Taima University

カンナトニック

認証済み
cannatonics-cannatonicsflower1.jpg

Cannatonic

カンナトニックは具体的に、その低いTHC含有量(まれに6%以上)、と高CBDの含有量(6-17%)のためにスペインの種子バンク、レズンシードによって生じたユニークなハイブリッド株です。雌のMKウルトラ、有名なG13ヘイズの雄との掛け合わせは、その高CBD含量のおかげで、高揚と力強いリラックスでありながらも比較的短命でまろやかなハイを生み出します。

プレミア医療株の一つとして、カンナトニックはよく、痛み、筋痙攣、不安、片頭痛、他の生理学的および心理的な症状の広範囲によって治療するために使用されます。ほとんどの表現型は、わずかな土の匂いと穏やかな、甘い、ぼんやりとした柑橘系の風味を備えています

 

品種の属性

効果-リラックス/ハッピー/高揚/集中/多幸感

医療-ストレス/痛み/炎症/鬱/不眠

ネガティブ-口の乾き/目の乾き/不安感/頭痛/フラフラ

 

品種データ

系統-Cannatonicの親

インディカ エムケーウルトラ

ハイブリッド ジーサーティーンへイズ

 

栽培情報

開花日 53/ 屋外終了 10月’

 

土/木/松

5.0

”集中力とエナジー”をくれる。家で作業するのにもってこい。集中力を長続きさせてくれるのがいい

  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
cannatonics-cannatonicsflower1.jpg 1年 ago
  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
Return Top