Taima University

カンナビス(大麻)ベーポライザーの選び方ガイド

カンナビス(大麻)ベーポライザーの選び方ガイド

ヴェポライザー、ぺーポライザー、ヴェープ、ベープ・・・

大麻やマリファナを蒸気化させる「ベーポライザー」の使用は、現在とても早い速度で広がりを見せています。

カリフォルニア州はもちろん、オレゴン州からテキサス州、オハイオ州までと、多くの患者や生活習慣に合わせたベープ消費者は増加しており、大麻を喫煙するのではなく蒸気化させることを選んでいます。

さらに 患者、医師や研究者は、大麻の花や濃縮物を正しく気化させることは火で燃焼させるより健康的であると同意しています。 家庭でも旅行中でも、大麻消費を認めている国では、簡単に持ち歩け、操作でき、臭いがほとんど/全く出ない現代のペン型ベープペンやモバイル型の気化器の魅力を無視する事はできません

 

 

 

ベーポライザーとは

vapeing
ベーポライザーは大麻の花や濃縮物(BHO、CO2オイル、生樹脂など)を暖かい空気にさらす又は、熱い表面に置くかして加熱し作用します。

加熱された空気又は表面は、医療大麻樹脂の毛状突起の様々なカンナビノイドおよびテルペンの沸点に達する又は超えて、吸入のため空気の通過とともに気化する。 それは火を使わないため燃焼がないので、タバコや大麻のような物質が燃焼したときに生成されることが知られている発癌物質および他の毒素を避ける事ができる

ベープを吸入する事は大麻の健康上利点を向上させます。 それは、法律と禁止主義国家の両方の患者とレクリエーション大麻使用者が、周囲の人の目や社会的反感を受けずに、慎重に医療大麻を消費することを可能にしてくれます。 気化は燃焼した大麻の辛味や臭いを放出しないので、タバコの喫煙が禁止されている区域でもベープを行うことができます。 患者は、ホテル、ショッピングモール、および明示的にベープ行動を禁止していないオフィスビルであっても、安全かつ自信を持ってべーピングすることができます。

 

 

 

伝導(Conduction)  vs  対流(Convection)

Conduction-VS-Convection

ハーブを気化させるために使用される2つの主な物理的メカニズムがあります:伝導および対流。

伝導は、加熱要素との直接接触を介して大麻の花や油(液体またはワックス抽出物)を加熱することを含む。 反対に、対流は、キッチンオーブンのように熱い空気の流れにハーブをさらすことによって働きます

対流にはいくつかの利点があります。とりわけ、植物の薬効と精神活性のすべてを含むきらめく樹脂腺(トライコーム)がとても平等に熱に触れる事ができる。 その結果、より多くのカンナビノイドおよびテルペンを送達するので、より厚い、より密度の高い蒸気が得られます。

人気のPAXやPAX 2のような伝導を利用するモデルは、トリコームが加熱された表面へ触れる事を確実にするためにチャンバーの中を混ぜる必要があるでしょう。 伝導モデルは、必ずしもではないが、多くの対流モデルによって生成される効力を欠いている事があり、蒸気の密度も低い。

デスクトップのVolcanoやVapolutionやVapir Primaのような対流モデルは、大麻の花や濃縮物のカンナビノイドに含まれるトリコームをさらに均一に加熱します。 技術的に言えば、多くの対流モデルは伝導と対流の両方を使用して、最も完全な医療的蒸気又は精神活性蒸気を作り出します。 いくつかの批評家は、対流モデルが優れた風味を提供すると主張していますが、伝導タイプのベーポライザーも品質は高いです。テルペンとフラボノイドは、大麻にその香りと風味を与える分子であります。

 

 

 

3つの主要カテゴリ

typevape2
大麻消費者に利用可能な大麻蒸化器の3つの主なカテゴリーがあります。多くは手ごろな価格であり、多種多様な設計で、約20ドル~600ドル以上の価格で、さまざまな品質レベル、機能、機能を提供します。

 

・デスクトップ蒸発器

これらのユニットは壁のコンセントに差し込む型で、最も高価です 病気の患者や最高のものを求めている人に、色んな範囲の予算やライフスタイルに合わせたデスクトップモデルが用意されています。 色んなデザインが市場で競合しており、例えば医療品質のボルケーノは、バッグに蒸気を満たす吸入バッグでファンを引き付けています。

 

・ポータブル/モバイルベープ

これらのバッテリー電源の気化器は、ペン型ベープよりも分厚く重いが、バッテリーの寿命、温度、高品質のペン型ベープよりも正確なコントロールができます。 しかし、モバイルベープモデルも高価です。 Davinch IQやPAX 2のような人気モデルは、大麻の花のみを扱い、Vapir PrimaやStorz-Bickel Craftyのような他のモデルは、花や濃縮物を扱うことができます。

 

・ベープペン

ベープペンは、ペン型ベープとも呼ばれ、気化器市場で最も注目されています。 デンバー、ポートランド、シアトルのような大麻旅行先の観光客に大変人気があります。これらのバッテリー電源の電子タバコに似たベープペンは、究極の利便性と慎重な使い方を提供します。 日本のような違法下にいる患者が人に知られることなく非常に持ち運びやすく隠しやすいので慎重な使用ができるため人気があります。ヴェープペンは、大麻喫煙の臭いを避けたいと思っている大麻が禁じられた地域にいる大麻使用者の間でますます一般的になりつつあります。 Bloom FarmsやNeosの人気モデルは、インディカ、サティバが選べる同ブランドの付け替え用の濃縮物/液体「カートリッジ」も販売されています。

