Taima University

ロサンゼルス国際空港(LAX)に大麻持ち込みOK!新マリファナシステム

ロサンゼルス国際空港(LAX)に大麻持ち込みOK!新マリファナシステム

 

LAXとして知られるカリフォルニア州ロサンゼルス国際空港は、

セキュリティを通した上で旅行者の持ち運び用手荷物に法的な量の大麻(マリファナ)を持ち込むことを許可すると発表しました。

これは本来、空港で大麻セッションができるという事でも、どこにでも持っていけるという意味ではありません。ロサンゼルス国際空港に大麻を持ち込んでも問題にならないという事が正式になったという事です。

大麻はアメリカ合衆国の複数の州では合法ですが、連邦レベルでは合法ではありませんので、あなたがロサンゼルス(LA)から出発する前にあなたの大麻を持ち運べるかどうか行先の州法/国の法律を確認する必要があります。

 

 

 

ロサンゼルス国際空港規則

2016年にカリフォルニア州は大麻命名法(大人使用法)案64を可決しました。 この命題の成立は、2018年1月1日現在で、21歳以上の人が28.5gのマリファナと8gのマリファナ濃縮物を個人消費のために所有することが合法であることを意味します。

LAXは空港で同じ規則を守っており、「21歳以上の旅行者は空港に入り、許可された範囲の量のマリファナを持ってセキュリティを通過する事ができますす。」と今年の初めに、ロサンゼルス国際空港はサイトに正式な決まりを発表した。

更に、ロサンゼルス空港警察局は、「乗客がマリファナ28.5グラムとマリファナ濃縮物8グラムでLAXから旅行することを許可する。」と発表しました。

具体的には、21歳以上の人は、特定の大麻/マリファナの量をサンドウィッチサイズの袋に入れ、持ち運び用の手荷物に入れる事で、没収やロサンゼルス警察署による逮捕を心配することなく空港に大麻を持ち込むことができます。

これにより、ロサンゼルス空港(LAX)は、大麻の持ち込みに関する対策をとる最初の主要な国内空港になったと言います。

コロラド州ではマリファナが合法であるにもかかわらず、デンバー国際空港では大麻の持ち込み禁止があります。他のほとんどの合法大麻州も同様です。ボストンのローガン国際空港に至っては、マリファナの所有に対する特別な政策はありません。

 

 

 

注意事項

しかし、もちろん細かい部分があります。

1つ目は、運輸保安庁の検査チェックポイントを通過する必要があります、そこの役人は連邦法を遵守しなければなりません(連邦政府、大麻は違法です)。 それは、運輸保安庁の主な目的はテロと公安の脅威であるため、あなたの大麻が警備の対象になることを意味するものではありません。

あなたが検査のチェックポイントで止められて、役人があなたの持ち込み手荷物の大麻を見つけた場合、次に彼らは地方警察に話を伝えるでしょう。

ロサンゼルス警察は既に大麻に対する姿勢をはっきりさせていますので大丈夫でしょう。

アドバイスとして、持ち運んで良いと許可されている量を超えない、止められたら完全に停止する、もしもあなたが止められて大麻がチェックし、それを承認するために空港警察署に向かう時間を費やさなければならない場合に備えて、時間に余裕を持って空港に行くようにしましょう

2つ目は、あなたは大麻を連れて飛ぶ事のできる州は限られているということです。 LAXの方針は、「乗客は、マリファナ法が州ごとに異なることを認識し、旅行を計画している州の法律を確認することが奨励される」と述べています。あなたがカリフォルニア州内を飛行しているなら、大麻の持ち込みは明確ですよね。

レクリエーション大麻が合法の州、アラスカ州、コロラド州、メイン州、マサチューセッツ州、ネバダ州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州、ワシントンDCの8州の州でも合法です。しかし、国境を越えてマリファナを運ぶことは、連邦政府(具体的には、執行部)の管轄下にあります。

それは違法とされますが、麻薬取締部が28グラム(または1オンス)のマリファナであなたを捕まえる事はまれでしょう。

2018年10月17日現在、マリファナはカナダでは合法ですが、航空または車で国境を超える際のマリファナの所有を違法とみなしている米国連邦政府によって再び管理されていますので、大麻を持ってこない方がよさそうです。

 

 

 

まとめ

大麻を持ち運んで旅する事で逮捕されるかされないかどうかは、あなたがどこに行くか次第で決まってきます。 カリフォルニアやバーモントなど、大麻が合法な2つの州間を移動する場合は、問題はないでしょう。

しかし、あなたの飛行機がロサンゼルス空港からマリファナが合法ではない場所に行く場合、それはあなたが到着する州または国の法律によります。 あなたの居住している場所の有効な大麻推薦状/処方箋を持っていたとしても、あなたが行こうとしている場所の地元の法律が対象になります

飛行機自体も連邦法の対象となります。つまり、ロサンゼルス警察が訴追を拒否したとしても、罰金や身柄拘束に直面する可能性があります。

大麻が原因で、飛行機に乗り遅れた!なんて事にならないように・・・。

ロサンゼルス空港から日本に行く場合を例に見ると、ロスを出る時の飛行機には持ち込んでいいけど、日本の空港に着くまでに消費するしか道はないですね。でも、喫煙する場所がないのでエディボーかべイプが打倒かな!?

 

 

 

大麻を飛行機に持ち込んでみたい!?あなたの意見は?下記のコメントかソーシャルネットワークで話を聞かせてください!

 

 

学習コースについてもっと詳しく知りたい!?

今すぐ「プロ・大麻ユニバーシティ」にアクセス!基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com で未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top