Taima University

【麻産業】2022年の北京オリンピックで「麻(ヘンプ)」が大活躍!?

【麻産業】2022年の北京オリンピックで「麻(ヘンプ)」が大活躍!?

 

話題の植物「麻」が世界の舞台へいよいよ進出!

2022年、北京の冬季オリンピックで麻繊維が活躍する・・・!?

 

この国際的なスポーツの祭典、これに向けてあの最強植物「麻」の繊維とコンクリートがあの競技へ参入!?

 

 

 

麻(ヘンプ)コンクリート

2022年の冬季オリンピックのために世界各地の選手が中国に集結するにつれて、工業用大麻の麻繊維で補強されたコンクリートの上をボブスレーの選手が通過する事で注目されるようになります。現在、北京のすぐ外にある山岳地帯である延慶(Yanqing)のXiaohaituoボブスレーとリージュトラックで建設されています。

カナダのアルバータ州カルガリーに本社を置く加工業者カナディアン・グリーンフィールド・テクノロジーズ社(Canadian Greenfield Technologies of Calgary、Alberta)は、ダウンヒル・トラックの建設に使用されている麻繊維から作られたコンクリート添加剤であるNForce-Fiberの製造業者です。この製品は、新しく注がれたコンクリートが乾燥して亀裂が発生するのを防ぎます

グリーンフィールド・テクノロジーズの副社長兼ゼネラルマネージャであるスティーブン・クリステンセン(Stephen Christensen)は、建設貿易雑誌であるジャーナル・オブ・コマース(Journal of Commerce)に、コンクリートを強くするために使用できる材料がオリンピック競技に必要な厳しい規定を満たしていなかったと語った。

クリステンセン氏は語る、「銅は高価であるため、あまり頻繁に使用されていない。ガラスは主に装飾用コンクリート製品に使用されている。 最も一般的に使用される繊維は、コンクリートとの結合よりもむしろ繊維がくぼみに付着するという点で疎水性のあるプラスチックです。繊維もまた出っ張るので、製品を仕上げるのが困難になります。」

麻繊維は、大規模な建設現場でノズルを通って圧送されるショットクリートまたはコンクリートに適しています。クリステンセン氏は、同社はさまざまな選択肢を研究し、天然繊維が最も優れていることを発見したと言います。

「最も強力な天然繊維は麻である。麻は、コンクリートと物理的および化学的に結合し、表面の滑らかさに影響を与えるために引き抜く前に壊れてくれます。」とChristensen氏は語った。

 

 

 

新技術で製造された製品

NForce-Fiberを生産するために、Greenfield Technologies社は、デコレーション(decortication)と呼ばれる工程で、茎繊維から麻繊維を除去する新しい方法を開発しました。

クリステンセンは述べた、「これは、一般的には、ハンマーミルと呼ばれる100年前の技術を用いて達成される」 「ハンマーミルとは、ハルドが強制されるまで、ハンマーを使って格子に対して茎を砕くことから成っています。しかし、それは実際に繊維を損傷しています。繊維を粗く強く保つために、デコレーション工程のために独自の機械を開発しました。」

同社は、アルバータ州の大麻種子農家の茎が原料です。繊維が分離されたら、それらを処理してコンクリートとの相溶性を高めます。この製品は1ポンドの袋で入手可能で、袋の中には、コンクリート一立方メートル当たり3ポンドまたは4ポンドの比で、湿式または乾式のコンクリートミックスが直接含まれています。

NForce-Fiberで強化されたコンクリートは、すでにブリティッシュコロンビア州のプール、装飾設備、スケートパークなどの建設プロジェクトで使用されています。

NForce-Fiberの優れた性能に加えて、NForce-Fiberは建設業界に多彩な機能を提供します。麻繊維は、大規模な建設現場でノズルを通って圧送されるショットクリートまたはコンクリートに適合しています。他の繊維は、このプロセスには不適当である場合があります。

”ショットクリート”とは、コンクリートやモルタルを圧縮空気によって、メタルラスやラスシートに高速で吹き付ける施工方法ですが、「このNForce-Fiber製品はショットクリートに添加することもできます。これは、ショットされている間に繊維が飛散する問題を解決します」と、クリステンセン氏は言います。「これは非常に接着性があり汲み上げが可能であるので、製品を落とすことなく、一度に高さ2.5メートル(8ft)の束を吹き付けることができます。」

クリスチャンセンはカルガリーヘラルドに、美容製品や猫のごみを含む他の麻製品を製造するグリーンフィールドテクノロジーズの知名度が、オリンピック施設のニュースで急上昇したと語った。「私たちは成功すると思っていましたが、ボブスレーのような具体的な大きいプロジェクトはあまりありませんでしたが、今や、私達は国際的に認められているのです!」とクリステンセン氏は言う。

 

 

 

ブログをシェアして友達の意見も聞いちゃおう!下記のコメントかソーシャルネットワークでも話を聞かせてください!

 

 

マリファナの歴史?大麻エディボー料理にテルペン、医療大麻って何だ!?

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top