Taima University

高齢者が医療大麻を選ぶべき5つの理由

topimg_original私たちの愛する人達の生活の質を向上することを期待して、大麻を薬として利用する基本的な利点リストを解説付きで用意しました。

根拠のない噂や医療大麻を取り巻く誤解は社会の全体に広がっており、西洋医学の中毒性副作用や巨大な利益を生む企業欲の影響を特に受けやすいのは、数十年に渡る洗脳を受け続けている、私達の愛する家族やお年寄りの人達なのです!!

あなたのお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを守るのはあなたです。

 

1.物理的に中毒性がない

Medical marijuana grows, May 15, 2013, at the River Rock Medical Marijuana Center's natural light cultivation site in Denver. (Anthony Souffle/Chicago Tribune/MCT via Getty Images)

今までの製薬薬品の大半とは異なり、大麻での治療のときは簡単に休息を取ることができます。

その良性の自然性と治癒力で知られているカンナビノイドは、薬の依存性の恐れなくして治療することができます。

痛み、ストレス、社会的不安を衰弱させて緩和してくれます。

毎日、医療大麻を吸ってる人でも簡単に大麻喫煙を止めれます。

 

 

2.マリファナか処方薬…どっちが安全?

2ways一般的に言えば、人口統計でかなり多くの高齢者が毎日医薬品を摂取しています。 有毒有害で高価なこれらの薬物は中毒性があり、毎年数千人の高齢者が亡くなっています。

毒性の医薬品副作用と、医療大麻の「副作用」と比較するとばかばかしいくらい取るに足らない程です。

酸化的損傷を修正する能力について米国政府が特許を取得しています。

マリファナの治癒成分カンナビノイドが、C型肝炎によって起きる過敏性腸症候群、狼瘡、及び肝臓の炎症を含む複数の病を助けることが見出されています。

数千年に渡って、マリファナの過剰摂取で死亡した者は一人もいません!

 

 

3.医療用医薬品の代替にカンナビスを

medical-tray西洋薬の周期的な性質に終止符を打ち、マリファナが高齢者の多くが抱える日常の投薬に関する苦心をカンナビスがまた一つ取り払ってくれます!

他の錠剤で起きた問題の原因を”修正”するもう一つの錠剤を必要としなくなる。

マリファナのカンナビノイドは、具体的にはその大麻株特定のカンナビノイドプロファイルに基づいて、関節痛を軽減、高血圧を緩和する、慢性疼痛を軽減、消化器系疾患を改善、便秘を緩和、不眠症を減らすといった多数な条件をターゲットに働きます。

最も重要な点は!!!

マリファナとオピオイドベースの鎮痛剤と組み合わせて使用する事で、中毒性のある処方薬の消費の劇的な減少に気づくでしょう。

 

 

4.緩和関節炎や神経障害性疼痛を助ける、マリワナを注入した塗り薬

cannabis topical科学的に神経因性疼痛および関節炎によって引き起こされる衰弱不快感を救出することが認識されていますCBD!

CBDベースの軟膏、塗り薬、およびローションは、炎症性が起きるのをを阻害してくれます。

 

 

5.大麻は、食欲そして生活の質をアップさせます!

enjoyfood高齢者にとって世話恐ろしいシナリオの一つは、食欲を失い食べることを拒否してしまうこと。

味覚や香りを嗅ぐ能力が減少し、多くの高齢者にとって食事が望ましくないものになってしまうからです。

再び、カンナビスが救助します!大麻は科学的に吐き気を排除し、食欲を高めることが証明されています。

 

 

比較することで見やすいですね。

”薬” と ”大麻” の違い。

人口的に作られ科学メイドの 白い薬。

自然から生まれ土で育った天然緑の植物。

 

あなたはどちらを身体に入れたいですか?

この記事の投稿者について

Taima University
日本初の大麻学習オンラインコースが受けられる大麻ユニバーシティ!“知識は違法じゃない。”をモットーに日本へ大麻情報を配信中。公平な情報と、みんなで大麻について気兼ねなく真剣に話し合える日本初の大麻コミュニティ。みんなで作り上げていくそんな学校を夢見て。創立者のマリ・アンナは、日本で初めて大麻と出会い、アメリカへ渡り医療大麻と出会う。コロラド州の大学にて医療大麻と大麻栽培を本格的に一から学び、2015年大学を卒業後、現在カリフォルニアにて大麻ユニバーシティを開校し活動している。夢は日本初の、ディスペンサリーを大麻ユニバーシティのみんなと一緒に作ること。

コメント一覧

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. うちの友達が、おばあちゃんにちゃんと話したらちゃんとわかってくれて、塗り薬使い出したって言ってた。うちのおばあちゃんにもカンナビスの塗り薬あげたいなぁー

    • 私の周りにも、親やおばあちゃん・おじいちゃんに話して解ってくれたと言う話を聞きます。合法の国だからっていうのが1つの大きい理由だとは思いますが。
      そして、塗り薬なんかは簡単で見た目もよくハイにならないので大麻未経験の人でも入りやすいと思います。

      日本にいる人達も一緒に考えてもらえるように、大麻情報をもっともっと流していきましょう!私の親は絵に描いたようなどこにでもいる大麻大反対なので、彼らのような人にも理解してもらう事がTMUの目標です。

    • CBDは精神に作用しないから高齢者に特にいいと思います。この前純のCBDパウダーを見かけました。パウダーなんかも何にでも入れれるので非常に便利かなと思いました。
      だけど、THCも優れていて、CBDと一緒に働く事で相乗効果も生まれるので、THC入りを勧める場合は飲み込んだり、吸うものではなく、おっしゃる通り、塗り薬・クリームなんかいいと思います。吸いたい!、身体に取り入れるの問題ない!っていう元気な高齢者さんには、高CBD株を一口だけ試しに吸ってもらって、合うか合わないかをまず思案してもらうのがベストと思います。適度な用量と安心できる安全な場所を提供してあげてください。

  2. 本当は、アルコールばっかり飲んでる親に吸って欲しい。アルコールより安全だよ!ってでも、日本は違法だからオススメしたくてもできないのが現状。マリファナは安全でも日本の法が危ない

    • 全くその通りだと思います。そして世間の目というのもあるでしょう・・・本当に必要な人がいる、使いたくても使えない、入手したくても出来ない。こんな状況は全く持って危険です。

  3. By Hiroyasu Nakahara

    私はロスに住んでいるものです。Youtubeでパーキンソン病のLarryさんとドクターとのやり取りを観て感動しました。Medical Cannabis(マリワナ)の正しい知識をもつことの大切さを知りました。より多くの人が、その効能によって救われることを願ってやみません。

    • コメン有難う御座います。ロスに住んでいらっしゃるのですね、こちらには医療患者さんがたくさんいて医療大麻のパワーを日ごろから耳にすることも多いかと思います。こちらでの大麻入手はびっくりするくらい簡単ですよね。ですが、知識が豊富でいない消費者/バッズテンダーの方も大勢いて、全てのディスペンサリーが真剣な医療向けに処方してくれているかは疑問な部分もあります。
      私も正しい知識を身に付けることがいかに大事かを感じています。現在日本では合法的な大麻の入手は出来ませんが、今から国民みんなで正しい知識を身に付けることで、将来的に日本での合法医療大麻を正しく扱っていけるはずです。物は手に入らなくても知識は入手可能なのですから!BIGLOVE

    • 私もその動画見ました、すっごい感動した。私もおばあちゃんにCBDのカンナビスオイルを摂ってもらっています。レム睡眠障害を持っているんだけど、オイルを摂ってからのほうが調子がいいって喜んでいます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント欄

Return Top