Taima University

あの有名セレブまで!?マリファナ(大麻)を吸っている意外な芸能人

あの有名セレブまで!?マリファナ(大麻)を吸っている意外な芸能人

 

「・・・、かっこいい!!!」

海外セレブがマリファナ(大麻)を吸っているなんて、今じゃ当たり前!!

多くの有名人や芸能人が、カンナビスの合法化を主張しています。

ここに、大麻喫煙をしている海外セレブ【ベスト10】を紹介します。これらの有名人は、彼らが大麻を吸うという事実を隠したことは無く、マリファナ吸引を正式に認めているばかりです。

 

 

 

10.ナタリーポートマン

natalie

彼女は「ストーナーのコメディが大好きです。 私は大学で大麻を吸ったが、今は何年も喫煙していない」と彼女はエンターテインメントウィークリーに語った。

「もう年を取りすぎています。 マリファナ喫煙はクールと思っていますが、私は今は老人のようです。 午後10時までには寝ています。 もうマリファナをすることはできません。」この彼女のコメントは、彼女が妊娠を発表する前にされている。

年齢:36

出身地:エルサレム、イスラエル

 

 

 

9.ブラッドピット

brad.p

ブラッド・ピットはビル・マーハーに、ジョイントを巻く「アーティスト」であると語ったが、彼が子供を持ち父親になったときにマリファナを辞めた。

「私は今、お父さんです。私は大麻を吸ったら頭が霞むから、警戒したいのです。」

年齢:54

出身地:ショーニー、オクラホマ州、アメリカ合衆国

 

 

 

8.ジョージブッシュ

gergebush

ジョージ・W・ブッシュ元大統領は、過去のマリファナ使用について話すことを控え、「私はマリファナの質問に答えるつもりはありません。なぜかわかりますか?私が試したことを小さな子供にして欲しくないからです。」

年齢:70

出身地:ニューヘイブン、コネチカット州、アメリカ合衆国

 

 

 

7.パリスヒルトン

parishilton

パリスヒルトンは何度も大麻喫煙を発見されただけでなく、2010年に南アフリカワールドカップで逮捕されました。

年齢:36

出身地:ニューヨーク、ニューヨーク州、アメリカ合衆国

 

 

 

6.マドンナ

madonna

マドンナは過去にTV番組で大麻を吸うことについて非常に公言していました。彼女の息子のロッコは16歳の時にマリファナ所持で逮捕されましたが、ポップの女王マドンナお母様にとっては、そこまで大きな問題じゃないのかもしれません。

年齢:58

出身地:ベイシティ、ミシガン州、アメリカ合衆国

 

 

 

5.ジョージクルーニー

george.clooney

ジョージ・クルーニーは、「私は社会的に人生を正しい方法で生きていなかった。私は多くの女性とセックスしまくって、あまりにもたくさんのドラッグを使用しました。それは、事実である。ボングの中の水を飲んだこともある。」

年齢:55

出身地:レキシントン、ケンタッキー州、アメリカ合衆国

 

 

 

4.ミーガンフォックス

meganfox

2009年、メガンフォックスはGQに「マリファナが合法化されて欲しい、そうなった時は私がジョイントパックを購入する最初の人になる」と語った。

年齢:30

出身地:オークリッジ、テネシー州、アメリカ合衆国

 

 

 

3.ジョニーデップ

johnnydepps

ジョニーとカーソン・デイリーは、最も驚くべき喫煙友達。 2011年、カーソンはバニティフェアに、彼とジョニーは自分のTRL(Total Request Live)のドレッシングルームの中でタバコを吸ったと語った。 そして、ジョニーはタバコ以上のものを喫煙をしていますが、彼はかつてフィルムレビュー誌に「私は偉大なポットヘッドなんかではありませんが、大麻はアルコールよりはるかに危険が少ない」と話しました。

年齢:54

出身地:オーエンズボロ、ケンタッキー州、アメリカ合衆国

 

 

 

2.キャメロンディアス

camerondiaz

キャメロン・ディアスは、ジョージ・ロペスに、高校の同級生スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)からおそらく大麻を購入したと語った。 「私達は同じ高校に行っていました。彼は私よりも年上でした。私は彼を覚えています。彼は非常に背が高く、痩せていました。彼はたくさんのポニーテールを身につけていました…私は彼から大麻を購入したと確信しています。」

年齢:44

出身地:サンディエゴ、カリフォルニア州、アメリカ合衆国

 

 

 

1.マットデイモン

madddamo

マットはとても安全な環境でマリファナを始めました。 「私が初めて喫煙したのは、母と義父と一緒に家にいたときだった」とBBCのジョニー・ヴォーン・トゥナイトのインタビューで語った。「彼らは、どうせ僕がいつか大麻喫煙をするなら、家族と一緒にした方が良いと思ったようです。」

年齢:47

出身地:ケンブリッジ、マサチューセッツ州、アメリカ合衆国

 

 

 

一番最初に大麻使用を認める未来の日本有名人・芸能人は一体誰になるのでしょうか?

あなたが知っている大麻好き/好きそうな有名人は誰?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

大麻やマリファナを合法的に学習できる!?マリファナの正しい知識を身に付けよう!

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top