Taima University

大麻図鑑:カンナビス植物の各パーツ

marijuanafemale合法マリファナ産業は、このカンナビス植物の上に成っており、大麻植物の構造を知ることは大麻の可能性を知ることになります。

 

マリファナ産業への希望者は、進化するこの業界において基本的な植物の知識を持ち、教育的な意思決定を行う準備が整っているべきと考えます。

 

大麻植物は典型的には二卵性であり、オスおよびメスの花が別々の植物で生育することを意味するが、時には雌雄同体もあり得ます。

最も、レクリエーション使用目的での大麻に関して、メスの植物には、みんなが望むような高いレベルのTHCが含まれています。

 

なので、今回は雌マリファナの解剖学を説明して行きましょう!。 カンナビス植物が女か男かの区別ができる事はとても重要なのです。

 

開花前には、オスの植物は球形のクラスターと呼ばれる房を形成します。

 

 

CANNNABISANATOMYjp

 

ー 花はメス大麻植物の一部であり、典型的にはTHCの濃度が最も高く、レクリエーション消費や医療使用に理想的な部分です。 花は植物の頂部に向かって成長し、一般に芽(バッズ)と呼ばれます。

 

コーラ(英:Cola) ー マリファナ植物の頂部に集まった花の塊。

 

トライコーム(英:Trichomes) ー 花の葉や葉の上にある小さな樹脂腺。肉眼で見ると、それらは結晶のように見えます。 顕微鏡で見ると、結晶化したキノコのように見える。トライコームは大麻植物を昆虫から保護するために進化しており、典型的にTHC濃度が高い。ハシシはトリコームの樹脂の頭部から作られているので、高トリコーム生産のために特定の大麻種子を繁殖させる。

 

カリックス(英:Calyx)ー カリックス/花弁/萼(がく)/へた は、花が出芽の過程を開始するときに形成される花の構造です。 それは、胚珠と雌蕊を取り巻く管状の鞘のように見えます。それは、シパール/萼片で、多くの場合、緑色で時には毛羽立った植物の部分。

 

雌ずい(英:Pistils)ー 雌ずい/めしべ/ピストルは、カリックスから伸びる花粉を捕まえる毛です。 赤、オレンジ、または茶色になるでしょう。 それらは、高レベルのTHCを含有していない。

 

シュガーリーフ(英:Sugar Leaf)ー シュガーリーフは、花の中で成長する小さな葉であり、その場所が場所なので通常はトリコームで覆われています。シュガーリーフは、通常、バッズを収穫するときに切り取られますが、このトライコームで覆われているシュガーリーフは捨てずに、大麻の食用品(エデボー)を作る時に利用するのに理想的であります。

 

種子(英:Seed)ー 大麻の種/シードはカリックスの中に隠れています。種子を植えて、大麻植物を栽培できることに加えて、大麻種子から油を抽出して、人間の食事または動物飼料に使用することができます。

 

茎(英:Stalk )ー 植物の中心茎です。 それは高いレベルのTHCが含まれていないので、繊維に再利用するのに最適でしょう。

 

節(英:Node)ー節/ノードとは、葉が茎から分岐する付け根です。

 

ファンリーフ(英:Fan Leaf)ー大麻植物の光合成の責任を担う大きな葉。それは、植物の栄養を供給するために太陽からのエネルギーを使って化学エネルギーを作り出します。ファンリーフには、高いTHCレベルが含まれていませんが、それらは一般的な大麻の象徴となっています。

この記事の投稿者について

Taima University
“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校にしていきましょう。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top