Taima University

さよならカドミウム!土壌を汚染除去して福島を救う方法

BRIDGWATER, ENGLAND - MARCH 10:  A masked protester stands in front of flags at the gates to the Hinkley Point nuclear power station to mark the first anniversary of the Fukushima disaster in Japan on March 10, 2012 near Bridgwater, England. Protestors planned to blockade the site at Hinkley,  which is located on the Bristol Channel and has been earmarked for a potential new nuclear power station, for 24 hours starting today. (Photo by Matt Cardy/Getty Images)

2011年3月11日 福島での惨事から早6年が過ぎた。

福島を救いたいという市民の声との涙ぐましい運動は後を絶たない。

しかし実際、日本の環境は一体どうなっているのだろうか?

有害金属、農薬、ガソリン、爆発物で汚染された地域は全国に広がっており、地元の生態系に脅威を与えています。

 

しかし大麻がお助けします!!!

麻が数十年間致命的な汚染物質を浄化するために使われていることが判明しました。 コロラド州立大学の研究者は、大麻は土壌に深く根ざした重金属や放射性毒素の除去に極めて有効であることを発見しました。

 

 

ヘンプとチェルノブイリ災害の関係性

Chernobyl

1986年に起こったウクライナの致命的核爆発であるチェルノブイリの後に、植物浄化という技術を使って、産業用麻が使われました。

ファイトレメディエーションは、緑色の植物を使用して汚染された土壌を除去、収容、または置換する新しい技術です。 これは、費用効果が高く、環境に安全なクリーンアップ過程と考えられています。

大惨事の後、近くの植物の餌を与えた牛や他の家畜を介して有害物質が食糧供給に入った。 政府は、土壌を浄化し、家畜が汚染されていない植物だけを食べる必要があることを条件に、毒素のさらなる拡散を早急に防止しなければならなかった。

分子生物学者で技術企業のPhytotechは、大麻植物が汚染された地域を清浄化し安定させる自然な能力を有し、チェルノブイリの場合、数千の麻の植物がその敷地内およびその周辺に植え付けられたことを発見した。

 

 

さらなる研究

healthyhemp

2011年に実施された中国のヘンプ株についての別の研究では、多くの麻種子が植物自体に損害を与えずに土壌中に多量のカドミウムを吸収して蓄積する能力を有することを見出した。

これは、食品安全な麻を栽培するための敷地の選択に様々な影響を投げかけている。そして、カドミウム汚染サイトは、特に、麻の主要なまたは専用の使用を行う植物浄化計画の恩恵を受けることを示している。 さらに、土壌を汚染除去するために使用される麻が消費にとって安全ではないとしても、バイオ燃料のような多くの産業用途に使用することができる。

有毒土壌を発見している国の数は増え続けています。 日本はまた、土壌、動植物にヨウ素、セシウム-137、ストロンチウム-90、プルトニウムなどの放射性物質や有毒金属を発見した。 北アメリカの一部にも有毒な土壌が見つかっています。 しかし、産業麻の栽培が禁止されていることから、日本と米国は代替的で生産性の低い植物媒介植物を見つけることになった。

 

 

重金属の毒性

cadmium

コロラド州立大学が実施した調査によると、世界中の土地の多くはカドミウムで汚染されています。 カドミウムは、電池、テレビ、セメント、肥料、化石燃料、たばこなどに含まれ産業界で頻繁に使用されている毒性の高い重金属です。

この金属は、世界の多くの地域で環境的に有害であると考えられており、さらにE.Uによっては禁止されています。 がんおよび心臓血管の問題への関係性のためです。

米国は現在、毎年汚染された土壌を浄化するために何十億ドルも費やしています。 産業、農業、廃棄物処理などが生態系を傷つけ続けており、多くの研究者が土地再生のための代替方法を見いだしています。

プラント・サイエンスジャーナル・フロンティアズによると、

ファイトレメディエーション(土壌浄化)は汚染された場所の汚染除去のための素晴らしく低コストの選択であり、公衆の受け入れ度が高いため歓迎されており、現在影響を受ける土地や水域の大部分に対処するための植物浄化技術の使用に関する研究を促している。

 

 

福島とカドミウム

cadmium2福島第1原発事故による汚染は、放射性物質にとどまらず、中国に輸出したサンマからは高濃度のカドミウムが検出されており、福島県内では「福島イタイイタイ病」と呼ばれる症状も報告されている。

福島イタイイタイ病は身体中が痛み、起きていられなくなるというもの。福島県から避難した人などに発症者がいる、と報告されている。

避難生活によるうつ病ではないか、とする説もあるが、かつて1910年代から1970年代にかけて富山県で発生した公害病「イタイイタイ病」と共通する部分もあり、信憑性が高い。

イタイイタイ病はカドミウム汚染が原因で発症する。福島第1原発の事故により拡散した物質としては、ヨウ素やセシウム、プルトニウムなどが有名だが、放射性銀もその一つ。

この放射性銀は壊変後、カドミウムになる。2012年には、日本から中国に輸出した冷凍サンマから高濃度のカドミウムが検出されたため、返送される、という事件があった。

同ニュースを伝えた中国人民放送(電子版)は「福島第1原発事故によって漏れ出た放射性物質との関連を日本側は調べる必要がある」と指摘している。

 

 

なぜ麻がいいのか

phytoremediation.jp

ヘンプは、速やかに成長し、土壌の深い根をはる、カドミウム自体を含む既存の汚染物質に悪影響を及ぼされないような事実に基づいて、バイオレメディエーションに使用するのに理想的な植物です。

麻は植物に害を与えることなく大量のカドミウムを吸収する能力を有する。 麻は、その成長または品質を損なうことなく、最も有名な汚染物質に対して弾力性(たちまち元気を回復する力)があることで知られている。

さらに、土壌を汚染除去するために使用される麻は、土壌から重金属を吸収した後に公共の消費のために再利用することはできないが、バイオ燃料を作り出すために再利用することができる。

大麻とファイトレメディエーションを使用し環境を保護することは、大麻が合法化されるべき理由の1つです。今のままでは、規制により、この汚染除去法は、全国の汚染された土地で大規模に実施するのが難しいのです。

 

 

地球のタイムリミットが迫っている、麻を育てて地球を救おう!

麻農家募集中

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top