Taima University

カンナビジオール(CBD)の考えられる副作用とは?

カンナビジオール(CBD)の考えられる副作用とは?

 

全ての薬には副作用の可能性があります。

CBDオイルや医療大麻などに含まれるカンナビジオール(CBD)も例外ではなくそのうちの一つですが、CBDは副作用が少なく、安全な物質と考えられています。

これら下記は既に知られているCBDの副作用である:

 

 

 

 

【既知のCBD副作用】

cbd-side

1.肝臓の薬物代謝の阻害/ p-糖タンパク質および他の薬物輸送体の活性低下
2.口の渇き
3.パーキンソン病患者の震えの増加
4.低血圧
5.くらくらする
6.眠気

 

カンナビジオール(CBD)はおそらく、THCと同様に大麻植物の中で最もよく知られているカンナビノイドである。 この2つの化合物は同じ根を介して出来たものですが、同じ性質を持たず、人体への影響は大きく異なります。

THCは、脳のCB1受容体に結合することによって精神活性を(ハイにする)行う化合物である。 鎮痛性、抗炎症性、神経保護性のために健康上の利点を提供しますが、この精神活性の副作用が利点を上回ってしまう事があります。 このため、CBDは副作用が少ないことから、多くの場合、CBDがより良い選択肢や治療の解決策になることが知られています。

一方、CBDは、CB2受容体に対してより大きな親和性を持ち、精神活性効果を誘発せずに神経系と異なって相互作用する。 抗酸化物質、制吐剤、抗けいれん薬、抗腫瘍薬などのCBDの健康上の利点は数多くあります。 さらに、CBDはTHCの精神活性を抑制し、天然の抗うつ薬および神経保護剤として作用する。

 

 

 

カンナビジオール(CBD)の潜在的な副作用

Cannabidiol (1)

カンナビジオールの様々な状態の治療における有効性を実証する何百もの研究がある。 これらの研究の大部分は、このカンナビノイドが安全であり、事実上副作用がないと結論づけています。

NCBIによるcannabidiol1の安全性と副作用に関するこのレビュー論文は、例えば、制御されたカンナビジオール投与がヒトおよび動物において安全かつ無毒であることを示している。 また、食物摂取量の変化も誘発しません。 また、心拍数、体温または血圧などの生理学的パラメーターにも影響しません。 また、このレビュー紙によると、「CBDの1,500mg /日までの高用量は、ヒトにおいて耐容性が高いとされている」と報告されている。

CBDの既知の副作用はごくわずかで、ほとんどが少数ですが、CBDを服用する前に知っておくべきです

 

 

1.肝臓の薬物代謝の阻害
NCBIの研究では、肝臓薬物代謝の阻害およびp-糖タンパク質の活性の低下など、カンナビジオールのいくつかの潜在的な副作用について言及している。 CBDは、シトクロムP450と呼ばれるいくつかの肝臓酵素の活性を阻害するため、実際に一連の医薬品と相互作用することができます。この種の酵素は、ヒトを治療するために使用される医薬品の大部分を代謝する。多量のCBDを摂取すると、カンナビノイドはP450酵素の活性を一時的に中和し、薬物が体内で代謝される方法を変えることができます。 CBDのこの作用は副作用とみなすことができるが、P450酵素の失活はCBDがTHCも中和する機構の1つであるため、必ずしも負の特性ではない。

グレープフルーツを食べることでも、前述のような肝臓酵素に同様の効果をもたらすだろう。したがって、これはカンナビジオールの軽度の副作用とみなされるべきである。しかし、医薬品を服用していてCBDを受けたい場合は、P450酵素活性の低下に関する潜在的合併症について、医師および/または薬剤師と話し合う必要があります。

grapefruit

 

 

2.口の渇き
CBD投与で報告された別の副作用には、口内の不快な乾燥感があります。 これは、唾液分泌の抑制におけるエンドカンナビノイド系の関与により引き起こされるようである。 2006年にアルゼンチンの研究者によって発表された研究では、唾液産生の原因となる顎下腺にカンナビノイド受容体(1型および2型)が存在することが示されました。 これらの受容体の活性化は唾液産生を変化させ、口腔乾燥(「コットンマウス(綿のように口が乾いた状態)」とも呼ばれる)を引き起こす。 乾燥した口は、あなたの喉を渇かせるでしょう。

thirsty

 

 

3.高用量CBDでパーキンソン病の震えの増加
初期の研究では、CBDが高用量で服用されると、パーキンソン病患者における震えおよび筋肉運動を悪化させる可能性があることを示したものがあります。 しかし、カンナビジオールが安全であり、この状態に冒された患者に耐容性があることを示す研究もたくさんあります。 この場合、用量を減らすことでこの潜在的な副作用を減らすことができます。 パーキンソン病患者は、CBDを服用する前に医師に相談し、より少ない投与量で任意の治療計画を立てる必要があります。

furue2

 

 

4.低血圧
高濃度のCBDオイルは通常、CBDが体内のシステムに入る数分以内に、血圧のわずかな低下を引き起こす可能性があります。 この血圧の低下が、くらくらする感覚と関連しています。 血圧の薬を摂っている場合は、CBDを服用する前に医師に相談してください。

furafura

 

 

5.くらくらする
この感覚は、CBDを高用量で使用する人に影響を与える可能性がある「血圧の低下」によって引き起こされる場合があります。 CBDのこの副作用は一時的であり、水やお茶を飲むことによって解決することができる。

drinkingtea

 

 

6.眠気
高用量のCBDは、眠気を引き起こす可能性があります。 眠気の作用を受けた場合は、機械を操作したり、車両を運転したりしないでください。 しかし、ほとんどの場合、CBDには目覚め誘発効果があります。

sleepy

 

 

 

まとめ

cbdoil3

CBDオイルをここ2-3年使っていて、私が今までに経験した副作用は「口の渇き、眠気、身体のだるさ、覚醒、眠れない、THC効果の抑制」です。副作用と言っても、大量に使用しない限りそこまで気にしなければわからないくらいで、一般の処方箋薬のような、深刻な副作用は経験した事も話も聞いた事はありません。

しかし、実際大量にCBDを摂取するとその副作用は強力になります。特にCBDを大量に摂取した場合に、眠気と体のだるさを強く体験しました。CBDはハイになりませんが、大量に使用すると強力なボディハイのような体の重たいリラックス感覚を感じて、横になりたくなります。

少量であれば、目の奥の神経や瞳孔が開くような目覚めの効果と、わかるかわからないかくらいの覚醒したような感覚になる事があるため、たまに眠れなくなる事があります。口の渇きとTHCの効果が薄まるのは少量でも大量でも感じる事が多い。

人によっては、少量でも眠気を感じる人もいますので効果は本当に人それぞれです。初めてCBDを試される人はなるべく時間のたっぷりある週末の朝一、起きてすぐ朝食の前に試されるのがCBDの効果を一番感じれると思います。朝一で試す事で、自分の体にCBDがどう反応するかを見る事ができます。CBDから眠気を感じる人は日中の使用を避け、目覚める感覚を感じ逆に眠れなくなる人は夜の使用は避ける事で、望まない副作用を減らす事ができます。

 

 

 

CBDを体験した事がある/又は体験したいと思っている!?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

カンナビノイドもっと詳しく!医療大麻の知識を身に付けたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top