の問題を調節するのを助けると信じています。スコットランドの研究者Roger Pertweeの調査によると、回答者の51〜60%の排便緊急性の低下、失禁の低下44%、便秘低下の30%を報告している。

気分の問題:ほとんどの多発性硬化症患者は、うつ病または少なくとも永続的な気分の問題を経験するでしょう。 Pertweeの調査によると、多発性硬化症患者の90%以上が大麻植物での気分改善を報告しています。

 

ザック氏は医療マリファナの効果について「アスピリン(鎮痛剤)のように直ちに効くというより、痛みをソフトに丸みを付けて和らげてくれるそんな効果。」「医療大麻は、使い始めて今日明日に効果が出るという事ではなく、自分の身体がこの新しい薬(医療大麻)に慣れてどういったものか理解するまでに数週間かかります。」と語っています。

 

 

 

どのように摂取するの?

医師は、大麻を喫煙する代わりに錠剤やオイル、スプレーの形状になっている医療用マリファナの使用を勧めています。

「理論的には、喫煙した大麻でも、他の形態で摂取した大麻でも同じくらい効果的な治療を得られる」とハーバード大学医学部の助教授ケビン・ヒル博士は語っています。

しかし、喫煙は肺に悪いので、大麻喫煙を取ることを医者はお勧めしません。 また、医療大麻を錠剤やスプレーの形で使用すると、どのくらいの薬に含まれる化学物質を摂取するかを医師が説明しやすくなるので薬をコントロールするのに役立ちます。

 

 

 

リスクはありますか?

大麻やマリファナには他の薬と一緒で、少なからずいくつかの副作用や短期的・長期的なリスクがあるとケビン・ヒル博士は言う。大麻をお楽しみで使おうと、薬で使用しても同じです。

報告されている短期的なリスク:

・ハイ(精神活性)になる
・心拍数の増加
・動作がゆっくりになる
・調整とバランス
・めまい
・口渇
・眠気

大麻を毎日使用した場合の長期的リスク:

・複雑な思考をしてしまう
・不安
・気分のむら

ザック氏は、彼が気づいた唯一の副作用は、服用後の頭の中の「ぼやけた感情」だと語る。 しかし、彼は他の薬も一緒に使っているので、どの薬が原因でその感情を引き起こしているのかを知ることは難しいと言います。

 

 

 

中毒になることはありますか?

「アルコールを使用するほとんどの人々のように、大麻を使用するほとんどの人々は中毒の問題を生じません」とヒル氏は言いますが、一部の人にとってはその可能性があります。

ヒル氏によると、大人の約9%、マリファナを使用する若者の約17%が中毒になる言われています。

中毒を恐れるのであれば、あなたの医者や指導者の監督の元で多発性硬化症を治療する時のためだけに使用する方が良いでしょう。

 

 

 

多発性硬化症って知ってる?ブログをシェアして友達の意見も聞いちゃおう!大麻レビューは口コミにて!下記のコメントかソーシャルネットワークでも話を聞かせてくださいね!

 

 

マリファナの歴史?大麻エディボー料理に、医療大麻って何だ!?基本のカンナビスが全部学べる

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top