Taima University

アフガンクッシュ

認証済み
afghan-kush-b.jpg

Afghan Kush

アフガンクッシュのルーツは、アフガニスタン・パキスタン国境付近ヒンズークシ山脈にまでさかのぼります。その遺伝子型は、チャラスとスティッキーブラックアフガニスタンハッシュといった究極の源を作り、何世紀にも渡ってそこに確立されています。

ホワイトラベルシード会社、オランダからのセンシシードのパートナーは、誰もが栽培できるようにこの株の種子を利用可能にしました。アフガンクッシュのバッヅは、巨大な花が咲きます。そのナゲットの先にはたくさんの樹脂が付いていて、純粋なインディカの良さであるの高い収量です。

その重樹脂含有量と力強い鎮静効果に尊敬すると共に、長い一日の後にリラックスしたい人のためにアフガンクッシュは最有力候補です。

 

品種の属性

効果-リラックス/眠くなる/ハッピー/多幸感/食欲

医療-ストレス/痛み/不眠/食欲不振/鬱

ネガティブ-口の乾き/目の乾き/フラフラ/勘ぐり/頭痛

 

品種データ

系統-Afghan Kushの親

インディカ アフガニ

 

土/松/鼻にツンとくる

afghan-kush-b.jpg 1年 ago
  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
Return Top