Taima University

大麻を屋内栽培する部屋「グロウルーム/ボックス」の正しいサイズ

大麻を屋内栽培する部屋「グロウルーム/ボックス」の正しいサイズ

 

グロウボックス、グロウルーム、グロウテント・・・

マリファナを屋内で栽培したい!?栽培部屋のサイズを決めましょう!

大麻栽培室の大きさは、マリファナの収穫したい量と、あなたが自由に使う事のできる部屋やスペースの大きさによって異なります。

 

 

bestgrowbox

マリファナを使用しようとする人の感受性と病気の種類によって、必要とされる育てる大麻の量が決まります。 人によって大麻に対しての耐性が違うので、「これだけのマリファナを一日に摂らなくてはいけない!」という決められたものはありません、あなたに合う物をあなた自身が丁度良いという量に合わせて決めるべきです。

 

普段から大麻を使用している人が1日に使用するマリファナの標準量は1日当たり大体1〜2gです。(大麻初心者/耐性が低い方は0.5~1g)

weedhervest

これは平均月間28~56g(1-2oz)を必要とすることを意味します。 完全に開花するまでの期間は約60日間なので、2ヶ月ごとに大麻作物を獲ることができます。 あなたが1か月あたり56g(2oz)を作りたいならば、2倍の量、この場合は112g(4oz)のマリファナを収穫しなければなりません。

経験豊富なマリファナ栽培者で、空気中のCO2量を増やすことができる場合、600ワットの電球あたり840g (30oz)を生産することができます。初心者の栽培者であれば、600ワットの高圧ナトリウムランプで1̻m2 (11ft2) あたり140~280g (5~10oz) の収穫が期待できます。

 

 

 

「大麻の屋内栽培」グロウルーム(栽培部屋)のサイズと2か月ごとの収穫量

growtent2

・106 x 45 x 198 cm (3.5 x 1.5 x 6.5 ft)のグロウボックスに200ワットのCFLランプを搭載し、平均収穫量約42〜56g(上級栽培者は100g)

・106 x 45 x 198 cm (3.5 x 1.5 x 6.5 ft)のグロウボックスに250ワットのHPSランプを搭載し、平均収穫量約85~140g(上級栽培者は255g)

・137 x 106 x 213 cm (4.5 x 3.5 x 7 ft)のグロウルームに400ワットのHPSランプを搭載した、平均収穫量約127〜255g(上級栽培者は396g)

・121 x 121 x 243 cm(4 x 4 x 8 ft)のグロウルームに600ワットのHPSランプを搭載した場合、平均収穫量約141~283g(上級栽培者は595g)

・152 x 152 x 243 cm(5 x 5 x 8 ft)のグロウルームに1000ワットのHPSランプを搭載した場合、で約255~510g(上級栽培者は1020g)

 

 

あなたの一日の大麻摂量はどのくらい?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

マリファナ、医療大麻ははなぜ世界で認められているのか?【新感覚】今までと違う視点から見てみよう!

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top