Taima University

日本もやるべき!イタリア式の土壌汚染除去!?

phytoitaky2

汚染された土壌を汚染除去するためイタリア農家がやっている事・・・

「麻作物は、重金属汚染されたイタリアの農地を活性化することができますか?」

 

イタリアの町:タラント

phytoitaly3かつて酪農場や伝統的なチーズで知られていたイタリアのプーリア州の町、タラントにある農家は、大規模な鉄鋼工場からの荒廃した環境汚染に対抗するため、大麻作物を植えています。

「イルバ製鉄所は、1500万平方メートルをカバーしています。これは、都市規模のほぼ3倍です。 1965年にオープンし、1970年代には2倍になった。 かつてイタリアの鋼の約3分の1を生産しました。この工場はターラントを汚れた工業都市に変えてしまいました。煙突、高炉、骨材ヤードは、今や町を支配しています。今日でもそこに訪問すると巨大な石油精製所と巨大なセメント工場を見ることができます。」

レポーターのSara Maniseraは、タラントで有益な酪農場を経営していたイタリアの農家Vincenzo Fornaroを紹介しています。

「古代の木材で焼けたテラコッタ炉で手作りされた乳製品を購入する人々が集まりましたが、もうその日は来ません。」とマニサ氏は書いています。

この地域の土壌は鉄鋼工場の重金属で汚染されているため、フォーナのような農家は工場の半径12マイル以内で動物を放牧することが禁止されています。

今日、フォーナは彼の土地を使って大麻を植えています。売るのではなく汚染土を汚染除去するためです。

 

 

麻とファイトレメディエーション

phytoitaly

麻は、マリファナの精神活性化合物であるTHCをほとんど含まない大麻植物の変種です。ヘンプは主にその繊維用に栽培され、織物や紙を含む数千の製品を生産するために使用することができます。

しかし、麻はまた、別の特殊な特性を持っています。汚染された土壌で重金属毒素を取り除くことは非常に効率的です。重金属は独特な毒素であり、毒性のない形に分解することはできません。

この種の土壌汚染の濃度レベルは、産業革命の始まり以来、世界中の多くの地域で大きく増加しています。ミシガンに本拠を置く植物生物学者で実験室マネージャのClaire Moore氏は、Extractに電子メールで語っています。

「ファィトレメディエーションは、問題のある汚染物質を発掘する必要なく汚染を緩和し、それを他の場所に廃棄することを助ける植物の使用を通じて、重金属汚染であることが多い環境問題の処理を記述する」と彼女は説明する。

違法汚染物質を発掘して別の場所に処分する必要なく、汚染を緩和するのに役立つ植物の使用を通じて、

「フィトレメディエーションは、問題のある汚染物質を発掘して別の場所に廃棄する必要なく、汚染を緩和するのに役立つ植物の使用を通じて、重金属汚染であることが多い環境問題の処理を記述する」と彼女は説明する。

ムーア氏は、「汚染された土地から汚染物質を修復する植物種の能力を利用する」というコスト効果の高い、非侵入的な方法のために、国際的な注目を集めている比較的新しい技術だと語っている。

ファィトレメディエーションの実践は初期段階にあり、多くの要因がこのプロセスに影響を与えることがありますが、ヘンプは重金属毒性に対して高い耐性を示し、植物自体を傷つけることなく重金属を汚染土壌から隔離するのに非常に優れています。

麻の栽培はイタリアでは合法です。これは、フォーナロのような農業者が、麻を植えて農場の清浄化を助け、農作物を工業用に使うことができることを意味します。そして、植物の繊維に毒素は現れません。

“現在、我々は大麻を工業用加工にのみ使用しています”とフォーナはマニセラに語った。 「将来的には栄養補給にも使えることを願っています。 しかし、確実なことは、我々が大麻でイルヴァ工場を取り囲むことである」と語りました。

約100人の農民がプーリアに大麻を植えているそうだ。

 

 

日本に麻を植えたい? ソーシャルメディアや下記のコメントであなたの話を教えて下さい!

 

大麻/麻について詳しく学びたい?

プロ・大麻ユニバーシティ」で基本の大麻知識を学んで資格を取り、最先端の大麻業界へ一足先に仲間入り!

http://pro.taimauniversity.com へ今すぐアクセス&未来を掴もう!

 

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By choberiyeahmanNO.2

    シェアします!!!!!!!!!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top