Taima University

あの植物にも!?大麻成分カンナビノイドを含んでいる植物とは

nonmjplanttop大麻やマリファナ以外の、ハーブやスパイスの植物にも、大麻成分の”カンナビノイド”が含まれているってご存知でしたか?

大麻以外で’カンナビノイドを含んでいる植物とは・・・?

カンナビノイドは、体内の大きな調節系と相互作用する化合物です。

そのシステムはエンドカンナビノイドとして知られており、私達の体内で恒常性を維持する役割を担っています。 恒常性(ホメオスタシス)とは、最適な健康状態に必要である完璧な身体内部バランスの事です。

 

 

カンナビノイドを含む非マリファナ植物

 

ヒマワリ – エキナセア(Echinacea)
nonmjplant1

エキナセアの薬効はよく知られており、広く使われています。一般的な風邪と戦うことから、不安、疲労、関節炎、偏頭痛、および他の病気の症状を緩和することまで、この植物は広範囲に渡って行うことができます。興味深いことに、これらの多くはマリファナで緩和されるのと同じ症状なのです。

いくつかの種のエキナセアにはカンナビノイドが含まれています。 具体的には、カンナビミメックスを含みます。これらハーブのカンナビメックスは、マリファナ植物で見つかるものとは少し異なりますが、それでもエンドカンナビノイド系に属しています。エキナセアの主要なカンナビノイドは、N-アルキルアミド(NAAs)です。

エキナセアのカンナビノイドは最もCB2受容体と相互作用します。この受容体は、免疫系、疼痛、および炎症反応の調節に大きく関与しています。 マリファナでは、精神活性のTHCがCB2受容体の主要な刺激物質です。この特定の受容体とTHCの相性は、部分的な炎症関連障害の治療に効果的である理由の一つである。

黄色い花のHeliopsis helianthoides(ヒマワリもどき属)も、これらのタイプのカンナビノイドを有することで知られている。

 

 

エレクトリックデイジー ‐ アクメラオレラセア(Acmella oleracea )nonmjplant2

キク科で、歯痛治療としても知られているアマゾン原産の植物は、強い痛みを伴う鎮痛剤ジェルを作ることができます。ケンブリッジ大学が実施したこの植物ベースのジェルの正式試験では、植物が神経終末で痛み受容体を遮断するのに成功していることが判明しています。

N-イソブチルアミドとして知られるカンナビノイドの様な化合物はCB2受容体に作用するので、この奇妙な見た目の花は、強力な鎮痛剤および炎症と戦ってくれる植物なのです。実際、強力な親知らずのような痛みを伴う病に取り組んでいる歯科医の新しい薬剤選択肢として現在検討されています。

 

 

ヘリクリサム アンブラキュライグラム(Helichrysum umbraculigerum)nonmjplant3

ムギワラギクに属する、南アフリカ産のこのデイジーは大量のカンナビゲロール(CBG)を含んでいます。 CBGは、抗鬱剤、気分安定化剤、および抗炎症性があります。

イタリアのナチュラルプロダクツ化学者、ジョヴァンニ・アペンディーノの国際カンナビノイド研究協会の年次総会で講演中に、ヘリクリサムの品種はアフリカ薬理学で「麻のように儀式で煙を作る」ために使用されていた事、また、植物の化合物が「精神病効果…カンナビノイドに類似している」ことを発表した。

 

 

リバウォート‐ リドゥーラ マージナータ(Radula marginata)nonmjplant4

苔類のコケであるこの植物は、THCの別のバージョンであるかもしれません。 このニュージーランドのliverwortは、大量のペロテチネン酸を含んでいます。2002年に初めて発見されたペロテッテニン酸は、THCととても似ています。 CB1受容体に作用することも期待されています。 CB1受容体はTHCの主要な結合部位であり、精神作用を与えるものである。

これまでのところ、このリバウォートには精神活性効果は報告されていない。しかし、この植物は歴史的に、胆嚢炎、肝臓および膀胱問題の自然療法として使用されてきました。 これは、これらの苔類に薬効があることを示しています。

 

 

チョコレート – テオブロマカカオ(Theobroma cacao)nonmjplant5

マリファナ喫煙者の間でよく知られているのは、大麻摂取の前にダークチョコレートを食べれば、ハイを増やしてくれるでしょう。 これはチョコレートが実際にエンドカンナビノイド系と相互作用する様々な化合物を含んでいるからです。マリファナにみられる非精神活性のCBDと同様、チョコレートには体内の特定の酵素と相互作用する化合物が含まれています。 この酵素はFAAHとして知られている。

FAAHは私たちの体内でアナンダミドと呼ばれるエンドカンナビノイドの分解に関与しています。 アナンダマイドはTHCの自然なバージョンです。チョコレートの化合物は、これらの酵素を不活性させ、体内のアナンダミドの量を増加させる。 これは、私たちが幸せで、リラックスして、一般的に良いと感じにさせてくれます。

さらに、1996年には、サンディエゴの神経科学研究所の研究者が、アナンダミドと、カンナビノイドとして作用するチョコレートの中の2つの別個の化合物を発見した。チョコレートはTHCが持つ強力な精神活性に似ています、脳や体にはあなたの予想以上に大きな影響を及ぼしている事は間違いありません。

 

 

黒コショウ – パイパーニグラム(Piper nigrum)nonmjplant

マリファナの中には、味と香りがあります。 これはなぜでしょうか? それらはβ-カリオフィレン(BCP)と呼ばれる高レベルの特定のテルペンを含んでいます。 テルペンは、植物エッセンシャルオイルに見られるアロマ分子です。 当然のことながら、この独特の風味は、黒コショウにも大きく見られます。

かなり最近、β-カリオフィレンは実際にカンナビノイドとして機能することが発見された。この記事に載せた他の植物化合物の多くと同様に、β-カリオフィレンはCB2受容体との結合親和性を持っています。研究は、このテルペンの抗炎症性化合物が、関節炎および骨粗鬆症のような状態を治療するのにに価値があることを示している。他の研究は、β-カリオフィレンが抗癌剤の有効性を高めることができることを示している。

 

 

以上、エンドカンナビノイド系に関与していることが判明した植物の一部です。

いくつかの他のものに、ペルーのマカや、中国のツツジがあります。 研究が進むにつれ、もっと多くのことが確実になっていくでしょう。

マリファナの植物は、私たちの体内にあるエンドカンナビノイド系の発見を導きました。現在、植物学者や自然科学者は、植物カンナビノイドが私たちが思っているよりも一般的であることを発見しています。

上記に挙げた全ての植物は価値ある治療特性を有しています。 それらの多くは何世紀も伝統的な医薬品として使用されてきました。 私たちは、なぜこれらの植物がとても有効であると証明されたのかを理解し始めているところです。

これらの植物を天然医薬品として使用したことはありますか? どのようにあなたの身体に働きましたか?

ソーシャルメディアや下記のコメント又は直接私達にお知らせください!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 素晴らしい情報、ありがとうございまーす。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top