Taima University

えっ、こんなにあるの!?大麻合法の国と非犯罪化の国々!(2017年)

weed-legal-country

 

こちらの色が付いたMAP、何で色分けされていると思いますか?

青、オレンジ、ピンク、赤、白と色分けされていますが、この色は意味する事とは!?

正解は・・・

「大麻の合法性を示した世界地図」でした!!!

※大麻の法は常に急速に進化しているので、このリストは古くなっている可能性があります。

 

 

「大麻の合法性を表した世界地図」

weed-legal-countr.jp

大麻やレクリエーション用の大麻の適法性は、国によって異なります。 大麻の所持は、国際アヘン条約(International Opium Convention:1925年)においてハシッシュと呼ばれるインド大麻についての合意の結果として、ほとんどの国では違法であります。 しかし、多くの国が少量の大麻の所有を非合法化している。 以下のリストを参照してください。

米国では、医療カナビスは州、領土、インディアンリザベーション、コロンビア特別区の法律によって許可されていますが、医療およびレクリエーションの使用は連邦法によって違法です。 連邦法が支配している間、オバマ政権は、地元の医学的およびレクリエーション的マリファナ法に従って行動する使用者を起訴しないことを選択しています。

2017年現在、オーストラリア、バングラデシュ、カンボジア、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、チェコ共和国、ドイツ、インド、ジャマイカ、メキシコ、オランダ、ポルトガル、南アフリカ、スペイン、ウルグアイおよび一部の米国の管轄区域は制限的な大麻の法律です。

一方、中国、エジプト、フランス、インドネシア、日本、マレーシア、ナイジェリア、ノルウェー、フィリピン、ポーランド、サウジアラビア、シンガポール、韓国、タイ、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦およびベトナムは 厳格な大麻の法律です。

 

大麻がそこまで厳しくない国リスト

 

国/領域 所持 販売 運搬 栽培

 ボリビア

違法だが、非犯罪化 違法 違法 違法

 アルゼンチン

違法だが、少量の個人的使用は非犯罪化 違法 違法 違法

 オーストラリア

医療的および科学的目的は合法、ノーザン・テリトリー、サウス・オーストラリアとオーストラリア首都特別地域での個人的な使用は非犯罪化 違法 違法 医療的および科学的目的は合法、オーストラリア首都特別地域とサウス・オーストラリアでは、1つまたは2つの植物を個人的に使用のためにプライベート的に育てることができます。 ノーザン・テリトリーでは、2つまでの植物の個人的な栽培が非合法化されています。

 オーストリア

2016年1月現在、最高5グラムの所持が非犯罪化されている 違法 違法 違法

 バングラデシュ

違法ですが、大部分は寛容です 違法ですが、大部分は寛容です 違法 違法

 ベルギー

違法(3グラムまで非犯罪化) 違法 違法 違法(植物1つは非犯罪化)

 ベリーズ

違法ですが、大部分は寛容です 違法 違法 違法

 カナダ

違法(医療用使用は合法) 違法
(一部の都市で規制されている)
違法 違法(少量の植物は許容される)

 チリ

違法(非犯罪化) 違法(医療目的のみok) 違法(医療目的のみok) 合法

 コロンビア

個人使用での最大22グラムまで合法、医療的または科学的目的で「National Anti-narcotics Council」の許可を受けていれば制限はない 医療的または科学的目的は合法 医療的または科学的目的は合法  医学的または科学的使用で「National Anti-narcotics Council」によって許可されている場合は、個人消費用で最大20の植物が合法。

 コスタリカ

違法(非犯罪化) 違法 違法 違法(非犯罪化)

 クロアチア

違法(非犯罪化)(医療用途のみok) 違法(医学的使用のみok) 違法 違法

 チェコ共和国

違法(15gまでの所持は非犯罪化) 医療大麻販売は合法、その他は違法 違法(15gまで非犯罪化/法的にライセンスを受ける医療対象) 違法(植物5つまで非合法化/法的にライセンスを受けた医薬目的のための栽培)

