Taima University

今や主流!?医療大麻の新しい摂取法「マイクロドーズ」って何?

今や主流!?医療大麻の新しい摂取法「マイクロドーズ」って何?

 

現在、マリファナ業界のほとんどで

高いTHCとハイに執着した大麻市場が盛り上がりを見せている中、

その多くの人達とは対照的に

カンナビスの少量消費を推進している大麻を支持者するコミュニティが増えています。

 

大麻の少量消費がより主流になるにつれて、この戦術は「マイクロドーズ(microdosing)」と呼ばれています。日本語で「微量投与」を意味します。

 

 

 

マイクロドーズとは何ですか?

microdosing

マイクロドーズ(微量投与)とは、日常生活を妨げる可能性のある精神活性/ハイの影響を避けながら、THCの医学的利益を得るために少量の大麻を服用する事です。最も安全で医療大麻初心者の人に一番お勧めしたいこの投与法。

IMPACTネットワーク創設者Michelle Rossと、経験豊富な医学研究を使って患者のために新しい大麻関連治療法を見つける非営利団体IMPACTネットワークの創始者であるMichelle Rossは語ります。

「用量を上げる事で、時には恩恵が減ったり、また時にはあなたが探しているものとは逆の結果になることもあります」とメイン州のオステオパシー医師のDustin Sulakは少量の大麻を扱う患者さんの多くを治療しています。たとえば、少量の大麻が不安を減らすのに役立つ一方、あまりにも多くの用量は、実際にそれを引き起こすことができます。

 

 

 

マイクロドーズを行うための医療条件は?

cannabis

Sulakによると、うつ病、ストレス、不安、痛みなどの病状を治療し、集中力を高め睡眠を促進するために、患者はマイクロドーズに移行しています
多くの経験的証拠がまだ欠けているが、実際に薬用大麻に関して少量の大麻に多くの効果がある事を示す臨床研究があります。

例えば、2012年の研究では、伝統的なオピオイド鎮痛剤に反応しなかった進行癌患者に、低、中、高用量のナビキシモールTHC / CBD化合物を投与しました。 最も少ない用量のカンナビノイドを受けた患者は最も大きな痛みの減少を示し、より高い用量を受けた患者は実際にはより多くの痛みを経験した。

別の研究では、合成後カンナビノイドであるNabiloneの低用量(4ミリグラム)を与えたとこと、外傷後ストレス障害(PTSD)およびその関連症状を治療するのを助けた。 2014年に発表された結果は、PTSD関連の不眠症、悪夢、全身症状、さらには慢性疼痛においても有意な改善を示した。

Sulakは、大麻は他の慢性病状をコントロールするのに役立つ効果があると指摘している。 「多発性硬化症の患者さんが、フレアアップの途中にあり、本当に苦労している時に、症状をコントロールするためにはより高い用量が必要になるかもしれません。 しかし、うまくいけば、毎日の投与量は、マイクロドーズのような少量で症状をコントロールできるようになるでしょう。」

確かに、Rossは、毎日少量の大麻を数回摂取して、自分の永続的な健康問題を管理しています。「神経障害や線維筋痛などの慢性的な健康上の問題が数多くあり、克服することができたのは大麻でした。Sulakはまたマイクロドーズは毎日有益であることを発見しました。「若干の精神活性程度の大麻の投薬量が、健康を維持し、ストレスを軽減し、仕事に集中していることがわかった」と付け加えた。

 

 

 

大麻マイクロドーズのための最適な投与量は?

cannnabis-micro

短い答えは、「場合によります」。 THCの量には多大な違いがあり、その結果、高い気分になるでしょう。 これは、肝臓代謝の個人差、カンナビノイド受容体の遺伝学、および以前の使用法の影響を受けることがあります。「目標は、最小のわかるかわからないかくらいの効果を与える量を使用することです。」Dustin Sulak、オステオパシー医師

ーROSSの考え

Ross氏は言います「マイクロドーズは非常に個人的なものであり、全ての患者にとって魔法の治療法であるとは限りません。 それはそれぞれに異なっています。 なので、あなたにちょうどよく働く量を見つけるまで、実験を続けてください。」
Rossは、最初にマイクロドーズを2.5mgから始め、約3日間そのレベルを維持し、必要に応じて増加させることを一般的に推奨しています。 しかし、時にはそれが難しいこともあります。「コロラド州では、”少量でゆっくり始める”という声があります。 しかし、彼らが消費者のために始めた最低用量は10mgであり、私はすでに高すぎると思う」

