Taima University

南押原1号

認証済み
small.jpg

育成年1949年。もともとTHCの含有率は低い日本の在来種の大麻が、1950年頃より海外からきた違法栽培の大麻と交雑し「南押原一号」という高いTHCの品種が生まれた。そのため、1974年頃には大規模な盗難が相次ぎました。そのとき社会問題になり、警察や農家の人たちも取り締まりのために夜も寝ることができず、そんな生活に疲れ果ててしまい麻農家をやめる人たちが多くなったそうです。

small.jpg 9か月 ago
  • コメントを投稿するをする必要があります。
1 結果を示す
Return Top