Taima University

大麻認定済み!【州別】医療用マリファナカード適合の条件・・・?

大麻認定済み!【州別】医療用マリファナカード適合の条件・・・?

 

どんな人が医療大麻を使っているの?

アメリカ州別に見ると、それぞれ「大麻と医療」に対する考え方があります。

承認済みの、医療大麻にふさわしい症状や条件って何・・・?

 

 

州による医療用マリファナカードの条件

mjcard
米国ではカナビスが連邦政府に違法とされているが、多くの州で有効な医療目的で大麻が合法化されている(複数の州では医学的にも成人向けにもカナビスが合法化されている)。

医療マリファナの許可を得るためには、患者は、州の適格医療マリファナ条件のリストにある、診断された病気/症状を持っていなければなりません。

地元の医師の推薦により、資格のある患者は医学用マリファナカードを取得するか、医療機関に来て医学用マリファナ製品を購入する許可を得ることができます。 (レクリエーション用の嗜好大麻が合法化された州では、大人の消費者に医療マリファナカードを必要としないが、医療大麻患者に利用可能な同じ品質の大麻製品にアクセスすることはできません)。

 

 

 

【医療大麻の適合条件/症状】

close up of hands holding marijuana buds with prescription

 

アラバマ州

高CBD型の大麻は、州政府が後援する臨床試験でのみ使用できます。

重度の衰弱性てんかん症状

 

 

アラスカ州


緑内障
HIV /エイズ
このような病気のための慢性または衰弱性の疾患または治療は、
悪液質(消耗症候群)
激痛
重度の悪心
てんかんの特徴であるものを含む発作
持続性筋痙攣、多発性硬化症に特徴的なものを含む

 

 

アリゾナ州


緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
筋萎縮性側索硬化症
クローン病
アルツハイマー病
慢性または衰弱性の状態またはその治療で、以下の1つまたは複数を生じる:
悪液質(消耗症候群)
重度および慢性の痛み
重度の悪心
てんかんの特徴を含む発作
多発性硬化症の特徴を含む重度または持続性筋痙攣
心的外傷後ストレス障害

 

 

アーカンソー州


緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
ALSまたはルーゲーリッグ病
トゥレット症候群
クローン病
潰瘍性大腸炎
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
重度の関節炎
線維筋痛
アルツハイマー病
慢性または衰弱性の疾患:
悪液質または消耗症候群
末梢神経障害
困難な痛み
重度の悪心
てんかんの特徴を含む発作
多発性硬化症の特徴を含む重度または持続性筋痙攣

 

 

カリフォルニア州


食欲不振
エイズ
慢性の痛み
痙攣
悪液質
持続性筋痙攣、多発性硬化症に関連するものを含む
発作は、限定されないが、てんかんに関連する発作
重度の悪心
緑内障
関節炎
片頭痛
人が1つ以上の主要な生活活動(1990年の米国障害者法に定義されている)を行う能力を実質的に制限する他の慢性または持続性の医学的兆候、または緩和されない場合、患者の安全性に重大な害を及ぼし得る肉体的または精神的健康

 

 

コロラド州
コロラド州では法律上のレクリエーション大麻が導入されていますが、有効な患者に対してまだ医療用マリファナの診療所を運営しています。コロラド州の医療用マリファナ患者は大麻に標準的な売上税を払っているが、レクリエーション大麻の販売から集められた高い消費税と追加の州税は免除されている。

未成年者は、適格な状態であると診断された場合には、医療用マリファナ患者として登録することもできます。

コロラド州の医療マリファナ患者になるための条件は次のとおりです。


緑内障
HIV /エイズ
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
患者が以下の1つまたは複数を引き起こす慢性または衰弱性の疾患または病状を有する場合:
悪液質(消耗症候群)
持続性筋痙攣
発作
重度の悪心
激痛

 

 