ーSulakの考え

一方で、Sulakは、より低用量で開始することを謳い、経験豊富な初心者と初心者の両方のためのマイクロドーズのステップバイステップガイドを作成しました。

Sulakは、大麻を定期的に使用している人にとって、48時間の大麻禁煙を最初に推奨しています。これは、エンドカンナビノイド系をリセットするのに十分な時間だと考えています。 以前公開された脳イメージング研究では、大麻の禁煙期間中にカンナビノイド受容体の数が追跡された。

結果は、重度の喫煙者であっても、わずか2日後に受容体がベースラインレベルに戻ってくることを示した。この神経浄化の後、マイクロドーズ希望者は、わずか1mgから始めて、徐々に彼らのシステムに大麻を再導入すべきである。

Sulakは、低用量の使用は実際に大麻に対する感受性を時間の経過とともに増加させることができることに気づいており、マイクロドーズの最初の数日間は低レベルにとどまることの重要性を強調しています。 これは単に観察的なものですが、Sulakは、動物の検査では、THCの低レベル投与がエンドカンナビノイド系のアップレギュレーション(エンドカンナビノイド産生およびその受容体の発現)をもたらし得ることを示している。

「あなたがTHCに対する耐性がある場合、バランスと健康を促進する目的でそこにあるあなた自身のカンナビノイドに対する耐性も作っています」とSulakは言います。 「高感度のエンドカンナビノイド系は、病気、怪我、ストレスへの応答に非常に価値があり、人々は低用量の大麻で達成することができます。」

時々又は初めて大麻を使用する人のために、Sulakは、THC1㎎とCBD1㎎を組み合わせ、何かを感じるまで徐々に(1:1の比率を維持しながら)投与量を増やしてから、 そのレベルごとに四日間維持します

「投薬量を増やしていくことで、今までの効果と同じようにうまく機能しないポイントがあります」と彼は言います。 「それが彼らの最適な量の線を超えたことを意味します。 その最適な量とは人によって異なります。その線を見つけるという事はその線を越えた時に解ります。」

 

 

 

微量投与するための最良の方法は何ですか?

cbd-dose
大麻の微量投与には数多くの方法があります。喫煙やベープは一つの選択肢です。これらを使用して、Sulakは、大麻のミニマリストが1回のヒットだけ吸い込み、効果を感じるために5分間待ってから、必要に応じて別のものをとることを勧めます。しかし、このアプローチを使用してシステム内のTHCの量を正確にコントロールすることは困難です。

代わりに、多くの専門家は、ユーザーがより正確に用量をコントロールできるようにするティンクチャー、オイル、エディボーなどの製品を推奨しています。 しかし、エディボーに関しては、注意が必要です。 未検査のエディボーは、低用量のTHCを提供するという点において特に信頼できません。

しかし、現在、マイクロドーズに役立つ多くの製品が市場に出回っています。 例えば、KIVA Confections(カリフォルニア州の会社)は、マイクロドーズに適した2.5ミリグラムから始まるTHC濃度のミントとチョコレートを提供しています。 それでも、食べ物の影響を感じるのに1時間以上かかることがあります。

即時救済を求める人には、スティルウォーターの製品など、わずか10分後に神経を落ち着かせることができるTHCが注入されたお茶があります。
ロス氏はまた、これらの製品は初めての消費者にとっては良い選択肢であると指摘しています。 「2.5ミリグラムの製品の摂取は、悪い経験をする可能性は非常に低くなります。 だから、私はマイクロドーズは本当に大麻初心者の方へ紹介する最良の方法だと思っています。

 

 

 

CBDもマイクロドーズに使用すべきか?

Cannabis leaves on palm of a man
マイクロドージングは一般的に、THC、大麻中の精神活性カンナビノイドを指すが、CBDも同様に追加する事は有益であり得る。「CBDをTHCに追加すると治療の幅が広がる傾向があり、THCの副作用が少なく、さらなる利益が見込める可能性が高くなります」とSulak氏は述べています。

しかし、CBDは非常に高価であるため、各用量のカンナビノイドの量を倍増させることでの経済的圧迫に注意することが重要です。 Sulakは、CBDは精神刺激薬として働く人々もいるため、就寝前の夜は避けるべきだと述べています。
「市場には低用量製品がまだ十分ではありません。 私はより広い範囲を見たいと思っています」とロスは言います。 「すべての診療所がこれらの少用量製品を扱うべきだと感じている。」

一方、Sulakはマイクロドーズへの最大の障害は社会であると考えています。 「大麻との関係を、レクリエーションや重度の症状を治療するために使用するものから、マルチビタミンのように健康を保つために使うものに変える必要がある」と、ダスティン・スラクは語る。

 

あなたは大麻のマイクロドーズを経験したことがありますか? ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

 

基本の医療大麻知識をもっと詳しく知りたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top