Taima University

大麻とエイズ(HIV)「既に医療現場で使われている!?」

大麻とエイズ(HIV)「既に医療現場で使われている!?」

 

HIV /エイズといった健康状態は、私達の幸福感を損ねる原因になります。

「医療大麻」は、ここ数十年の間に、「HIV /エイズ」の多くの悲惨な症状を緩和してくれるという事で、

エイズ患者に対しても、ますます医療大麻(マリファナ)が一般的な処方箋となっています。

 

現在、ほぼ3人に1人のHIV /エイズ患者が大麻を使用して、苦しみや、嘔吐、食欲不振、悪液質、精神的衰弱を予防しています。

 

 

 

HIVって何?どのような治療法が可能なのか?

curehiv

HIV又はヒト免疫不全ウイルスは、保護的役目をする白血球を殺すことによって人の免疫系を傷つける疾患である。

この防御システムが停止すると、「日和見感染症」と呼ばれる他の有害な感染症が繁栄します。 髄膜炎、肺炎、脳炎、結核、慢性下痢、および癌は、これらの感染症のいくつかの例です。 HIVの進行は、追加の感染の出現と低いCD4 + T細胞数によって定義されるAIDS(エイズ)や後天性免疫不全症候群につながる。

HIV /エイズの第一の治療法は、高活性抗レトロウイルス療法(HAART)であり、疾患の進行を遅らせる薬物を混合するのである。 日和見感染症、AIDS関連症状、および他の処方薬の副作用を管理するために医薬品を処方することもできる。

 

 

 

HIV /エイズと共に生活する

SMILE

エイズ患者であるダニエル・J・ケインは、たくさんの様々な薬を毎日毎日摂らなくてはいけない日常に疲れていた、と説明しました。

「消耗症候群は、他のHIV関連の症状や状態と組み合わせて、私は全てが困難になり、救済を得るために必死でした。」と彼は語った。

「重度の吐き気、慢性的な疲労、身体的衰弱、神経学的合併症、持続的不安、食欲不振を経験しました・・・副作用の影響でしょうか、治療の核となるメインの薬を摂取する際にはあまりにも気分が悪くなりました。頑張って何度も試すのですが、この強い薬を毎日規則正しく飲み込むことができませんでした。」

HIV /エイズ患者の約3分の1は、抗レトロウイルス療法を受けた結果として重度の痛みや不快感を経験しました。エイズ薬に対する他の一般的な反応には、吐き気、嘔吐、食欲喪失、および体重減少が含まれます。

有害な副作用が患者を衰弱させてしまう可能性があり、患者が救済のための治療や長期的な活力を諦めてしまう事もあります。

しかし、大麻でこれらの体調管理を補う患者は、そのエイズ治療法である「HAART治療」を3.3倍持続する可能性が高いのです。 この大幅な数字の増加の理由は、カンナビス大麻の多面性にあります。

 

 

 

大麻はHIV /エイズ治療をどう助けるか?

howtotreathiv

大麻に関する全ての研究は限りがあるかもしれませんが、大麻を何口か吸う事で、吐き気、嘔吐、食欲不振を取り除く植物の有効性を裏付ける研究は数多くあります。これらの効果は、患者の体重を回復し、必須の栄養素を維持するのにも役立ちます。

カンナビス(大麻)は、抽出物として吸入されても消費されようと、HIV /エイズ治療によって誘発される神経因性疼痛を標的とします。カンナビスの効果は、大麻抽出物の吸入にしてもその他の消費方法にしても、HIV /エイズ治療によって誘発される神経因性疼痛をターゲットとします。

THCの合成錠剤製剤であるマリノールは、一般的には医療用マリファナの前に処方されています。THC合成錠剤製剤マリノールの法的地位等は守られているので、研究をする上でも一見容易に見えますが、実際の大麻(カンナビス)吸入と比較するときには、患者に違いがみられます。

実際の大麻植物には、カンナビノイドおよびテルペノイドとして知られている何百もの他の治療用化合物が含まれています。これは、THC合成錠剤製剤マリノールには欠けている点であります。更に、マリノールは一部の人に不快な副作用を引き起こす可能性があります。

dronabinol

「いつもではありませんが、マリノールカプセル1錠が、数時間にわたって私をボーっとさせて、快適で有能なレベルで自身が機能することができなくなる事がありました。」Keith Vinesという名のHIV /エイズ患者は説明した。 「また別の時には、マリノールが私を良い睡眠に導いでくれる時もあります。」

喫煙や気化での大麻の吸入は、患者への投薬量や中毒作用に対する管理をより柔軟に対応できます。

「私は、マリファナジョイントを2-3口吸うだけで、私の食欲がみるみる戻ってくる事を発見しました。」とVinesは付け加えた。「また、大麻吸引からの有益な効果は、数時間ではなく数分で現れます。時に、マリノール錠剤を飲み込んだ後は効果が出るまで待つこともありました。」

大麻は症状や副作用を軽減するだけでなく、HIV /エイズの進行の阻害剤としてのいくつか役割を示しています。例えば、ある研究では、デンビノバンと呼ばれるマリファナ成分がHIVの複製を遅らせることが観察された。このメカニズムはさらなる研究が必要だが、HIV /エイズ治療の改善のための魅力的な可能性を開いた。

現代社会では、精神的健康の重要性は大きく取り扱われていません。HIV /エイズの症状は、身体的不快感が感情的苦痛に変わるため、患者に大きな負担をかけることがあります。うつ病、不安、ストレスは引き続き生理学的悪化をもたらしますが、大麻消費に伴う多幸緩和(又は精神活性効果)は、タブーとされています。

2000年に亡くなった医療大麻の活動家であり、著者でもあるPeter McWilliamsは、エイズと癌患者としての経験について書いている。 彼は、患者の生活の質を回復する際の大麻の役割について深く語った。

医療マリファナにはもう一つのメリットがありました。「私は医療マリファナを使用するまで、大麻吸引の精神活性効果がどんなに楽しく心地よいものか忘れていました。また、私は癒しや治癒がいかに喜ばしい事であるかも忘れてしまっていたのです。」と、マクウィリアムズは書いています。

「はい!大麻治癒は喜びを与えてくれます。容易に病気を解明し、死に対する答えとして人生に深く感謝する。」

 

 

 

HIV /エイズのための医療用大麻へのアクセス

mjdr.2

HIV /エイズ症状管理のための医療用大麻を検討している患者は、大麻を使用する前に必ず医師に相談しなければなりませんが、どのような選択肢が利用可能であるかを知るだけでも、あなたの世界が変わるでしょう。

「重症患者の中には、マリファナが生死の違いを助けることができるということは間違いありません。」と医師Neil M. Flynnは述べています。

末期の病気患者のためには、最終的な月と日のコントロールを行使し、相対的な平和と快適さを伝えるか、又は絶え間ない重度の苦痛で死んでいくかの違いをマリファナは生み出すことができます。

 

 

 

既に医療現場でも使用されているカンナビス成分のTHCはエイズ薬だったんですね!!!

薬にもなっているTHCの原点は大麻植物にあり!これだけ見て、大麻を試してみる価値が十分にあると思いませんか?

ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

エイズに癌?最新すぎる医療大麻の基本知識を学ぼう!カンナビスの成分をマスターしたい!?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (will not be published.)

Facebookコメント欄

Return Top