 

 

 

デスクトップ気化器

desktopvape
評判の良いモデルで約$ 100~$ 600の価格で販売されているデスクトップの気化器は、最も古いタイプの気化器の1つであり、最も高価でもあります。 これらは最高の品質の蒸気を提供し、自分のハーブから最大の樹脂を抽出します。デスクトップモデルの品質または値段に近づくベープデバイス唯一のカテゴリは、モバイルユニットです。 デスクトップモデルは家庭用(またはボートやRVなどの壁のコンセントが利用できる場所)のためのもので、一般的に持ち運び用に設計されていません。 電源コンセントが必要なので、これらのモデルはキャンプや運動、または大自然を楽しむとき等の外出で使用することは難しい/できません。 しかし、これらのモデルの中で最高のものは、患者に対して高密度の蒸気医療の安定した流れを作り出すことができる。

デスクトップ蒸発器には、強制空気と受動の2つの主な種類があります。ボルケーノのような強制空気モデルは、ハーブや濃縮物の上に熱い空気を押し込むファンを使用します。蒸気は透明なビニール袋に集められ、使用者はゆっくりと吸入することができます。受動モデルは、患者が直接吸い込む「ウィップ」と呼ばれるガラスまたはプラスチックチューブを使用します。これは、大麻サンプルに熱い空気を引き込み、消費されるカンナビノイドに富む蒸気を生成する。

一部のモデルは「デュアルモード」として知られており、「強制空気」と「直接吸入」の両方を提供します。例には、VapirRise 2.0、viVape 2、herbalAireが含まれます。これらのモデルは、一般的に平均以上の品質と密度の蒸気を提供する。ホイップスタイル(直接吸入)のデスクトップ気化器のトリックの1つは、吸入する速度の調節です。より速い吸い込みは、より涼しく、より快適な蒸気を生成し、より遅い吸入は、より暖かい空気をもたらす。

主要なデスクトップモデルには、ドイツのStorz&Bickel社の高価であるが至る所で見かけるVolcanoが含まれています(価格は500〜600ドルです)。 このモデルは直接吸入のホイップオプションはありませんが、デスクトップ気化器界の最高級ブランドと見なされます。 もう1つの人気なモデルは、カリフォルニア州チコのVapolutionで、価格は$100〜250のホイップモデルです。 ボルケーノのように、セラミック発熱体を特徴とする250ドルのVapolution 3.0は、色んな付属品も付いてきます。1つは簡単に水を水蒸気にろ過することができる「ハイドロチューブ」で、吸い込むのがよりスムーズで快適になります。

 

 

 

ポータブル/モバイルベープ

MOBILEVAPE
ポータブルまたはモバイルヴェイプと呼ばれる大麻蒸発装置の比較的新しいカテゴリーです。 これらのポケットに収まる器械は、基本的にプレミアムな小型ベープを望む患者に役立つように、小型サイズでありながらもデスクトップモデルのような性能を得るために設計されています。あなたのライフスタイルやベープに求める事に合わせて選ぶことができます。

対流ベースのVapir Prima、スタイルに執着したPAX 2、高度にカスタマイズ可能でピュアな蒸気を作るDaVinci IQなどのモバイル気化器モデルは、$200〜280で販売されており、ハイテク、 バッテリー電源の持ち運びしやすいデザインです。一般的に大麻業界では、モバイルとペン型のウェーポライザーが最も熱く注目されています。積極的な企業は、バッテリー寿命の増加、温度制御の精度向上、ディスプレイのより鮮明で全体的な品質の向上を目指しています。

Volcano気化器で有名なStorz&BickelのCrafty社は、モバイル型でありながらもプレミアムデスクトップモデルの肩書を10年以上にわたって確立しています。 黒いプラスチック製のユニットは、超ハイテクであり、移動中でも簡単にボルケーノ品質の蒸気を生産することができます。 この機能満載のモデルは、$340で販売され、スマートフォンやタブレットからアプリを経由して電池残量を確認したり、温度を調整することができるのリモートコントロール機能があります。

 

 

 

ベープペン

BESTPEN
電子タバコ、Eシガレット(e-cigs)の人気は、大麻消費装置の新しいカテゴリーを生み出しました。 カンナビス観光地では$20くらいから利用可能なモデルから、自宅や旅行の際に使用するのに最適な高価なデバイスに至るまで、法律の厳しい地域にいる消費者には使い捨ての詰め替え可能なペン等がますます広がっています。

ヴェイプペンには、大麻の花や濃縮物を実際に燃やすバッテリーとアトマイザーの2つの主要な構造があります。 多くのモデルはUSBを介して充電できるので、車又は一般的なラップトップコンピュータを使用して充電することができます。 ベープペンは低価格で簡単に交換できる部品です。 充電器、マウスピース、バッテリー、アトマイザーが欠陥したり紛失しても、$8~50ドルで交換可能です。

AlpineやDelta9などの企業は、製品をすぐに使用できる状態で販売しています。 使い捨てモデルのカートリッジから、インディカ、サティバ、ハイブリッド品種から選べる交換可能なCO2オイルやライブレズンオイルなど様々です。これらのペンやカートリッジはBHOまたはCO2濃縮物を含みます。Alpineのようにインディカ、サティバおよびハイブリッドと言った決まった品種を選択できるので、患者や消費者の生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

 

あなたが欲しいベープは何ですか? ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

医療大麻・嗜好大麻についてもっと詳しく知りたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top