Taima University

栽培:SCROG vs SOG -どちらがあなたに合っている?-

Scrog1

大麻を栽培している・・・

はい、そこのあなた!!!

ScrOGやSOGのような高度な技術で、マリファナ植物の力を最大限引き出して育てたいですよね!?

だけど、どっちが自分に合っているんだろう・・・なんて方の人の為両方見てみましょう!

大麻を栽培するScrOGおよびSOGの方法はいずれも高度な技術であります。

一部の栽培者はSCROGのみ使用していたり、また一部の栽培者はSOGのみを使用しこだわって栽培している人もいます。

問題は、どちらも必ずしも片方より優れているわけではなく、どちらも長所と短所があり、異なる状況に適しているということです。

良い栽培者になるということは、どちらが他のものより優れているかを決めることではなく、両方を理解することで、その時の特定のニーズに合った方法を選ぶことができるという事です。

 

 

”SCROG”テクニックで成長させる場合

40 c 3 df 21 b 9 100 b 61 b cf 0 b f 8 aab 4 feaf 9

ScrOG(Screen of Green)技術を見てみましょう。 ScrOGの成長には、成長中の光と成長培地の間に網のスクリーンを置くことが必要です。

最終的に、大麻植物はスクリーンまで成長し、各枝はネットに沿って育成され、大きく成長した天蓋(キャノピー)を形成する。

これはライトで覆われたエリアを最大限に活用するための優れた方法です。

広がるキャノピーを作成することで、上に1つの大きな芽を持つ代わりに、複数の芽を最大限に発達させることができます。

一般的には、30cm四方の網ネットにつき1つの大麻植物が栽培されるが、これは栽培される株によります。

 

また、キャノピーが確立されると、ほとんどの栽培者は、植物が維持するエネルギーを無駄にするので、光に近づきにくい下側の葉を刈ることになります。

ほとんどの栽培者は、光に届きにくい下側の葉を刈り取り、植物が維持するためのエネルギーを無駄をはぶきます。

 

ScrOG技術を使用する際に考慮すべき重要なポイントはタイミングです。

遺伝学に応じて、大麻植物は花開きの光周期に切り換える時、異なる反応を起こすことがあります。

何個は伸びて急速に成長し、また他のいくつかは成長しません。

これは、ScrOG技術を使用しているとき、大麻植物を栄養段階にしておく期間を決定します。

もしも開花が早い場合は、開花段階を早めてキャノピー(天蓋:緑の状態)を茂らせましょう。もしも植物の成長が遅い場合は、更に数週間更に放置しておくと、栄養段階(ベジテイティブステージ)でさらに緑に埋めることができるでしょう。

 

おおよそ約2週間開花した後、植物が垂直に成長し、葉がネットの下に引き込まれ、できるだけ多くの光を芽に提供できるようになります。

”キャノピー”はこの時点で大体均等に成長しているはずです、各バッズ部位が垂直に発達し、均等な光の配分が確保される。

 

ScrOGの利点:
+簡単です
+挿し木とフェミナイズドシード(女性化された大麻の種子)の両方で行うことができます
+ほんの数個の植物から複数の芽を提供する
+扱う植物がほんのわずかなので低メンテナンス
+サティバ成長に適しています

 

ScrOGの短所:
– SOGの成長よりも長くかかる
– 網のスクリーンを整備しなければならない

 

 

”SOG”テクニックで成長させる場合

SOG

ScrOGテクニックが複数の芽を作ることに焦点を当てている場合、SOG(シー・オブ・グリーン)技術は逆を行い、すべてのエネルギーを1つの主要なコラ(大麻植物の頂上の先に集まった花の塊)に入れさせます。

これは、決められた範囲内での栽培や最大速度が必要なときに特に便利なテクニックです。

 

ScrOG技法とは異なり、SOG技法はクローンでのみ行うことができます。 理由を少し説明しましょう。

約40かそれ以上のクローンが、SOGテクニックを実行するため1平方メートルのスペースに詰め込まれます。

植物が樹立のに1~2週間与えられた後、それらは開花する光周期に切り替わる。

 

この短い時間の後に、植物はもう少し伸びて、その後、小さな芽を生産するかもしれないです。

これはまれな可能性がすが、何らかの理由で大部分のクローンが全力で働き、太い幹と枝を作ります。

この成長技術に適した大麻株は、成長を止めて大きなコラを生産する前に、ライトに向かって上がる傾向があります。

 

一般に、インディカはこれに最も適している傾向があります。

この方法を使用して植物が30cmを越えることはほとんどありません。したがって、すべてのエネルギーは主要なコラにあるのです。

植物がSOG法に反応するその方法は、クローンを使用することが重要である理由です。

新しい苗木だと、急速な成長しや、そのような早急なペースで開花はできません 。

なぜクローンがこれをできるのかははっきりとは分かってはいません。

 

種から育っていないクローンは若くないので、育つ機能が全力で働くことができる事に関係しているのではないかと何人かの栽培家は信じています。

他の人達は、それは単に伸びるストレッチのバリエーションであると言います。

 

SOGの成長には、確実に成功するためには比較的強いライトが必要であることも注目すべき点です。

より小型のHPSランプを使用すると、不均一な成長を引き起こし、一部の植物が他のものを遮光してしまう可能性があります。

もちろん、大きなランプは、特に小さなスペースで、良い空気循環の必要性が高まります。

 

ScrOGの利点:
+非常に速い回転
+固定されたスペースに最適
+インディカはうまく機能する
+ScrOGよりも速い

ScrOGの短所:
– メンテナンスが高い
– 挿し枝のみ使用できる
– 強いライトが必要
– 植物が大量になると深刻な法的問題が発生する可能性がある

 

 

 

5.0 rating

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 後半翻訳されてません…(゜゜)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top