Taima University

マリファナ「スカンク」の意味って何?その起源とは?

マリファナ「スカンク」の意味って何?その起源とは?

 

大麻スカンク、スカンクウィード、スカンク・カンナビスなんて聞いた事はありませんか?

日本の大麻好きの方は一度は耳にした事があるであろう人気のワード「スカンク」

世界中を旅行したことのある人なら知っていると思いますが、言葉やそのモノの意味は住む場所や環境によって時々変わることがあります。時間の経過と時代の流とともに、こういった言葉は、社会とその言葉を使用している人々の変化とともに発展するものです。

「スカンク」にあたるこの大麻業界専門用語は、既に広い意味でニュアンスを持っています。 今では大麻用語で「スカンクカンナビス」より一般的に「スカンクウィード」と呼ばれているこの「スカンク」についての特定の意味を見ていきましょう

 

 

 

アメリカの「スカンク」

skunkus

その言葉の意味を理解するには、一歩踏み込んで、「スカンク」という言葉の語源を見ていくことが重要です。アメリカでは、この用語の意味は、あの臭い臭いをまき散らす事で有名な液体散布哺乳類、動物の「スカンク」です。スカンクは驚くべき防御機構、目を覚ましている匂いを持っていることで知られています。

この呼び名は、1970年代に現れた特定の大麻系統に選定され、少なくともアメリカでは「スカンク」自体の意味を意識して呼んでいるように思える。「スカンク=強い匂い」この意味から、古くから大麻を例える時に使われる最も一般的な匂いの一つです。

 

 

 

イギリスの「スカンク」

ukcity

「スカンク」という言葉は英国でもよく使われていますが、そこにはまた違ったストーリーがあり、別の意味で使われています。英国のメディアがスカンクについて語るとき、大麻の遺伝や系統に関わらず、全ての高THC大麻品種を意味します

英国では、スカンクは、喫煙目的で栽培された無受粉、無種子、強力な大麻花の総称として広く使用されています。シンセミラ/シンセミリアは、1990年代初期に、成長技術の革新後、典型的には高圧ナトリウム照明(HPS)および他の高輝度放電(HID)ランプの使用と、よく水耕栽培(土壌ではなく栄養豊富な液体で植物を育てる)を合わせて組み込み英国で広く普及しました。

英国を含めたその他の国で、「スカンク」とは未知の遺伝的起源の良質のマリファナを指す一般用語であることがほとんどです。 いくつかの国の若者たちは自国のガンジャを「スカンク」と呼ぶことがますます増えています。 一般化された「スカンク」は不正確であるばかりでなく、雑草の真の遺伝的同一性も損なう。

 

 

 

大麻文化最初の「スカンク」

firstskunk

ある大麻喫煙者にとっては、「スカンク」は単にカンナビス/大麻を指す別の言い方であります。 真のスカンクは1970年代の起源を持つ独立系統であるため、一般化は不正確であるだけでなく、植物の真の遺伝的同一性も損ないます。

1970年代、アメリカの栽培者は、主にアフガニスタンとパキスタンからの短いマウンテン・ハシッシュ系統と、中南米からの背の高い、強力なサティバ・カナビス株と、熱帯アジアからの株と交雑し始めました。これらの交雑種は、オランダの温室、HIDランプでの屋内、北カリフォルニアのような限界的気候の屋外で栽培することができます。

その後、適切にSkunk#1スカンクナンバーワン」と名付けられた最初のスカンクは、70年代の真の繁殖品種として定着化されたことで、現在も利用可能な最も一致し、あらかじめわかっている系統の1つです。

栽培家達は、非常に適合力があり、非常に効力があり、開花期が短い植物を生産しました。元々のスカンク大麻の系統は、スカンクを連想させる非常に刺激的で死んだ動物の様な匂いを持つことが知られていました。 それがこの「Skunk#1」合っているので、名前は固執しています。

スカンク#1は、世界規模で大麻に影響を与えたハイブリッド株であり、スカンク系を大量に育てています。この系統は1970年代の初めにカリフォルニア州で、Sacred Seedsとして知られる栽培者や育種家のグループによって開発されました。Sacred SeedsはSam Skunkmanというあだ名で広く知られているDavid Watsonが率いています。

スカンクマンは、1982年に刑務所から釈放された後、オランダに移住したときに数キロの大麻種子を持ってきました。 かつて、アムステルダムに進出し、Cultivators Choiceの種子会社を設立しました。 オランダの栽培者は、以来、スーパースカンク、アーリーガール、ノーザンライト、ジャック・ヘラーなど、数多くの株を生産するために植物を洗練し交配してきました。

 

 

 

「スカンク・カンナビス」まとめ

summaryskunk

スカンクは、米国で大麻の特徴的な匂いを表現するために使用される形容詞であるだけでなく、英国のすべての有力な高THC種の包括的記述として使用される一般的な用語でもあります。 本物の血統は70年代のスーパースターであり、時代に追いついて変わってきて、何十年にもわたって影響力を発揮し大麻界の定番となっています。

しかし、この意味の分裂の背景にある理由は何ですか? スカンクは、米国では悪臭を放つを意味するが英国では強力を意味するのか?考えられているのは、英国の大麻に関する情報の欠如、特に遺伝学と真の系統を特定するという点で、「スカンク」という言葉が未確認大麻の便利な言葉として使用されるほど深刻である。

当初、米国とオランダで強力な、香りが豊富な株を説明するために作られた言葉、「スカンク」という用語は、英国の強力な大麻と関連がありました。しかし、本質的に、誤解が生じました。 米国では非常に特異な大麻文化が出現し、無数の系統の識別が可能になったが、その発展は英国では決して起こりませんでした。スカンクはストリートで人気の名称になりました、高THC株として人気が高く、有名になりました。

英国では、大麻が広く使用されているが違法であるため、品質管理や消費者の選択の自由がない劣悪な製品の危険性にさらされている。 残念なことに、反カンナビスの集団は、大麻の違法性を維持する根本的な議論を持つのが好きであるため、英国のスカンクもその標的なのです。

これの解決策として、より正確でたくさんの情報が求められています。日本のスカンクはどうかな?

 

 

あなたはスカンクカンナビスを見た事/聞いたことはありますか? ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

マリファナの品種について詳しく知りたい?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top