コネチカット州


緑内障
HIV /エイズ
パーキンソン病
多発性硬化症
困難な痙性の客観的な神経学的指標を有する脊髄の神経組織への損傷
てんかん
悪液質(消耗症候群)
消耗症候群
クローン病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
鎌状赤血球症
慢性赤核症を伴う椎弓切除後症候群
重度の乾癬および乾癬性関節炎
筋萎縮性側索硬化症
潰瘍性大腸炎
複雑な局所疼痛症候群
脳性まひ
嚢胞性線維症
困難な痙性の客観的な神経学的指標を有する不可逆的な脊髄損傷
終末期ケアを必要とする終末期の病気
制御不能難治性発作障害
難治性頭痛を伴う水頭症
難治性片頭痛
三叉神経痛
難治性頭痛症候群*
神経因性顔面痛*
線維筋痛*
筋ジストロフィー*
関節リウマチ*
未成年の患者の場合:

脳性まひ
嚢胞性線維症
困難な痙性の客観的な神経学的指標を有する不可逆的な脊髄損傷
重度のてんかん
終末期ケアを必要とするターミナル病
制御不能難治性発作障害

*議会の承認待ち

 

 

デラウェア州

末期症状

HIV /エイズ
代償性肝硬変
C型肝炎
ルーゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症、またはALS)
アルツハイマー病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)*認可された精神科医によって認定されなければならない
難治性てんかん
自傷または攻撃的行動を伴う自閉症
慢性または衰弱性の疾患または病状で、以下の1つまたは複数を生じる:
悪液質(消耗症候群)
3カ月以内に処方薬に反応しなかった重度の衰弱性疼痛
難治性吐き気
発作
多発性硬化症の特徴を含む重度または持続性筋痙攣
小児患者適格条件*:

*適格患者が18歳未満の場合、医師は小児神経学者、小児胃腸科医、小児腫瘍医または小児緩和ケア専門医でなければなりません。

難治性てんかん
慢性または衰弱性の疾患または病状で、以下の症状の1つ以上を伴う治療に失敗した場合:
悪液質(消耗症候群)
難治性吐き気
重度の痛みを伴う筋肉痙攣

 

 

コロンビア特別区(ワシントンD.C.)

HIV /エイズ

緑内障
多発性硬化症に特徴的なものを含む重度または筋肉の痙攣
慢性である他の状態は、通常の医療処置によって効果的に治療することができないか、
患者の医師が決定した医療マリファナによる治療が有益となる条件

 

 

フロリダ州


てんかん
緑内障
HIV /エイズ
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
ALSまたはルーゲーリック病
クローン病
慢性的な発作
パーキンソン病
多発性硬化症
上記と同種または同等の医療条件
認定を受けた医師以外の医師が診断した端末状態
慢性悪性疼痛

 

 

ジョージア州
ジョージア州では、低THCオイル(重量で5%未満のTHC)の使用しか認められていません。

がん(末期)
ルーゲーリック病(ALS)(重度または末期)
てんかんまたは外傷関連頭部外傷の診断に関連する発作障害
重度の多発性硬化症
クローン病
ミトコンドリア病
重度のパーキンソン病
重症鎌状赤血球症
適格条件とガイドラインの完全なリストについては、Low-THC Oil FAQを参照するか、最新のGeorgia cannabis newsに追いついてください。

 

 

ハワイ


慢性の痛み
クローン病
てんかん
緑内障
HIV /エイズ
ループス
多発性硬化症
心的外傷後ストレス障害
関節リウマチ
慢性または衰弱性の疾患または病状で、以下の1つまたは複数を生じる:
悪液質(消耗症候群)
激痛
重度の悪心
てんかんの特徴を含む発作
多発性硬化症またはクローン病に特徴的な筋痙攣を含む重度の持続性筋痙攣。

 

 

