Taima University

マリファナ(大麻)とドーパミン「その裏側にある科学とは・・・!?」

マリファナ(大麻)とドーパミン「その裏側にある科学とは・・・!?」

 

「マリファナを使用すると、気分が良くなる。」

これは否定できない事実です。

しかし、その幸せな気分の裏側には何があり、頻繁に喫煙する人の脳にとっては実際どうなのでしょうか?

 

結論として、マリファナ(大麻)は脳にドーパミンとして知られる化学物質を放出させます。 この化学物質は、多くの本質的な機能において役割を果たしており、あなたが考えるよりもはるかに多くの点で実際にマリファナに関連しています。

 

 

 

ドーパミンとは何ですか?

dopamine

ドーパミンは神経伝達物質で、簡単に言うとすると、「快感や多幸感を得る」、「意欲を作ったり感じたりする」、「運動調節に関連する」といった機能を担う脳内ホルモンのひとつです。

ドーパミンは、その活性を調節するのに役立つ多くの化学物質の一つです。 これらの化学物質は、神経伝達物質として知られている。 名前が意味するように、神経伝達物質は、ニューロンとしても知られている脳細胞全体に信号を伝達するように働きます

ドーパミンは特に重要な神経伝達物質です。 それは喜びや報い/報酬の感情に直接的に関わっているで、よく「気分の良い」化学物質と呼ばれます。ドーパミンニューロンは、脳の「報酬の中心」と呼ばれる側坐核という脳の一部に高度に集中しています。

多くの生物学的機能は、食欲、注意、学習、睡眠、性的、運動および気分を含む、脳の報酬経路を含みます。

 

 

 

マリファナはドーパミンを増やしますか?

marij

はい! がレクリエーション目的のために使用するすべての「ドラッグ(薬物)」は、ドーパミン濃度を上昇させるように作用します。研究ではマリファナもその例外ではないことを示しています。

カフェイン、アルコール、タバコ、コカインのような他のドラッグ(薬物)と同じく、大麻の使用はドーパミン放出に関連しています。 一時的なドーパミン濃度の上昇は、マリファナや他の物質の使用者が経験する幸福感の原因であります。

 

 

 

どのように働くか?

GABA2

マリファナはドーパミン濃度を上げることに関しては他のドラッグや薬に似ていますが、大麻はやや独特であります

カンナビノイドと呼ばれるマリファナの化学物質は、間接的にGABAと呼ばれる別の神経伝達物質の作用をブロックすることによってドーパミンを増加させます。 GABAは、通常、側坐核中に放出されるドーパミンの量を減衰させるように作用する。しかし、GABAがマリファナ化合物、例えばTHCによって遮断されると、結果として放出されるドーパミンの量が増加します。

興味深いことに、マリファナの化学物質だけでなくても、この効果になる事があります。 GABAは、脳によって産生される他のカンナビノイドによって自然に阻害されます エンドカンナビノイドとして知られている天然カンナビノイドの作用は、日々の機能においてドーパミンの放出に必須の役割を果たすと考えられているのです。

2013年に発表された研究では、カンナビノイド受容体を持たずに生まれたマウスが健康なマウスよりも20〜30%少ない頻度で運動用の回転かごで走ったことを示すことでこの事実を確認しました。

研究者らは、カンナビノイド系が運動中のドーパミン放出を促進し、おそらく他の報酬関連機能も促進すると結論付けた。 言い換えれば、体のカンナビノイド系の活性がなければ、脳内のドーパミン放出は抑制されます。

 

 

 

長期での効果

longtern

マリファナはドーパミンレベルを一時的に変化させるため、これが長期的効果につながるかどうかが疑問視されています。 2012年の研究ではこれを調査し、他の一般的な薬物(ドラッグ又は薬)の使用者とは異なり、大麻を頻繁に使用する人はドーパミン濃度の持続的な変化に苦しまないと結論付けました。

一方で、研究は、ドーパミン濃度が、マリファナを止めた後に短期間影響を受ける可能性があることを示している。 大麻使用者はドーパミン濃度が正常値を下回る撤退期間を経験することがあります。※撤退期間とは、動物の組織内の薬剤残留物が確実に最大限を下回るように十分に長く設定される期間。

2013年に発表された調査によると、大麻使用者は平均的な人よりもドーパミン濃度が低いかもしれないことが分かった。 これについての1つの説明は、ドーパミンを増加させる物質を使用するADHD患者のようなドーパミン異常に苦しむ個人の傾向である「自己薬物療法」なのではないかという説です。

事実、大麻はADHDの症状を緩和するのに役立つかもしれないとのいくつかの研究があります。

 

 

 

脳と大麻の関係についてもっと詳しく知りたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top