Taima University

ジャックザリッパー

認証済み
Jack-the-Ripper-weed.jpg

Jack the Ripper

Jack the Ripper(JTR)は、TGA Genetics社最高のハイブリッドであり、ブリーダーのSubcoolによって彼の有名なジャックスクリーナーを種子の形で作ろうとしたことによってできた株です。

それは、スペースデュードとして知られている健やかなスペースクイーンの雄とジャックスクリーナーのクローンを交配させてつくられました。

信じられないほどの樹脂質の三角形のバッズと強いスパイシー、レモン、松の香りを特徴とするJack the Ripperは、通常20%以上のTHCを持ち比較的短い、70%のサティバ優性株である。その効果は強く、視覚を刺激しますので、初心者方は混乱を招き、勘ぐりに陥ることがあります。

 

品種の属性

効果-エナジー/多幸感/高揚/ハッピー/リラックス

医療-ストレス/鬱/痛み/疲労/頭痛

ネガティブ-目の乾き/口の乾き/勘ぐり/不安感/頭痛

 

品種データ

系統-Jack the Ripperの親

サティバ ジャックスクリーナー

ハイブリッド スペースクイーン

 

栽培情報

開花日 60

 

レモン/柑橘類/土っぽい

Jack-the-Ripper-weed.jpg 5か月 ago
  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
Return Top