イリノイ州

後天性免疫不全症候群(エイズ)
アルツハイマー病
ルーゲーリック病(ALS)
アーノルド – キアリの奇形と精髄炎
悪液質/消耗症候群

因果関係
慢性炎症性脱髄性多発神経障害
クローン病
CRPS(複合局所疼痛症候群I型)
CRPS(複合型局所疼痛症候群II型)
ジストニア
線維筋痛(重症)
線維性異形成
緑内障
C型肝炎
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
水頭症
水汗症
間質性膀胱炎
ループス
多発性硬化症
筋ジストロフィー
重症筋無力症
ミオクローヌス
爪 – 膝蓋症候群
神経線維腫症
パーキンソン病
脳震盪後症候群
外傷後ストレス障害(PTSD)
反射性交感神経性ジストロフィー
残肢痛
関節リウマチ(RA)
発作(てんかんの特徴を含む)
シェーグレン症候群
脊髄疾患(限定するものではないが、くも膜炎、タルブ嚢胞、水ミエリアおよびシリンゴミエリアを含む)
困難な痙攣の客観的な神経学的徴候を伴う脊髄損傷
脊髄小脳失調症(SCA)
結核
タールブス嚢胞
トウレット症候群
外傷性脳損傷(TBI)
適格条件とガイドラインの完全なリストについては、イリノイ州の医学大麻衰弱状態を参照するか、最新のイリノイ州大麻のニュースに従ってください。

 

 

インディアナ州

インディアナは、カンナビジオール(CBD)を保有する患者が臨床試験の一部である場合、医療提供者に市民免疫を提供する。

てんかん
レノックスジェストー症候群
Dravet症候群
他の発作障害

 

 

アイオワ州
アイオワ州では、0.3%未満のTHCを含む高CBD大麻抽出物の使用が認められています。

難治性てんかん

 

 

ケンタッキー州
ケンタッキー州では、低THC大麻や工業用麻に由来するCBD油の使用が認められています。臨床試験または拡大されたアクセスプログラムに参加している人だけが合法的にCBDオイルを所有することが法的に認められています。

 

 

ルイジアナ州

がんに関連する症状
緑内障
痙性四肢麻痺

 

 

メイン州


緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
ルーゲーリック病(ALS)
クローン病
アルツハイマー病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
爪 – 膝蓋症候群
慢性または衰弱性の疾患または病状で、以下の1つまたは複数を生じる:
悪液質(消耗症候群)
重度の悪心
てんかんの特徴を含む発作
重度の筋痙攣(多発性硬化症および重度の持続性筋痙攣を引き起こす他の疾患を含む)

 

 

メリーランド州

悪液質
食欲不振
消耗症候群
重度の慢性痛
重度の悪心
てんかんの特徴を含む発作
重度の持続性筋痙攣
緑内障
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
慢性の痛み

 

 

マサチューセッツ州


緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
ルーゲーリック病(ALS)
クローン病
パーキンソン病
多発性硬化症
適格な患者の認定医師による書面により決定された他の衰弱状態。

 

 

ミシガン州


緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
ルーゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症、またはALS)
クローン病
アルツハイマー病
爪 – 膝蓋症候群
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
慢性または衰弱性の疾患または病状で、以下の1つまたは複数を生じる:
悪液質(消耗病)
重度および慢性の痛み
重度の悪心
てんかんの特徴を含む発作
多発性硬化症の特徴を含む重度または持続性筋痙攣

 

 

ミネソタ州
ミネソタ州では、喫煙可能な大麻は認められておらず、30日分の油、食用品、濃縮物が供給されています。ミネソタ州の医療マリファナ患者になる条件は以下のとおりです。

慢性疼痛に関連する癌、吐き気/重度の嘔吐、浪費
悪液質(消耗症候群)
緑内障
HIV /エイズ
ルーゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症、またはALS)
トウレット症候群
てんかんの特徴を含む発作
炎症性腸疾患(クローン病を含む)
重度の持続性筋痙攣
平均寿命が1年未満の終末期の病気
難治性の痛み*
心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

 

ミシシッピ州
ミシシッピはCBD油のみにアクセスできます。

衰弱性てんかん発作障害
患者は、臨床試験に参加するためには、ミシシッピ大学医療センターの医師による医療勧告を受けなければならない。

 

 

ミズーリ州
ミズーリ州では、CBD油のみにアクセスすることができます。

難治性てんかん

 

 

モンタナ州


緑内障
HIV /エイズ
悪液質(消耗症候群)
重度または慢性の痛み
難治性吐き気または嘔吐
てんかんまたは難治性発作障害
多発性硬化症
クローン病
痛みを伴う末梢神経障害
慢性の痛みを伴う痙攣または筋痙攣をもたらす中枢神経系障害
ホスピスケアへの入院
心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

