カナダの新研究:医療大麻は,慢性疼痛に役立ちます

 

yy

1日2.5gの大麻で医薬品いらず。

医療大麻は、慢性的な痛みに苦しむ人々によって消費されているときも、

どんな厄介な悪影響ををもたらさない正当な安全性プロファイルを持っている。

 

と新しいカナダの研究は確認してます。

 

科学者達はその毎日の大麻ユーザーは、非使用者と同じリスクレベルにあり、

医療マリファナのユーザーの知的機能に有害な影響は認められなかった。と痛みの専門雑誌に発表しこの研究を確立させた。

 

モントリオールにあるマギル大学医療センターの研究所のDr.マークウェアによる

慢性非癌性疼痛に苦しんでいる医療大麻を使用している215成人患者、大麻患者はない別の216慢性疼痛患者達の協力の元の研究結果を

 

”医療大麻の悪影響が控えめであり、処方薬に量的かつ質的に匹敵することを示しています。

結果は、現在の大麻使用者での2.5g/一日の平均用量は注意深く監視された疼痛管理プログラムの一環として安全である。

ときに従来の治療は、医学的に不適切または不十分であると考えられてきました。”

と締めくくりました。

 

この研究では、患者の肺機能と知的試験を監視し、どんな有害で望ましくない効果も観察し、

また参加者へそれらの慢慢性疼痛の緩和、現在の生活の質や日常の気分変動に関する数多くの質問を行いました。

 

Dr.ウェアは、毎日のマリファナ消費者は非利用者よりも深刻な有害事象を経験するリスクが少なかった事を指摘した。

 

研究者は、認知機能や血液検査で医療大麻患者に有害に影響するという証拠がどこにも存在しないと確認した。

そして研究では特に非利用者と比較した場合に患者の痛みのレベル、症状の不快感、気分や生活の質へかなりの改善があったと示している。

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top