カンナビノイドは何に効果的なのか?

MainCannabinoidGraphic_-AS-copy-02

イスラエルの科学者たちは最近、神経芽細胞腫を制御する手段として、造血幹細胞移植や化学療法に潜在的に結合し、

神経芽細胞腫(NBL)細胞の急速な増殖を軽減を助けるマリファナの二つの主なカンナビノイドを発見しました。

THC及びCBDの両方がインビトロでの抗腫瘍活性を有し、インビボでの腫瘍異種移植片の増殖を阻害する中

イスラエルの研究者達は”試験した2つのカンナビノイドで、CBDはより活性であった。”と指摘し、

「CBDによる処置は、腫瘍細胞の生存能力と侵襲性を減少させました。」と説明した。

 

神経芽細胞腫は、最も一般的に19歳未満のものに影響を与え、毎年約20,000人のアメリカ人の副腎を攻撃する特に悪質な癌のタイプです。

研究者が大麻2つの主要な化合物の抗神経芽細胞腫(NBL)効果を調べたところ、

「CBDは副作用を持たないと思われる非精神カンナビノイドであるため、我々の結果は効果的な抗がん剤としての利用を支持しています。」と結論づけました。

ここ最近の研究では、素晴らしいニュースがたくさん発表されています。

マリファナの数あるカンナビノイドによって救う事のできる他の病気のリストは、次の通りです。

 

痛みを和らげる – 鎮痛剤 – (THC、CBD、CBN、CBC、CBGA)

抑止食欲/体重減少に役立ちます -食欲抑制 –  (THCV)

細菌の増殖を遅くする又は殺す – 抗菌 – (CBD、CBG、CBCA)

血糖値を低下させる – 抗糖尿病 – (CBD)

嘔吐や吐き気を削減 – 抗嘔吐- (THC、CBD)

減少発作やけいれん – 抗てんかん – (CBD、THCV)

真菌感染症を癒す – 抗真菌薬 – (CBCA)

炎症を軽減 – 抗炎症 – (CBD、CBG、CBC、CBGA、CGCA、THCA、CBDA)

睡眠を助ける – 抗不眠症 – (CBN)

動脈閉塞のリスクを低減- 抗虚血- (CBD)

腫瘍における細胞増殖を阻害する/癌細胞- 抗増殖- (CBD、CBG、CBC、THCA、CBDA)

乾癬を治療- 抗乾癬- (CBD)

精神病を管理するために使用される、鎮静- 抗精神病- (CBD)

筋肉の痙攣を抑制します- 鎮痙- (THC、CBD、CBC、THCA)

不安を和らげる-抗不安薬 – (CBD)

食欲刺激薬 –  食欲を刺激する-(THC)

骨の成長を促進する – 骨覚醒剤 – (CBD、CBG、CBC、THCA)

免疫システムに機能を低下させる – 免疫抑制 – (CBD)

小腸内の収縮を削減 – 腸内抗運動促進 – (CBD)

神経系の変性を保護 – 神経保護 – (CBD)

 

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. マリファナだけでこんなに効くなら、他のお薬ってあまりいらないね。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top