 

ネバダ州

エイズ

緑内障
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
悪液質
悪液質(一般的な身体的疲労および栄養失調)を引き起こす病状の状態または治療
持続性筋痙攣(多発性硬化症を含む)
発作(てんかんを含む)
重度の悪心
激痛

 

 

ニューハンプシャー州


エーラーのダンロス症候群
緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
筋ジストロフィー
クローン病
多発性硬化症
慢性膵炎
脊髄損傷または疾患
外傷性脳損傷
てんかん
ループス
パーキンソン病
アルツハイマー病
潰瘍性大腸炎
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
重度の衰弱性または終末の病状で、以下のうちの1つまたは複数を生じる:
上昇した眼内圧
悪液質(消耗症候群)
激痛
重度の悪心/嘔吐
発作
重度の持続性筋痙攣

 

 

ニュージャージー州

ルーゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症、またはALS)
多発性硬化症
末期がん
筋ジストロフィー
炎症性腸疾患(IBD)
クローン病
医師が12ヶ月未満の予後を決定した場合のターミナル病
てんかんを含む発作障害
難しい骨格筋痙性
緑内障
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
HIV /エイズ

不安*
片頭痛*
トゥレット症候群*
筋骨格系疾患に関連する慢性疼痛*
内臓起源の慢性疼痛(内臓に関連する)*

*現在ニュージャージー州保健局長官Cathleen Bennettの最終決定を待っています

 

 

ニューメキシコ州

ルーゲーリック病(筋萎縮性側索硬化症、またはALS)

クローン病
てんかん
緑内障
現在抗ウイルス治療を受けているC型肝炎感染
HIV /エイズ
ハンチントン病
ホスピスケア
封入体筋炎
炎症性自己免疫性関節炎
難治性吐き気/嘔吐
多発性硬化症
困難な痙攣を伴う脊髄の神経組織への損傷
痛みを伴う末梢神経障害
パーキンソン病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
重度の慢性痛
重度の食欲不振
悪液質(消耗症候群)
痙攣性のトルティーコロー(頸部ジストニア)
潰瘍性大腸炎

 

 

ニューヨーク州


HIV /エイズ
ルーゲーリック病(ALS)
パーキンソン病
多発性硬化症(MS)
痙攣による脊髄損傷
てんかん
炎症性腸疾患(IBD)
神経障害
ハンチントン病
慢性の痛み
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
関連する条件または複雑な条件を含める必要があります。
悪液質または消耗症候群
重度または慢性の痛み
重度の悪心
発作
重度または持続性筋痙攣

 

 

ノースカロライナ州
ノースカロライナ州では、CBDオイルのみの使用が認められています。

難治性てんかん

 

 

ノースダコタ州

がんとその治療
HIV /エイズ
C型肝炎(代償性肝硬変)
ALSまたはルーゲーリック病
外傷後ストレス障害(PTSD)*は、認可された精神科医によって診断されなければならない
アルツハイマー病、認知症、またはこれらの状態の治療
クローン病
線維筋痛
脊柱管狭窄
慢性背部痛:
困難な痙攣の客観的な神経学的指標による脊髄の神経組織へのニューロパシーまたは損傷
緑内障
てんかん
慢性または衰弱性の疾患、病状、または以下のうちの1つ以上を生じるその治療:
悪液質または消耗症候群
過去に処方された投薬や外科的処置に3か月以上応答していないか、または他の治療オプションが重篤な副作用を引き起こした重度の衰弱性の痛み
難治性吐き気
発作
多発性硬化症の特徴を含むがこれに限定されない、重度または持続性筋痙攣。

 

 

オハイオ州
オハイオ州の医療マリファナプログラムは、2018年9月までに機能する予定です。

エイズ
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
アルツハイマー病

慢性外傷性脳症
クローン病
てんかんまたは他の発作障害
線維筋痛
緑内障
C型肝炎
炎症性腸疾患(IBD)
多発性硬化症
慢性、重度および/または難治性疼痛
パーキンソン病
HIV陽性状態
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
鎌状赤血球貧血
脊髄損傷または疾患
トゥレット症候群
外傷性脳損傷
潰瘍性大腸炎