 エクアドル

違法(10グラムまで非犯罪化) 違法 違法 違法

 エストニア

違法(非犯罪化) 違法 違法 違法

 ジョージア

違法だが、個人的使用のための所持は非犯罪化されている 違法 違法 違法

 ドイツ

医療目的のために合法。
レクリエーション消費は自己害とみなされることをベースに合法である。
処方箋のある人は合法
(または、「連邦医薬品医療機器連盟」による許可が与えられている場合)
処方箋付きは合法
(または、「連邦医薬品医療機器連盟」による許可が与えられている場合)
違法
(「医薬品および医療機器連邦機関」の許可を得ている場合は合法)

 ギリシャ

違法(ただし、裁判所で個人的な使用と確かめた場合、0.5グラムまたは1純粋な/ 2不純な大麻のタバコの量は非犯罪化) 違法 違法 違法

 インド

連邦レベルでは違法です。
西ベンガル、グジャラート、ビハール、オディシャ、北東などのいくつかの州では合法または容認されています。
連邦レベルでは違法です。
西ベンガル、グジャラート、ビハール、オディシャ、北東などのいくつかの州では合法または容認されています。
連邦レベルでは違法です。
西ベンガル、グジャラート、ビハール、オディシャ、北東などのいくつかの州では合法または容認されています。
連邦レベルでは違法です。
西ベンガル、グジャラート、ビハール、オディシャ、北東などのいくつかの州では合法または容認されています。

 イスラエル

医療用使用は合法 違法(医療用使用のみ合法) 違法(医療用使用のみ合法) 違法(認可された医薬品提供者は合法)

 イタリア

違法(非犯罪化、医学的又は宗教的使用は合法) 違法 違法 違法

 ジャマイカ

違法(非犯罪化) 違法 違法 合法

 ルクセンブルク

違法(非犯罪化) 違法 違法 違法

 マケドニア

違法(医療使用の場合のみ合法) 違法(医療使用の場合のみ合法) 違法 違法

 マルタ

違法(3.5gまで非犯罪化) 違法 違法 違法(個人的使用のために大麻植物を栽培することは、強制刑期または執行猶予によって処罰されることはなくなり、専門医師は医療大麻を処方することが許可される)

 メキシコ

医療的および科学的目的は合法、個人的な使用は非犯罪化 違法 違法 医療的および科学的目的は合法、個人的な使用は非犯罪化

 モルドバ

違法(非犯罪化) 違法 違法 違法

 パラグアイ

違法(10グラムまで非犯罪化) 違法 違法 違法

 ペルー

違法(8グラムまで非犯罪化) 違法 違法 違法

 ポーランド

違法(医療用使用の場合のみ合法) 違法(医療用使用の場合のみ合法) 違法 違法

 ポルトガル

違法(非犯罪化) 違法 違法(非犯罪化) 違法(非犯罪化)

 プエルトリコ

違法(医療用途のみok) 違法(医療用途のみok) 違法(医療用途のみok) 違法(医療用途のみok)

 ロシア

違法(非犯罪化)、6グラムまでの量の所持 違法 違法(非犯罪化)、6グラムまでの量の輸送 違法(非犯罪化)、最大20の植物の栽培

スロベニア

違法(非犯罪化) 違法 違法 カンナビス栽培はカンナビス栽培者にとって、面積が0.1ヘクタール以下のTHCが0.2%以下である大麻を政府許可証付きで栽培することは違法ではない

 南アフリカ

合法 違法 違法 合法

 スペイン

合法(プライベートな場所でのみ、公共の場所で違法(非犯罪化)、罰金を科せられる)。70 / 100g以上の所持 (自治体によって異なる)は、人身売買の目的で所持されているとみなされる 表向きは違法なのですが、カナビスは民間喫煙者/大麻のクラブで入手することができます。それ自体を売ることは、たとえ最初の犯罪者であっても、あらゆる形で刑務所によって処罰されます。 違法(非犯罪化) 合法(自らの個人消費のため。植物が通り/公共の場所から見えるところに置かれている場合、それは行政犯罪です)

