Taima University

グランドダディーパープル

認証済み
thenug-a37MdHwAwa.jpg

Granddaddy Purple

グランドダディーインディカ(GDP)はケン・エステスによって2003年にだされた、パープルアークルとビッグバッズの有名なインディカの交わせです。このカリフォルニアの産物はその親パープルアークルから複雑なブドウやベリーの香り、ビッグバッズからは特大と具体的なバッズの構造を譲り受けます。GDPの花は、白色結晶性樹脂のその雪のような散粉と対照的な背景の濃い紫色の色合いで咲きます。

その強力な精神活性作用は、脳多幸感と物理的なリラクゼーションの融合を実現し、明らかに心と体の両方に働くでしょう。GDPの働きで、ふわふわと夢のように漂う思考の中で、体はもっと一つの塊りなることをより好むでしょう。グランドダディーパープルは痛み、ストレス、不眠、食欲不振や筋肉けいれんを取り去るでしょう。

GDPは、屋内で60日の開花時期で次の収穫の準備ができてしまう、その大規模な商業収率で生産者を祝福しています。

 

品種の属性

効果-リラックス/眠い/ハッピー/多幸感/空腹

医療-ストレス/痛み/不眠/鬱/食欲不振

ネガティブ-口の乾き/目の乾き/勘ぐり/フラフラ/頭痛

 

品種データ

系統-Granddaddy Purpleの親

インディカ パープルアークル

インディカ ビッグバッズ

 

栽培情報

理想環境 屋内/ 開花日 77/ 平均身長 低

 

ノート&オススメ

優れた空気循環が良い結果を生む

下の枝をキレイにすると循環及び空気の流れを改善することができる

21⁻27℃(70⁻80°F)の温度、50%の湿度での成長が最高

 

ベリー/ブドウ/甘い

GDP
5.0

GPD大好きです。自分は痛みをよく患うので、GPDを吸ったらリラックスできて、痛みも緩和し、眠りへスムーズに誘ってくれる。とても落ち着くし、気分も平和にしてくれるので、医療向きだと思います。

  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
thenug-a37MdHwAwa.jpg 1年 ago
  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
Return Top