 

 

オクラホマ州
オクラホマはCBDオイルのみを使用することができます。

18歳未満でなければならない:
レノックスガストー症候群
Dravet症候群
乳児期の重度のミオクローヌスてんかん
伝統的な医学療法で治療できない難治性てんかんの任意の形態
詳細については、Katie and Cayman’s Law(House Bill 2154)を参照するか、最新のOklahoma cannabis newsに追いついてください。

 

 

オレゴン州


緑内障
変性または全身性の神経学的状態
HIV /エイズ
以下のうちの1つ以上を生成する医学的条件。
悪液質(消耗症候群)
激痛
重度の悪心
発作(てんかんに起因する発作を含むがこれに限定されない)
持続性筋痙攣は、多発性硬化症に起因するがこれに限定されない
心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

 

ペンシルバニア州

筋萎縮性側索硬化症(ALS)
自閉症

クローン病
困難な痙性の客観的な神経学的指標を有する脊髄の神経組織への損傷
てんかん
緑内障
HIV /エイズ
ハンチントン病
炎症性腸疾患(IBD)
難治性発作
多発性硬化症
神経障害
パーキンソン病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
神経因性起源の重症、慢性または難治性疼痛、または従来の治療介入およびアヘン治療が禁忌または無効である
鎌状赤血球貧血

 

 

ロードアイランド州


緑内障
HIV /エイズ
C型肝炎
慢性または衰弱性の疾患または病状で、以下の1つまたは複数を生じる:
悪液質(消耗症候群)
慢性の痛み
重度の悪心
発作(てんかんの特徴を含むがこれに限定されない)
多発性硬化症またはクローン病に特徴的なものを含むがこれに限定されない、重度および持続性筋痙攣
アルツハイマー病

 

 

サウスカロライナ州
サウスカロライナ州では、CBDオイルのみの使用が認められています。

国営の臨床試験の一部としての特定の型のてんかん

 

 

テネシー州
テネシー州では、CBDオイルのみの使用が認められています。

難治性発作(臨床研究の一環として)

 

 

テキサス州
テキサス州はCBD油のみの使用を認めている。

難治性てんかん

 

 

ユタ州
ユタ州では、CBD油のみの使用が認められています。

難治性てんかん

 

 

バーモント州


多発性硬化症
エイズ/ HIV
パーキンソン病
クローン病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
慢性または衰弱性の疾患で、重度で持続性があり、次のうちの1つ以上を引き起こす:
悪液質(消耗症候群)
激痛
吐き気
発作(てんかんの特徴を含む)

 

 

ワシントン州


HIV /エイズ
多発性硬化症
てんかんまたはその他の発作障害
痙性障害
困難な痛み
緑内障
クローン病
C型肝炎
吐き気、嘔吐、消耗、食欲喪失、痙攣、発作、筋けいれん、または痙攣をもたらす食欲不振を含む疾患
透析が必要な慢性腎不全
外傷性脳損傷(TBI)
心的外傷後ストレス障害(PTSD)

 

 

ウェストバージニア州*


HIV /エイズ
ALSまたはルーゲーリッグ病
パーキンソン病
多発性硬化症
困難な痙性の客観的な神経学的指標を有する脊髄の神経組織への損傷
てんかん
神経障害
ハンチントン病
クローン病
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
難治性発作
鎌状赤血球貧血
神経因性起源の重度の慢性疼痛
1年以下の生存予後を有する終末期の病気
*このプログラムは、2018年9月15日まで有効ではありません。

 

 

ウィスコンシン州
ウィスコンシン州では、中毒性のないCBD油のみの使用が認められています。

発作障害

 

 

ワイオミング州
ワイオミング州では、CBDオイルのみの使用が認められています。

難治性てんかん

 

 

こうしてみると、てんかん、エイズ、目の病気等に医療大麻がよく使われている事が解ります。日本と同じく、CBDのみが許可されている州も何個か目に付いたのが印象的でした。

あなたのいる場所の大麻事情は?ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

 

大麻の法律、医療大麻についてもっと知りたい!?基本のカンナビスを一からオンラインで学べる!

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top