Taima University

大麻の正しい使い方教えます!マリファナ基本の吸い方

waystosmoke

大麻やマリファナ摂取の仕方は様々です。

今回は、その中でも一番代表的な”大麻の煙を吸う”方法でのマリファナ喫煙を説明します。

カンナビスの煙を吸うタイプの喫煙方法には大きく3つに分かれています。

 

ジョイント- 紙に巻いて吸う

パイプ⁻ 金属、ガラスなどの素材で作られている喫煙具で吸う

ボング⁻ 水パイプとも呼ばれる水をフィルター代わりに入れた、ガラスなどでできた喫煙具で吸う

 

 

ジョイント

Joint_(Haschischzigarette)

最も一般的に知られているのが大麻を紙で巻いたジョイント。

タバコ屋さん等で気軽に手に入れる事ができるローリングペーパーは手軽で持ち運びも大変便利。

ジョイントを作るには巻くようの紙ローリングペーパーと、フィルターを作るのに名刺などの厚紙(2x7cm 程)が必要です。

 

まずはジョイントを巻く準備をします。

巻きやすくするために、巻き紙のノリ面がこちらを向くように見て

巻紙の糊の付いていない端を3ミリほど内側に折っておく。

フィルター用の小さい紙を用意し、それを丸め込み筒状にする。

 

マリファナをグラインダーや手を使い細かくバラバラにする、

巻き紙のノリ面が手前で上に、ついてない方が下になるように

左手の人差し指と中指の間に巻紙を置きその上にフィルターを置く、

2015-01-12-this-is-how-i-roll-60

大麻0.5g相当を紙に均等に乗せ、巻紙を上下に数回動かし形を整えた後、巻き込んでいく。

ノリ面を舌で濡らして、さらに巻紙を巻き込み接着する。

(巻き終えた後に筒状になっているどちらかの口へフィルターを差し込む方法もある)

フィルター口の方を机にトントンして、逆側の口を葉が出てこないように軽く絞ります。

 

あとは口にフィルターが来るようにジョイントを持ち、ライターで反対側の絞った紙の先に火を点けて吸います。

 

 

パイプ

dfk0o

一般的にガラスで作られていますが他にも、金属、セラミック、木材または竹で作られています。

重要な確認すべき点は、パイプがアルミニウムからできていない事。

アルミパイプというよくパイプの無いときなど非常用に使われるアルミ箔で作られるパイプは、

簡単に捨てられて一時的なパイプとして使う人も多いようですが、アルミ箔は肺に有害です。

 

パイプには”ボウル”と呼ばれる大麻を入れる部分と、その横の小さい空気穴、パイプの終わり部分にある吸引口があります。

一般的に大麻を入れるところであるボウルの横に火が燃えるように空気の調節ができる小さい穴が付いています。

user202114_pic28821_1390640981

ボウルに大麻を入れ、その小さな穴を親指でカバーし、ライターで火を点け、吸引口から喫煙します。

吸入をやめたいときに、小さい穴の上に当てている親指を手放します。

 

 

ボング

clearbong_small_72bfab43-af36-4d98-b6c4-bc1541e2ec27_1024x1024

吸い口の付いた大きい本体と、ボウルに長い首が付いたような棒状のステムと呼ばれる部分がある。

まずは本体に水を入れる、その時ステムを2㎝以上水に沈ませないことが大事。

多すぎる水は、口の中に水が入ってきたり、ステムの方に水が行ってしまい

乾燥したカンナビスを濡らしてしまう原因になってしまいます。

一部の人々は氷を入れ、大麻の煙を冷却し吸いやすくスムーズにするのを好む人も多くいます。

 

次にボウル部分にグラインダーやはさみ等で細かくしたカンナビスを詰めます。

ボングを机などに置き本体を手で握ります、

吸い込み口に口を当ててから、ライターをボウルの中のカンナビスにライターで火を点け息を吸います。

hqdefault

大麻が燃えて来たらライターを離し、大麻が燃え尽きるまで吸い込みます。

吸い込み口に口を当てたまま息を吐いてはいけません、ステムからボウルへ水が流れ込みカンナビスが濡れてしまいます。

息を吐きたいときは吸引口から口を離してから吐き出しましょう。

 

 

マリファナについてもっと学びたい?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ずっとボングやパイプで吸ってたけど、最近うまく巻けるようになってきた!!やっぱり、味わえるジョイントが最高!でもジョイントは量を多く使わなくちゃいけないから草の減りは早いけど、一服でかなりハイになるからパイプみたいに何回も何回も吸わなくていいから好き!

  2. 私もジョイント好きです!好きな大麻の香りを漂わせ感じながら頂いてます。

  3. 大麻はだめだぞ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top