  スイス

違法(非犯罪化) 違法 違法 違法

 オランダ

5グラムまで非犯罪化(警察の管理の場合、没収される可能性がある)、公共の使用および「コーヒーショップ」での使用のため 「コーヒーショップ」のため非犯罪化 違法(「コーヒーショップ」は免除されているが、店舗に配給する栽培者には施行される) 違法(5つまでの植物を非犯罪化し、植物は一般的には破壊されている)

フィリピンン    

 違法(2002年の包括的危険な薬物の法律による医薬品の使用に関する規定。政府の承認待ち)  違法           違法  違法(医療的および科学的目的のみok)

米領バージン諸島     

違法(非犯罪化)、1オンスまでの量の所持 違法 違法 違法

 トルコ

違法(医療用途のみok) 違法 違法 医療的および科学的目的は合法

 ウクライナ

違法(5グラムまでの量の非犯罪化) 違法 違法(5グラムまでの量の非犯罪化) 違法(植物10まで非犯罪化)

 ウルグアイ

合法 合法 合法 合法

 アメリカ

連邦レベルで違法である(しかし、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、メイン州、マサチューセッツ州、ネバダ州、オレゴン州、ワシントン州、ワシントンDCの州レベルでは合法で、18州で非犯罪化、25州とグアムで医療的に合法。 すべてのインディアンリザベーションは大麻の法律を規制することが認められており、法律はリザベーションよって異なります)。 連邦レベルでは違法である(しかし、州レベルでは、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、メイン州、マサチューセッツ州、ネバダ州、オレゴン州、ワシントン州で州が発行したライセンスで法的に合法である。 大麻の法律を規制する法律はリザベーションによって異なる) 連邦レベルで違法である(しかし、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、メイン州、マサチューセッツ州、ネバダ州、オレゴン州、ワシントン州の州レベルで合法である。 ;法律はリザベーションによって異なります)。 連邦レベルで違法である(ただし、アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、メイン州、マサチューセッツ州、ネバダ州、オレゴン州の個人レベル/商業レベルで合法であり、ワシントンDCでは個人で商業ではなく、ワシントンでのみ商業ではない。 すべてのインドの予約は大麻の法律を規制することが許可されています;法律はリザベーションによって異なります)。

 

国レベルで完全な合法化を果たしたのは、ウルグアイのみとなっております。だけど、コロラドやカリフォルニア、連邦レベルで違法とは言え州レベルでは完全な合法のようなものです。きっと他の非合法化や寛大な国もそんな感じなんだろうな~と、思うと・・大麻に寛大な国めちゃめちゃ多いな!!!

あなたはどの国の法律が良いと思いましたか?

私はイスラエルの所持、販売、運搬は「違法であるが医療大麻は合法」栽培は「違法であるが認可された医薬品提供者は合法」と言う法律が、すごく明確で公平であり始めやすいため、日本でスタートするのには、まずはそこから始めるのが良いのではないかと思いました。

それから、少量の個人所持・使用の非犯罪化に移るというのが理想かなと。

 

 

ちなみに、医療大麻/大麻由来医薬品に関する各国の法規制に関する地図もご用意しました!

「医療大麻/大麻由来医薬品に関する各国の法規制」
legalmedicinaluse.jp

 

 

どちらの地図を見比べても、日本とその周辺のアジアの国は真っ赤っ赤です!!!

ん~~~、これは何かありそうな予感!

周辺アジアの国で最初に ”厳重な大麻違法国” から一抜けするのはどの国なのでしょうか?

 

大麻についてもっと詳しく知りたいたい人は「プロ・大麻ユニバーシティ」で大麻を学び、資格を取っちゃおう!

→http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] これ以外にも沢山あります。詳しく知りたい場合はこちらを見てみてください。 […]

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top