今日もぐっすり、明日はスッキリ!大麻が質のいい眠りをサポート

morning

寝つきが悪く眠れない夜、起きてもスッキリしない朝、辛いですよね。

マリファナを吸って眠くなったことはありませんか?そう、カンナビスは眠りを誘ってくれます。

大麻を使用している人中には、夜やベッドに入る前にしか使用しないという人も少なくありません。ではそもそも質のいい眠りってなんでしょうか?

質の良い眠り

質の良い眠りとは深くぐっすり眠ることじゃない!!
よく浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠といいますが、良い眠りは深いノンレム睡眠をとればよいというわけではないのです。レム睡眠にはレム睡眠の、ノンレム睡眠にはノンレム睡眠の役割があります。
寝付きよく寝入りばなの深いノンレム睡眠がしっかりとれ、その後のレム睡眠とノンレム睡眠が交互にリズム良くとれるかどうかが重要です。

①寝つきがよい

②途中で目覚めない

③朝すっきり起きられる

④日中の活動に支障がないか

が指標になります。

人によって必要な睡眠時間は違う
よく睡眠時間にこだわり過ぎ、~時間眠らなくちゃいけないのに・・・・と考えてしまう方がいらっしゃいますが、昼間眠気が頻繁におそってくるだとか、頭がボーッとしいてなんだか調子が上がらないというようなことがなければ、睡眠時間にこだわらなくて大丈夫です。日中の活動もバロメーターとして自分に合った睡眠時間をみつけることが大切です。睡眠時間にも個性があるのです。

【レム睡眠】
・浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態
・筋肉の疲労回復
・トイレに起きたくなる
・物事で目が覚めやすい
・脳は働いているのでこの時目覚めるとすっきり起きられる
・脳は動いているのでこの時よく夢をみる
・脳を動かして記憶の固定をしている
・金縛りにあいやすい
・レム睡眠10分~20分程

レム睡眠は、眠っていても目玉が動き、脳は覚醒しているので浅い眠りになります。
全身の力が抜けている状態で、カラダを休息させる眠りと考えると分かり易いと思います。

なぜ脳が覚醒しているのかというと、寝るまでに脳に蓄積された情報を処理し、記憶を固定してるからです。夢をみるのはレム睡眠中が多いのはこの為と考えられます。

【ノンレム睡眠】
・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
・身体を支える筋肉は働いている
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている
・居眠りのほとんどがノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、ぐっすりと熟睡した状態の深い眠りで、ホルモンの分泌もしています。(ノンレム睡眠は、睡眠の深さによってさらに4段階に分けられます)

このとき脳(大脳皮質)は活動を低下させています。脳を休息させている眠りと考えると分かり易いです。多少の音がしても脳はそれを認識できないので、目が覚めません。長時間眠っても「よく眠った」気がしない(頭がすっきりしない)のは、ノンレム睡眠が上手くとれてない可能性があります。

このレム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ約90分をひとつの単位として、繰りかえされています。
一般的に寝入りばはノンレム睡眠が集中的に現れ、その後ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れます。

【レム睡眠に関係する睡眠障害】
■金縛りのメカニズム
レム睡眠中は脳が活発に動いているのでちょっとしたことで目が覚めやすくなり、夢をみやすくなります。しかし身体は休んでいるので筋肉は緩んでいます。レム睡眠から目覚めると通常は筋肉にも力が入るのですが、脳と筋肉の連動が上手くいかず、タイミングがずれ意識はあるのに動こうとしても動けない状態になります。そしてそこに夢体験が混入してしまい、レム睡眠の特徴である自律神経が乱れて恐怖感をあおります。また寝入りばなすぐに金縛り状態におちいる場合があります。これは通常ノンレム睡眠からはじまる睡眠が、不規則な生活や身体が非常に疲れていることが原因で、脳はまだ目覚めているのに身体がいきなりレム睡眠モードに入ってしまったときに起こります。

■レム睡眠行動障害
夢を見るのは脳が動いているレム睡眠中に多く、夢のまま行動してしまうと危険なので筋肉を緩め、身体が動かないようにしているといわれています。筋肉が緩まず、夢にみたままの事を行動してしまう障害です。どちらかというと女性より50歳以上の男性に多くあわられる症状で、パーキンソンなどの神経疾患が原因で起こるとされています。

カンナビス、特にCBDはこのレム睡眠障害にも効くとされています!!

カンナビスと快適な夜を

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top